Cross PurposesCross Purposes
(2001/03/13)
Black Sabbath

商品詳細を見る


3連休で明日も休みだからのんびり出来て良いですなあ~。
特にする事もないので、ウチでゆったりとくつろいで(というよりもだらけてるけど/笑)レンタル行ってDVD借りたり、ブックオフ行って探しに行ってたりと。

で、近所のブックオフでこのCDが¥950で売ってたので即捕獲。東京行く度にディスクユニオンでチェックすると、保存状態も余り良くない感じで¥1000超えてるのでいつも躊躇してたのだけど、見つけたモノはかなり良い状態で帯は勿論、おまけのステッカーまで付いてた。前の保有者には感謝しきりですな。

しかし、この頃のバンドの状態は結構混乱してた感じで、オジー・オズボーンのなんちゃって引退ツアーのファイナルにオリジナルメンバーでのブラック・サバス復活を果たし、その事が引き金となって当時バンドに在籍してたロニー・ジェイムズ・ディオがヴィニー・アピスと一緒にバンドを脱退し、尚更オリジナルサバスの復活の機運が高まった時に舞台裏ではマネージメント問題が尾を引いて、結果的に再結成はポシャってしまい、結局トニー・マーティンを再加入させてこのアルバムを完成させたという...

そうした混乱が原因かどーかは分からないけど、私はこの作品はちょっと方向性に微妙なズレを感じてしまう。誤解がない様に言えばトニー・マーティンの復帰は素直に嬉しいし、作風も彼が過去に歌った「HEADLESS CROSS」や「TYR」のノリに近くて文句は無いのだけど、前作の「DE-HUMANISER」を通したお陰でヘヴィな感じが残り”どっち付かず”みたいな雰囲気になってしまったのかと。

後はこの当時のシーンはアリス・イン・チェインズの様なサバスのフォロワーの様なバンドが活躍していた事もあって当然オリジナルにも注目が集まる訳だけど、「VIRTUAL DEATH」では完全にフォロワーに影響を受けた様なスタイルで、オリジナルの凄みを見せてくれなかったのが非常に残念だったな。
それでも「I WITNESS」みたいな疾走感がある楽曲を始め、従来路線の「CROSS OF THORNS」やアイオミ御大の泣きが炸裂する「DYING FOR LOVE」あたりは凄く大好きで、こういうスタイルの楽曲で終始聴きたかったな。そうなれば評価はかなり高かったかも。

前作では「???」と全く理解出来なかったジャケットも、このアルバムでは暗く美しい雰囲気で大好きだ...けど、何で次作でまたあんなダサくて安っぽいジャケ作っちまったんだろうか???ホント理解出来ないなあ...

最近、このアルバムのツアーを収めたDVDが発売されたけど、イマイチ評判が悪いみたいなんでなかなか手が出せずにいるんだけど...まあ、トニー・マーティンはライブでは声が出ていないと当時から評判だったんで、余り期待しないで観ると良いのだろうか?これは金銭的に余裕がある時にでもチェック入れれば良いかな?

しかし、いい加減IRSレーベル時代のアルバムはデラックス・エディションで再発して貰いたいっすね。「TYR」なんか音圧小さいんで、今の音で聴くとかなり感動的になるハズなんだけど...


「I WITNESS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Fgzaxsh17JE


「CROSS OF THORNS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Iljo4Od0jmg


「DYING FOR LOVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_uNt5xJDtSc&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TALK / YES (1994)

LIVE AT RIVER PLATE / AC/DC (2011)

comment iconコメント

comment avater

ume

このアルバムリリース後の来日公演を見に行きました。
あまり印象には残っていませんが、トニーマーティンはそれなりに歌えていたと思います。
私の好きなTYRからの曲がなかったような気がします。

さてこのアルバムですが、①はすごく好きなんですが、他の曲はあまり印象に残っていません。
前作TYRと比べると物足りない印象を持っています。
サバス名義のニューアルバムとしては、これ以降ほとんど出ていない事を思うと、悲しいですね。

ジャケはすごく良いので、ライブの時、Tシャツも買いました!!

2011年07月20日 22:49

comment avater

K.A.E.

え?トニー・マーティンを擁していながら「TYR」からの楽曲演らないって、一体何考えてるんですかね?だから、本人が「オジーの亡霊と争うのは嫌だ」ってバンド抜けちゃうんですよねえ。

それはともかく(笑)このTシャツ持ってるってかなりレアじゃないですか?私もこのジャケ凄く好きなんで、率直にumeさんが羨ましいです(笑)。

まあ確かに「TYR」と比べると楽曲が弱いですけど、これはこれで地味ながらも聴かせてくれるアルバムだと思ってます。というか「TYR」は勿論「HEADLESS CROSS」も含めて、この時期は私的にはホントに最高ですね!

2011年07月26日 21:00

comment avater

某音楽馬鹿

落武者

私もこのツアーのライヴ観に行きましたよ~、アイオミさんは「米粒」な場所でしたが・・。(本館HP参照)

ツアーパンフも豪華でした、Tシャツは無論GETです、このジャケはコレから十年ちょっと後に陰陽座の名作として激似のやつが登場します。
関係ないですが・・。

この時のツアーは当時輸入盤でVHSとCDが一緒になったのが出て買いました、映像は観に行った時と変らずでしたが、トニー・マーティンさんが加入時より頭薄くなってて「落武者」状態だったのが気になって仕方なかったり。
一度クビになってそのショックで抜けたとか?

新装版は買ってませんがパッケージデザインがダサいんで悩んでます、昔のVHSはDVD化してるんで、もうちょっと後でもいいかなって思ってます。
ライヴとしては良く出来てますよ。

2011年07月31日 09:39

comment avater

K.A.E.

落武者...(笑)まあ「HEADLESS CROSS」の頃から結構怪しかったですから特に驚きはしませんでしたが、それは私がライブで生を見てないからとか?

しかし皆さんレアT持ってますねえ~。私は今でも時々ロックTシャツ買ってたりしますけど、なかなかカッコイイデザインのモノが見つからないんですよねえ。たまに見つかるとベラボウに高かったりとか。

DVDのジャケもやはりダサいですよね(苦笑)。アルバムジャケそのままの方が全然良いのに、何で変な入れたがるのかマジで理解出来ません...

2011年07月31日 18:23

コメントの投稿