エコーズ~啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイドエコーズ~啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイド
(2001/11/05)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る


こんだけ長い間レビュー書いてるのに、今まで何故か敬遠してたのと(自分自身が)イマイチな評価しか出来なかったピンク・フロイド。
9月に全アルバムがリマスター盤一斉発売となるみたいだけど、それを前に自分なりに少しまともに聴いてみよう...と、10年前に発売されたベスト盤「ECHOES」(邦題:エコーズ~啓示)を中古で購入。

フロイドの場合、ベスト盤はあくまでも代表曲を収録したモノだけらしいので、オリジナルアルバムを聴く事をお薦めする...とよくレビューなんかで書かれているけど、このベスト盤に関してはメンバー自身が積極的に関与して、楽曲の並び構成や曲間の繋ぎなど細かいトコまでに拘って作り上げたという話らしい。

私はフロイドのオリジナルアルバムでは「ATOM HEART MOTHER」と「THE DARK SIDE OF THE MOON」と「THE WALL」くらいしかまともに聴いた事がなく、特に「ATOM HEART MOTHER」は私が20歳前の頃に当時の友人と地元の日光へドライブに行った際にその友人がBGMとしてこのアルバムを選択したのだけど、コレが眠くて×2...(苦笑)
そんな虚ろな私を見て「この良さが分からないなんて」と友人が激怒(笑)。そりゃ当時の私はHM/HRにどっぷり漬かってる最中だったから、このテの音には殆ど興味が無かったし。
でも、バンドの成し遂げた活動についてはいつも一目置いてはいた。「THE DARK SIDE OF THE MOON」はかなりの長い間ビルボードのアルバムチャートに居座り続けたし、活動停止するまでのどの作品も威厳を保ち続けたという事自体、リスペクトすべきかと。

で、このアルバムに関しては代表曲は勿論ほぼ収録されており(何故か「ATOM HEART MOTHER」からは収録されていないので)このバンドがどんなスタイルなのか?と知るには、本当にうってつけの作品であるかと。
私的には1枚目の「THE GREAT GIG IN THE SKY」から「SORROW」の流れが素晴らしいと感じた。それに、時代順に収録されていないのに、何故か古臭さを全く感じさせず自然に聴けるのがこのバンドの凄さかと。ロジャー・ウォーターズが抜けた後に若干スタイルが変わったバンドの楽曲も、全く違和感なく聴ける。

とりあえず、このベスト盤を聴いてこのバンドの凄さはよく伝わった。次はオリジナルアルバムだろうけど、何から手を付けて良いのやら...(笑)頑張ってBOXセット買っちゃおうかな?


「THE GREAT GIG IN THE SKY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=MLHvohd8SJg

「KEEP TALKING」↓
http://www.youtube.com/watch?v=r-XtvR6-ckg
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EUPHORIA / DEF LEPPARD (1999)

CHINATOWN / THIN LIZZY (1980)

comment iconコメント

comment avater

ume

ピンクフロイドは大好きです(知ってますね(笑))
個人的には「狂気」以降のアルバムは「ファイナルカット」以外は外れなしです。
今回のBOXはオリジナルアルバムを持っていないようでしたら、すごく良いと思います。
ただオリジナルアルバムを持っていない人にあそこまでの「狂気」のCD等が必要かは微妙ですが・・・
K.A.E.さんが聴いていないものでおススメのアルバムは「対」「炎」「鬱」「アニマルズ」の順です。
「対」でのギルモアのギターを聴いて感動してもらいたい!!

2011年08月01日 21:15

comment avater

某音楽馬鹿

私はダントツで「炎」ですね、シド・バレットさんに捧げられた本当に本当に美しい作品です、BOXは全部注文しましたが、一番楽しみなのも「炎」アルバムです、他のどの作品とも違う雰囲気ですがデイヴさんの個性が出た最高傑作だと私は思います。

2011年08月01日 22:30

comment avater

K.A.E.

このバンドは大まかに分けるとシド・バレットが在籍してた時期、ロジャー・ウォーターズ在籍時、そしてデヴィッド・ギルモアが主導権を握った時期の3つに分かれると思うんですが、人それぞれに思い入れも違いますよね。
私はまだどの時期が良かったという判断は出来ませんが、このベスト盤を聴いて一番ピンと来たのはギルモア期でした。だからumeさんの挙げている「対」と「鬱」は要注目ですかね。
また某音さんも一緒に挙げてる「炎」も確実にチェックしなきゃイカンですよね...って、やっぱBOX買えって事っすか!?(笑)

密林サイトにて輸入盤DVDも結構安いんですよね。本編で挙げた「KEEP TALKING」のライブは「驚異」の映像でしたが、このステージセットはホントに圧巻ですよね。BOX出る前に必見ですかね?これがBOX購入する時のバロメーターになるかも。

2011年08月03日 10:36

comment avater

ume

「驚異」ももちろん素晴らしいです。
ただ個人的には「狂気」全曲収録しなくて良いから、他の昔の曲を入れてほしかったなと。
というわけでライブ盤的には鬱リリース後の「光perfect live」の方が好みですね。
まぁスタジオアルバム聴いてからで良いと思います。

2011年08月03日 22:43

comment avater

某音楽馬鹿

ひかり

「光」も相当素晴らしい作品だと思います「鬱」や「炎」も入ってるし。
味見程度ならまずは「光」かと思いますが。本気で聴くなら「炎」か「鬱」或いは「対」が個人的にはお勧めです。
「鬱」以降の作品も見事な完成度ですから。

2011年08月21日 17:40

comment avater

K.A.E.

いやホント、今凄く迷ってる最中なんですよ!
HMVが8/26まで15倍ポイントやってるんで、BOX買うべきか個別にするべきか...
フロイドは歌詞世界も知っておきたいのでそーなると国内盤が有力なんですが、如何せん高過ぎる。しかも単品でも2枚組は¥4000近いし。
だから輸入盤BOX+詩集を買うべき?と思ってるんですが、詩集はもう絶版なんですよね。中古でなら売ってますが...あ~、ホントに悩むなあ...

2011年08月21日 22:30

コメントの投稿