ライヴ・アット・ドニントン 1990 - デラックス・エディション【初回完全限定生産盤/日本語字幕付】 [DVD]ライヴ・アット・ドニントン 1990 - デラックス・エディション【初回完全限定生産盤/日本語字幕付】 [DVD]
(2011/05/20)
ホワイトスネイク、デヴィッド・カヴァーデイル 他

商品詳細を見る


一体何故この時期に??と疑問が湧き上がってくる(笑)白蛇の「SLIP OF THE TONGUE」発表時のモンスターズ・オブ・ロックでのライブDVD&CD。
この前新作発表したばかりなのに何でこんなタイミングなのか全く理解出来ないけど、何かと評価が分かれたこのアルバムでのライブ盤という事で、当時ライブも観てないし、オーヴァープロデュース気味だったアルバムの楽曲がライブだとどんな感じになっているのか興味もあったので買ってみた。

実はちょこっとだけこの映像を当時のMTVで観た事があって、その時のモンスターズ・オブ・ロックのバックステージの様子とライブが出てたのだけど、何故かサンダーはカットされてて(涙)クワイア・ボーイズ、ポイズン、エアロ(ジミー・ペイジがゲスト出演してた)、白蛇と。
カヴァデールとヴァイがインタビューに応えてて、ヴァイが「僕が白蛇を脱退するって?それは全くの噂だよ」と応えていたけど、実は後で分かった事だけど、ヴァイは最初っから1枚のアルバム製作と1回のツアーのみの契約だったとの事。それを物語るかの如く、白蛇はこのツアーの後に沈黙してしまったし。

それはともかくこのDVD、映像がかなり荒く、ネットでも「VHSの3倍モードで録った様な画質」と語られてたけど正に言い当て妙。御大いわく「これしか完全版は残っていない」との事なので、お宝映像である事は間違いないのだけど。
で、肝心のパフォーマンスは、当時の人気を反映してかの様なアリーナロック的なステージング。この時御大は40歳前後だったハズだけど、結構声も疲れ果てた感じで疲れが見て取れる様な感じ。それでも、DVD化にあたりかなり修正されてるらしいので、相当なモノだったのではなかろうか?

選曲に関してはちょっと不満。まあ、フェスなんで選曲も盛り上がる楽曲を中心に持ってくるのもわかるんだけど「THE DEEPER THE LOVE」か「SAILING SHIPS」は入れても良かったのでは?「IS THIS LOVE」が外せないのは分かってるけど。
それと、ヴァンデンバーグとヴァイのソロタイムがそれぞれ入ってるのも何か解せない。まあ、ヴァイみたいなギタープレイヤーを加入させた時点でソロタイムも設けるのも分かるけど、それじゃエイドリアンにも...ってな具合で2つ作っちゃったんだろうなあ。正直いって、コレ入れるならもっと演るべき楽曲が幾らでもあるだろう、と。
「SLIDE IT IN」や「CRYING IN THE RAIN」が入ってるのは嬉しいけど、「LOVE AIN'T NO STRANGER」や「STANDING IN THE SHADOWS」、「WALKING IN THE SHADOW OF THE BLUES」あたりが入ってないのは物足りないなあ。

おまけで収録されているアルバム製作のドキュメント...というよりは、御大自らホームビデオ回してコメントしてるモノだけど、なかなか観る事の出来ないモノだけに面白い。意外だったのは御大がギター弾いてるシーンがあるのだけど、コレが意外と上手いのには驚いたな。

まあ、観ていないライブなので実に興味深く観る事が出来たけど、それ以上でもそれ以下でもない感じかな。CDの方も同じ音源そのまんま使ってるだけなので、それなら別の会場のライブとかDVDに入ってない楽曲のライブとか幾らでも付加価値つける事が出来ただろうに...そーなるとやはり”作品”というよりも”商品”の匂いが漂っているものかと。新作の出来が良かっただけに、ちょっと残念な気分だなあ。


DVD予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=m-2Tt4IjPlE

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ROCK ME FOREVER / VOW WOW (2006)

BLACK COUNTRY COMMUNION / BLACK COUNTRY COMMUNION(2010)

comment iconコメント

comment avater

ume

購入されましたか!!
実は私はまだ買ってません(汗)
安い輸入盤にしようかと思って待ってます。
でも不安なのが日本語の字幕がないこと
字幕がないとどうですかね??

教えてください。

2011年05月24日 22:05

comment avater

K.A.E.

内容に関しては本文のとおりなので、それを参考にしていただいて、字幕の方はアルバム製作ドキュメントの御大の言葉のみにしか付いてません。
しかもポツリポツリとしか喋ってないので、字幕が無くても大体ニュアンスで分かりますよ。なので、輸入盤で十分かと思います。

2011年05月25日 12:57

comment avater

ume

返事有難う御座います。

さっそくamazonで輸入盤を予約しました。
内容はイマイチかもしれませんが、思い出深い時期の作成なのでやっぱり見ておこうかと思いまして

2011年05月26日 19:17

comment avater

K.A.E.

おおっ、購入決定ですか!
是非、観たら感想聞かせてくださいまし。

2011年05月28日 04:03

comment avater

某音楽馬鹿

ほわいと☆すねいく

一番忙しかった時期のライヴですから何か疲れてるんでしょうか、御大は絶好調とは言えませんが、とりあえず満足です、DVDは何かやりながら観れないんでCDを先に聴きましたが、これはこれで悪くないと思います、二度と再現されない貴重な時期ですからやっぱり持っていたいです。
その後のジミー・ペイジさんと組んだ時期は恐ろしいくらい声出てましたから(ブートで確認済み)たまたま調子の悪い時に撮影されたんでしょう、とはいっても十分凄い声ですけどね。

2011年06月05日 18:22

comment avater

K.A.E.

カヴァーデル・ペイジのライブは結局日本でしか行われなかったですし、またツアー初めの頃ですから、その時に声出てなかったら本人に問題ありでしょう(苦笑)。
ただ、アルバムではあんなしゃがれた枯れた声だったのに、ライブで絶好調...ってのは、単にジミー爺の元相方に配慮しての事ですか?と勘繰ってしまいますね(笑)。

DVDはやはりこの時期の唯一のオフィシャルなんで、何度も繰り返して観る事はなくとも、持っていて観たい時に観られるのが利点ですね。ヴァイもお仕事とはいえ、ちゃんとプレイしてますし。

2011年06月08日 12:57

コメントの投稿