SUPER BEST~ROCK ME FOREVER~SUPER BEST~ROCK ME FOREVER~
(2006/05/17)
VOWWOW

商品詳細を見る


先日、umeさんのBBSにて久々にこの人達の名前を見て、そーいやCDはまだ1枚も持ってなかったな...と思い、早速タワレコの3倍ポイントに併せて買ってきましたよ。
umeさんの話では再発盤が最近発売されたとの事だったけど、市内のタワレコではこのベスト盤1枚しか置いてなかった...だけど10%オフで売ってたので、まあ良しとしよう。

購入前にネットであれこれ調べていたのだけど、数年前までは全てのアルバムの廃盤状態がかなり長い間続いてたらしく、オークションなどで高騰してたとの事だけど、彼等と同時期に活躍したラウドネスなんかは普通に売ってるのに、何でそんな長い間廃盤になってたのか理解に苦しむなあ。まあ、版権の問題とか色々あるんだろうけど。

オリジナルアルバムの「Ⅲ」か「Ⅴ」も捨て難かったのだけど、このベスト盤は山本恭司さん監修との事で、しかも「Ⅲ」全曲収録(「SHOCK WAVES」と「DONCHA WANNA CUM」(HUNGER 15)のみはライブ音源)、しかも2枚組30曲収録で¥3000(10%オフで¥2700だったけど)という破格値でコレに決めた。

彼等の活動期の頃、私は洋楽聴き始めた頃でHM/HRが隆盛を極めていた頃だけど、彼等には余り関心がなかった。まあ、あれだけビルボードのチャートでHM/HR系ミュージシャンがブイブイ言わせてた時代だし、いわゆる”ジャパメタ”には、海外HM/HR系ミュージシャンにはない”歌謡曲っぽい雰囲気”が感じられて、ダサい部分が強調されてる感じがしたのだ。

ただ、90年代に入って音楽シーンの様相も変わった時、ふと振り返ってこのバンドを聴いた時は「何てバンドだったんだ!」と後悔の念を十分に感じた。要は音楽の聴き方を知らなかっただけだった、と。
山本恭司さんのギターは、海外のHM/HRバンドのギタリストの中でも十分通用する実力だし、人見元基さんのVoは好き嫌いが分かれる声質かも知れないけど、全曲英語で歌うだけでも凄いのにパワフルで繊細さも兼ね備え、そして作曲も手掛ける厚見玲衣さんのドラマティックで煌びやかなキーボード、そしてボトムの効いたリズム隊と、当時のこのテの日本のバンド...いや今までの日本のHM/HR系バンドの中でも、これ以上の実力を持ったバンドは存在しなかったのでは?
ラウドネスがあくまでもアメリカでの活動を意識して音もLAメタルっぽい雰囲気を持っていたのに対し、このバンドは活動をイギリスに置いたお陰で、湿り気のあるHRを演っていたのが物凄く印象的だったなあ。同業者からも評価されていて、山本さんはあのフィル・ライノットから食事に誘われソロアルバムに参加要請されたり(フィルの急逝で実現しなかったけど)意外にもデヴィン・タウンゼントがバンドのファンらしい。

このベスト盤には懐かしさを感じる楽曲もあるけど、それ以上に今の時代でも十分に説得力を持った楽曲が揃ってるなあ...と改めて再認識した。当時ちょっとパワーダウンしたかな?と思った「MOUNTAIN TOP」からの楽曲も、今聴くと物凄く完成度が高く感じられたし。

人見さんが引退してしまった今、フルでの活動は不可能になってしまったけど、昨年2日間だけ再結成ライブを行った事もあるので、不定期でも良いからちょこちょこライブ演ってくれれば...とこのアルバムを聴きながらふと思った。ホント、勿体無いって。


「SHOT IN THE DARK」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=2NHBJ6hvN94

「TELL ME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=LGsIQsZ3PEg&feature=related

「CRY NO MORE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=fvfzyem4-cU
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE & DANGEROUS / THIN LIZZY (1978)

LIVE AT DONINGTON 1990 / WHITESNAKE (2011)

comment iconコメント

comment avater

ume

VOW WOWお買い上げ有難う御座います。
私はアルバムを全部持っているのでこのベストは持っていないんですが、選曲良いですね。
ほとんど文句なしです。

強いて言えば
V収録のこの曲が入ってない事。
http://www.youtube.com/watch?v=kXtLMjgXSuc
さすがにVIBeからのこの曲は入らないか
http://www.youtube.com/watch?v=U6cqq9bwWaM

あとLOVE WALKSの代わりに、ほぼ同じだけどMOUNTAIN TOP収録の「LOVE LIES」にしてほしかった事ぐらいかなぁ~

私が好きな「YOU'RE THE ONE FOR ME」も「I'VE THROWN IT ALL AWAY」あたりも入ってるし。

ちなみに昨年の再結成ライブは一瞬でソールドアウトでした。
たまに人見さんはカバーバンドでZEPやTHE WHOなどの曲をライブでやっているので、機会があれば見に行ってみてください。
半端なく歌うまいですから

2011年05月31日 00:11

comment avater

K.A.E.

いやいや、umeさんが久しぶりに彼等を紹介してくれたから、思い出した様に購入しただけですよ。感謝したいのは私の方ですって。
その久々に聴いたのが「こんなにカッコ良かったっけ?」という評価に繋がるんですから、世の中何が起きるか分からないですよね(笑)。

このベスト盤、30曲入って¥3000、1曲¥100ですか。超お買い得なCDだと思いましたね。
しかし、何でかなり長い期間廃盤だったのか全く理解出来ないですよ。需要は間違いなくあったハズですし...

あと聴いてて思ったのは、山本恭司さんは何で海外ミュージシャンとバンド組まなかったんですかね?彼ほどの実力があれば普通に色々お呼びが掛かってもおかしくないですし...やはり日本人のギャップですかね?

2011年06月03日 21:00

comment avater

某音楽馬鹿

たまに再結成してくれると本当に嬉しいですね。
私もアナログ盤で作品聴いてた事ありますし。

それはともかく今日ニコ動でラウドネス全米ツアー千秋楽のナマ中継あるっちゅうんで(10:30予定)待ってたんですが、前のバンドが押して始まったのが12:00過ぎ、・・・で、13時には途中でプツって中断、これから良い曲どんどん出てくるところだったのに・・。
まぁタダなんで文句言えませんがコメは顰蹙の嵐でした、S.D.I聴きたかった・・・。
でも1時間でも十分聴き応えありました、タッカンのギターソロ(悶絶)聴けたしニイさんのVoも絶好調でした、樋口さんが逝ってしまわれて後任のDrに違和感が多少ありましたが、世界に十分通用するバンドがまだ「生きてます」

2011年06月05日 17:40

comment avater

K.A.E.

ラウドネスは最近のモノって昔のスタイルに戻ってるんですかね?何か一時期、タッカンが変な方向に走っちゃったじゃないですか?東洋っぽい雰囲気出しちゃって...まあ、ニイちゃんが戻ってるなら、演れるのは初期路線だろうから余り心配はしてないですけどね。

しかし、ちょっと前に出てた輸入盤での旧譜5枚組のボックスセットはやはり買って置くべきだった...もう既に廃盤なんですよねえ~(涙)。

2011年06月08日 13:02

コメントの投稿