エクリプス(ECLIPSE)エクリプス(ECLIPSE)
(2011/06/01)
ジャーニー(JOURNEY)

商品詳細を見る


さて、やっと買いましたよ。ジャーニー、約3年振りの新作「ECLIPSE」。
当初、ボーナストラックがライブ1曲のみという事で、輸入盤で良いや...と思い、輸入盤発売まで待っていたのだけど、思ったより安くならないんで(タワレコにて¥2000)結局国内盤を購入。オマケでバッジとステッカーが付いてきましたよ。

umeさんや某音さんのコメント読んでから全曲聴いてみたトコ、お2人の言いたい事がよく分かる内容で、それを踏まえて聴いたお陰か、特にどうこう思う事もなく普通に楽しめた。
楽曲的には前作の延長線上にあって、今回は更にロック色を強めた印象。ニール・ショーンがインタビューで「今回は音楽的に冒険してみた」と言う割りには、そんなに大きな変化はなく、ここ数年のジャーニーの音だと思う。とはいえ「SHE'S A MYSTERY」や「HUMAN FEEL」みたいな曲構成は意外と新鮮だった。
某巨大掲示板あたりでは「ハードラインっぽい」とか書いてあったけど、それは違うと思う。ハードラインの頃の方がもっとエッジが強調された音作りだったし、ニールもかなり弾きまくりだったし。

バンド加入してから2作目となるアーネル・ピネダは、前作のお披露目からすると随分リラックスして歌ってる感じが受けられた。自分の役割をしっかり受け持って、尚且つ楽しんでる感覚が伝わってくるし、バンドの演奏陣もいつもと変わらず素晴らしいプレイが聴ける。

ここ数年、よくジャーニーの新作が出る度に「Voはスティーヴ・ペリーじゃないとダメだ」とか「全盛期の彼等は超えていない」とかいう批評が聞こえるけど、今のスティーヴ・ペリーは声域のレンジが狭くなって枯れてしまったし、楽曲的に全盛期を超えられないとか言うのは、これだけ長い間ずっと活動していれば製作時の波だってあるだろうし、逆にアルバム発表する度に全盛期を超え続けるバンドが存在するのだろうか?的外れもいいトコですね。

私は今回のアルバム、物凄く気に入りましたよ。もしかしたら前作よりも聴く回数を超えるかも?umeさんのコメントに”「AFTER ALL THESE YEARS」みたいなバラードが入っていない”と書かれてたけど、私は逆にバラード抜きでも良かったんじゃないか?とすら思ったくらいだし(まあ、流石にそれじゃファンの期待を裏切るから無理な話ですが/笑)。大体、ライブで過去のバラードで聴きたい楽曲が多過ぎじゃないですか?「OPEN ARMS」「FAITHFULLY」「WHO'S CRYING NOW」「SEND HER MY LOVE」「LIGHTS」「WHEN YOU LOVE A WOMAN」「MOTHER,FATHER」など。これ以上バラード作ったら、ライブの半分バラードになっちゃうし(それはないか)。
私が特に気に入ったのは「EDGE OF THE MOMENT」「CHAIN OF LOVE」「ANYTHING IS POSSIBLE」「RESONATE」 MYSTERY」「RITUAL」あたりかな。

しかし、最後に一つだけ苦言を。日本盤ボートラのライブは、有名曲でなく前作からの楽曲にして欲しかったな。新作購入するファンは圧倒的に昔からのファンだろうから、有名曲のライブverなんて実際のライブで聴いてるだろうし。この辺のツメが甘いんだよなあ~。


予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=3PWiEhzJkPU

「ANYTHING IS POSSIBLE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=kcWi_X7L9P8
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BAD ENGLISH / BAD ENGLISH (1989)

RUN WITH THE PACK / BAD COMPANY (1976)

comment iconコメント

comment avater

ume

日本盤のボートラは完全に失敗ですよね。
i-Podからもボートラは抜きましたよ。

それはさておき今回のニューアルバムは私もすごく気に入っています。
感想はK.A.E.さんと全ていっしょです。

あ! ライブで聴きたいバラードは「STILL THEY RIDE」「ALL THE WAY」「AFTER ALL THESE YEARS」ですけど(汗)
あとバラードじゃないけど、「THE PARTY'S OVER」もすごく聴きたい!!
良い曲あり過ぎる(汗)

2011年06月12日 23:34

comment avater

K.A.E.

いやホントに、彼等のライブに行ったら聴きたい曲って挙げればキリがないですよね。
「STILL THEY RIDE」や「ALL THE WAY」は良いですね~。私的にはバラードじゃないモノでは「BE GOOD TO YOURSELF」「ASK THE LONELY」、意外なトコでは「CHAIN REACTION」「IF HE SHOULD BREAK YOUR HEART」「BUTTERFLY」なんかが聴きたいですね。
でも、今回のツアーで日本来てくれますかね?前回の東京公演は平日のみだったんで、もし来るなら土日で組んで欲しいなあ。

2011年06月13日 21:04

comment avater

某音楽馬鹿

じゃーにぃ

聴いた人それぞれに意見があって当然ですが、一応3人とも同じような感想だったかと思います(細かいニュアンスはありますが)、確かに全盛期と比べて・・・って言われると「当時どれくらい思い入れがあったか」で人それぞれの評価が異なります。
私もボン・ジョヴィがうんこみたいな作品作っても(ありえませんが)最初は擁護するし、ましてこのジャーニーの新作はクオリティ激高ですし、「今の音」で勝負してて古臭く聴こえないし、否定するべきところは皆無です、私が絶賛しなかったのは「本当にアーネルさんで良いのか」と「もう冒険はしないのか」の2点で、持った疑問を素直に言ったまでです(いわゆるジェフさんクビ事件には今でも納得できてないです)。

あと、今のドイツの古参スラッシュ勢は新作出す度にバンド最高傑作作ってます、恐ろしい事に・・。

2011年07月31日 10:44

comment avater

K.A.E.

いや、だからこそ面白いんだと思いますよ。umeさんはumeさんなりの、某音さんは某音さんなりの感覚で音楽を楽しんでる訳だし、勿論私も私なりの解釈で音楽を聴いてる訳ですから。だから、御二方の意見は本当に参考になるし、レビュー読んでて楽しめるんですよ。

まあ本音を言ってしまえば、私もジェフのVoでのジャーニーを1枚くらいは聴いてみたかったとは思いますね。
勿論、アーネルは素晴らしいシンガーですし、某巨大掲示板で叩かれてるのが理解出来ないくらいなんですけど、ジェフがツアーのみで解雇というのは、単にツアーはボーカリストとしてのテストだったのか?と勘繰ってしまいますよね。
ただ、ジェフの色が濃く出てファンク路線とかやられたらそれはそれで???ってな感覚ですけどね(笑)。

2011年07月31日 18:02

コメントの投稿