FC2ブログ

フライ・フロム・ヒアフライ・フロム・ヒア
(2011/06/22)
イエス

商品詳細を見る


今回は珍しくタワレコの3倍ポイントセールが金曜~日曜までだったので、昨日やっとイエスの新作「FLY FROM HERE」を購入。
新作が出るとは聞いていたけど、既に6月には発売されていたんだ!?と手元に取って驚いた。しかもレーベルはマーキー/アヴァロン(まさかイエスクラスの大御所がココから出るとは思わなかったな)、SHM-CD+DVD付きまで出るとは...まあ、DVD観てもどーせ爺さんばっかだから(爆)DVDはいらないな...と思い、通常盤にした。

ホントに何の情報も入れてなかったし、しかも10年振りの新作という事もあって今のイエスには正直期待も何もしていなかった。ただumeさんと某音さんの評価が良かったので、それだけを頼りに買ったという訳だ。ロジャー・ディーンのジャケも相変わらず素晴らしいのも購入理由の一つだけど。

全曲聴いた感想は、随分と聴き易くここまでメロディアスな方向に進むとは思ってなかったけど、コレはコレで大変素晴らしいアルバムだと思った。今のバンドには緊張感よりもリラックスした雰囲気の方が合っているんだろうなあ。
リラックスと言っても決して緩くはなっておらず、壮大でドラマティックな構成は紛れもなくイエスそのものかと。また新ボーカリストのべノワ・デヴィッドの声質もジョン・アンダーソンと比べるとさすがに酷だけど、この音楽性には十分適応出来る声かと。umeさんの語ってた通り、クオリティを決して下げるレベルではないですね。

1~6までは組曲形式にはなってるものの余り関連性は感じられず、個々の独立した楽曲でも十分通用するレベル。私的には2~3の流れは結構好きだ。勿論後半の7~11までもクオリティは下がらずキープしているのも凄い(12は9の完全版なので省く)。これならジョン・アンダーソン不在を惜しむことはないな、と(でも、偏執狂のマニアは許せないんだろうなあ~)。

しかし、この爺さん達は一体何処まで進むつもりなんだろうか?(特にハウ爺、後半大活躍と言っても良いくらいかなり目立ってる気が...それに、ますますアインシュタインに似てきたし/笑)
あとどの位バンドが存続するのか(多分、本人達にも)分からないけど、今回これだけのモノを提示したという事はまだまだやれるという事を改めて立証した様なモノだから、出来る限り続けて欲しいなあ...


「WE CAN FLY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=AKJwXLCnBKs&feature=related

「SAD NIGHT AT THE AIRFIELD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_9UgmGyyCGA&playnext=1&list=PL13713884B168EF8A
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2 / BLACK COUNTRY COMMUNION (2011)

EUPHORIA / DEF LEPPARD (1999)

comment iconコメント

comment avater

ume

今回のイエスのアルバムは私にとってはイエスの全アルバムの中でもベスト3に入るぐらい好きですね。
それはなぜかというとK.A.E.さんがおっしゃっている通り聴きやすいからです。
変にプログレッシブしてなくて、ある意味ポンプロックのような感じですね。
特に組曲の「FLY FROM HERE」は、組曲としてのまとまりはないものの(最後が感動的に終わるわけでもないし)、どこを切っても素晴らしいメロディが溢れているので好きです。

初期イエスのような緊張感ある演奏を期待している人には駄作なんだろうなぁ~

2011年08月07日 23:58

comment avater

K.A.E.

まあ、さすがに聴き込まないとまだ分からないから、ベスト3に入るかどーかは明言を避けますけど、少なくとも私の今年のベストアルバムには間違いなく入りますね!
今回のは演奏技術や曲展開で唸らせるのではなく、単純にメロディで勝負してきたのは意外でした。umeさんの言うとおりポンプロックっぽい雰囲気ですよね(言われて気付きました/笑)。
先日買った「TALK」では、バンドの事情もあってあーいった作りになったのは分かるんですが、今回はバンド編成がドラマ期に近いのにこういう雰囲気になったのは嬉しい誤算でしたね。

話変わりますが、先日ようやくマリリオンの「MARBLES」の2枚組を¥1500で手に入れました。別レーベルから一般流通されたんですよね。
しかし、曲順がこうも変わると印象も結構変わりますね~。確かに聴き応えあります!

2011年08月08日 21:23

comment avater

某音楽馬鹿

いえす

最高傑作かと言われると無口になりますが、私もこの作品は大好きです、何度聴いても飽きないし、適度に聴きやすく素人さんでも違和感無く入って行けると思う力作です。
確かにメンバーさんの老け方は尋常じゃないですが(笑)音楽で勝負するならこの作品に勝てる若手は皆無だと断言できます、何十年も色んな音楽を聴いてきてる音楽オタクが言うんだから間違いないです。
あと何年現役で居られるか分からない年寄り集団ですがまだまだ余力は残ってます、がんばれ~。

2011年08月21日 16:36

comment avater

K.A.E.

そう、某音さんの語ってる通り、今回のアルバムは飽きないですよね。もう何度か聴き返してますけど、心地良い雰囲気が堪らないんですよね~。
しかし、あと何枚作品出せるのか?と言われるとちょっと疑問符が残りますね。勿論年齢の事もありますが、メンバーの動向ももはや恒例行事の一環ですから(笑)。このメンツでこれだけの事がやれる事を実践したのだから、あと2~3枚は聴いてみたいですよ。

2011年08月21日 22:03

comment avater

UME

このアルバムリリースから10年近く経ったんですね。
早いですね(汗)
過去のコメントを見るとイエスでベスト3に入るというような恐ろしいコメントをしていますね(汗)
10年経った今の印象としては、イエスで一番好きなアルバムです(笑)
曲も最高だし、べノワ・デヴィッドの声も良い!!
最近トレヴァー・ホーンが自分で歌って再録したこのアルバムを聴きましたが、そちらも良かったです。
まぁ聴きなれているのはこちらの通常盤ですが。

2020年05月19日 23:25

comment avater

K.A.E.

10年経って遂に一番好きなアルバムになりましたか!私もたまにCD聴いてるんですが、他のアルバムにはない独特の雰囲気があって良いですよね。イエスという枠を外して聴いた方が先入観もなくて良いと思うし。まあ、このバンドはアルバムによって全然違うイメージもあったりするので私が一番良いと思う「FRAGILE」以外でも同等に好きなアルバムも数枚ありますね。

トレヴァー・ホーンverはYOUTUBEでちょこっと聴いた程度なんで言える立場ではないんですが、やっぱイエスっぽい雰囲気なのはトレヴァーverの方かも。

2020年05月20日 03:56

comment avater

UME

今日はイエスばかり聴いてます。
やっぱりこのアルバムが一番ですね。
(トレヴァー・ホーンではなく、オリジナルバージョンの方)
ちなみにイエスで一番好きな曲は危機収録の「SIBERIAN KHATRU」です。
プログレのお手本のような曲だと思います。
今日最近のライブ音源を聴いたんですが、ジェフ・ダウンズの音がダメ過ぎでした(汗)
この曲はやはりリック・ウェイクマンでないと!
ハウは・・・自由過ぎ(笑)
「KEYS TO ASCENSION」というライブアルバムに入っているバージョンが最高に格好良いです。
ビッグ・ジェネレーターも好きなアルバムなので聴きました。
あんなにレビンの色が強かったのかと初めて気付きました。
「FRAGILE」も聴きましたよ。

2020年05月22日 01:38

comment avater

K.A.E.

私がイエスの中で一番好きな楽曲となるとやっぱ「ROUNDABOUT」になります。ジョジョのエンディングテーマによく使ったなあ~と今でも驚きますけど、あの世界観と妙にマッチしてるのが逆に気持ち悪いというか何というか(苦笑)。

しかしクリス・スクワイアが亡くなっても未だにバンドが続いているのは何か違和感ありますね。あの人の存在はかなり大きかったと思うんですが...ロックの殿堂式でクリスの代役にゲディ・リーが出てきた時は驚きましたけど、ゲディがいつものプレイを押さえて控えめに弾いてるのがクリスに敬意表してるみたいで良かったですね。

プログレ関係のミュージシャンはメンバー交代がホントに多いんでプレイに差が出るのは仕方ないんですが、替えの利かないメンバーもいるから安直に替えてほしくないのが本音ですね。逆に成功例もあったりするのが侮れなかったりするんですが...

2020年05月24日 02:45

コメントの投稿