EuphoriaEuphoria
(1999/06/14)
Def Leppard

商品詳細を見る


モトリー・クルーが来日公演決定してクラブツアーを敢行...というのは結構な話だけど、チケット代が円高のこの時期にしては強気の¥10000超え。2階指定席に至っては¥13000...いつからこんなセレブなバンドになったんだ?と首を傾げるけど、稼げるウチに稼いでおけ的なモンなんでしょう。
今回は平日公演ばっかなんで最初っからスルーだったけど、仮に土日公演があっても行かなかっただろうなあ...お前らもAC/DC見習えって言いたいっす。あのセットであの金額は仕方ないと思うけど、クラブツアーごときでぼったくりでしょう!

他にもエアロスミスやラウドパークで白蛇が来るけど、一番観に行きたかったのが今回のお題であるデフ・レパード。残念ながら今の時点で土日公演が無いから無理だけど、追加で入れば絶対に行きたいなと。

で、彼等のライブはこの作品「EUPHORIA」のツアーで観てるんだけど、この時の半券まだ持っててその当時(今から12年前の1999年10月1日、東京国際フォーラム)のチケット代は¥7500。随分と時代も変わりましたなあ~。

ただこのライブ、印象が意外と薄く、決して悪いライブじゃなかったんだけど余り記憶に残ってない。ラストに意外な選曲だった「LET IT GO」をプレイした事くらい。だけど数多くの良曲を持つバンドだから、あれもこれも...というウチにアッと言う間に終わってしまった気がしたなあ。それだけ聴きたい曲が多くて「もう?」ってな感じだったから、あっさりした印象になったのかも。

このアルバム、前作の時代と融合したアルバム「SLANG」がコケたお陰で従来の路線に戻ってきて、しかも更に聴きやすくなったのは素直に評価したい。ジョー・エリオットは「前作を通過しなければこのアルバムはなかった」と発表当時に語ってたけど、それはあくまで音処理に関しての事だと思う(特にBACK IN YOUR FACE」)。楽曲のアプローチは明らかに「ADRENALIZE」に近い雰囲気。
軽快な「DEMOLITION MAN」「21st CENTURY SHA LA LA LA GIRL」、シングルカットされたキャッチーな「PROMISES」、お得意のコーラスが効いてる「BACK IN YOUR FACE」「DAY AFTER DAY」、相変わらずメロウなバラード群「GOODBYE」「TO BE ALIVE」「IT'S ONLY LOVE」など聴き所満載。これで売れなきゃおかしいでしょ?ってな作りはさすが。
中でも疾走感のある「KINGS OF OBLIVION」と歌詞がヘヴィな「PAPER SUN」は、彼等のロック寄りの姿勢を打ち出した楽曲でお気に入りだ。

やっぱLEPPSはこうでなくては!という良い見本の様なアルバム。まあ、この後に「X」でまたやらかしてしまったのはいただけなかったけど、LEPPSに限らず何で大物バンドは従来の路線を変えたがるのかなあ?それだけがいつも謎だったりする。


「PROMISES」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=8lOHNxae69E

「PAPER SUN」(LIVE IN JAPAN)↓
http://www.youtube.com/watch?v=aD5VmZjl0G4
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FLY FROM HERE / YES (2011)

ECHOES / PINK FLOYD (2001)

comment iconコメント

comment avater

-

モトリー★クルー

もし、本国でやってるドラムセット大回転をやろうとしてるならこの金額でお釣りが来ると思います、なければただの「ぼったくり」ですが・・。
観せるステージがこのバンドの魅力なんで期待に応えて欲しいものですね。
メンバーさんも中年になっても悪ガキ全開ですが老け込むよりは良いんじゃないでしょうか。
ヴィンスさんなんていまだに飲酒運転で捕まってるくらいですから、これからもファンに「しょうもない人達だな~」って思わせ続けて欲しいです、それこそ真のエンターティナーだと思いますんで(死なない程度に・・この人達の場合、本当にシャレになってないんで」・・。

2011年08月14日 15:11

comment avater

K.A.E.

「しょうもない人達」というのは、ファンじゃない人達も十分理解してるでしょう(笑)。「THE DIRT」読んで思いましたが、この人達は私生活までプライバシーなんてモノが存在してない感じですよね。
「ロックスターなんて偶像の象徴」とマリリオンのスティーヴ・ホガースがインタビューや「BRAVE」で語ってますけど、そんなモンどーした!と言わんばかりのレベルですからねえ...困った人達ですよ(笑)。

2011年08月18日 12:24

comment avater

某音楽馬鹿

もとりぃ~

ぼったくりでしょう、間違いなく、海外で話題のドラムセット大回転を持ってくるなら納得でしょうが、年末のエアロより高いってどうよ!。
今もメンバーさん全員「生きてる」ってだけでも観る価値はあるんでしょうが、この値段なら私はDVD購入しますね~。
確かにドラムセット大回転は観たいですが(笑)。
この人達の場合はもう誰が捕まっても驚かないと思いますが(ファンなら)できれば無事に入国できる程度に自重して下さいね・・・と。

2011年08月21日 16:45

comment avater

K.A.E.

あのドラムセット大回転(笑)はこの動画で観ましたが、コレってどーなんでしょ?観客も乗せてるみたいですが、もし機械に不具合があって事故った時はエラい損害賠償とかになりそうですが...
グレイト・ホワイトの事故みたいな事もあり得るのだから、もうちょっと考えた方が良いのかも?まあ、この人達の事だから余り考えてもいないか...

http://www.youtube.com/watch?v=MW47CkeG6-Q

2011年08月21日 22:10

comment avater

地味JAM尊

デフレパのネタですよね(再確認)

コメントが何故かモトリーネタばかりなんですが・・・
このアルバムメッチャいいですよね、時代に逆行しててもスラングの前に出してほしかったな。
ジョーの言い訳は置いといてですがね。あの頃の「グランジ時代」の呪い?でいい作品がいっぱい死んじゃいましたよね、トホホ・・・

2017年08月07日 23:30

comment avater

K.A.E.

最初の某音サンのコメントがモトリーネタに終始してるんで、そのままの流れで...ってな具合ですね(笑)。LEPPSの事は全然触れてないからコメントしようがないし(苦笑)。

私もこのアルバム大好きですよ。「HYSTERIA」「ADRENALIZE」よりもバラエティに富んでるし、曲数多い割りにはあっと言う間に聴き終わってしまう構成は見事だと思いますね。確かに「SLANG」の前だったら彼等の活動もまた違うモノになってたと思います。

グランジはあくまでも後続なんだから、それ以前のバンドがそのスタイルを取り入れたところで良いモノが出来るとは思わないですけどね。演るならバンド名変えてとかじゃないとファンは納得しないですよ。でも、当時はグランジのスタイルに寝返ったバンドが多かったですよね...

2017年08月08日 08:35

コメントの投稿