RecoverRecover
(2002/06/13)
Great White

商品詳細を見る


シルバーウィークも前半戦が今日で終了。特に大した事はしてないのだけど、とにかく部屋の掃除と洗濯を一気にやりたかったので、十分時間を使えて良かったなと。
で、音楽も最近は結構同じモノばかり聴いてたので、こういう時を利用してまともに聴いてないモノをこれまた一気に聴き倒して、新たな発見を見出したりする事が出来た。

で、今回のグレイト・ホワイト。彼等は80年代にもカヴァー集を集めたアルバム「RECOVERY LIVE」を発表しているけど、アレは微妙に自分達のオリジナルも入れてたので、純粋たる全曲カヴァーアルバムはこの「REOVER」が初という事になる...けど、彼等は結構カヴァー曲が多いので余りピンと来ないんだけど...

で、このCDをずっと後回しにしていたら何時の間にか廃盤いなってしまい(大汗)慌てて探しても見付からずじまいだったけど、先日ディスク・ユニオンの中古サイトにて無事発見し、即購入。しかもデラックス・エディション盤の2枚組だ。

で、肝心の選曲はというと

LOVE REMOVAL MACHINE (THE CLUT)
AGAIN AND AGAIN (STATUS QUO)
READY FOR LOVE (MOTT THE HOOPLE)
BITCHES & OTHER WOMEN (THE ROLLING STONES/FOREIGNER)
TANGLED UP IN BLUE (BOB DYLAN)
BURNING HOUSE OF LOVE (X : FROM L.A.)
AIN'T NO WAY TO TREAT A LADY (HELEN REDDY)
SIN CITY (AC/DC)
NO MATTER WHAT (BADFINGER)
FIRE AND WATER (FREE)
DOWN TO THE DOCTOR (DR. FEELGOOD)
LADY LOVE (ROBIN TROWER)

という、渋い選曲。ストーンズとフォリナーのメドレーは「TWICE SHY」の日本盤のボーナストラックに入ってたヤツと同テイク、DR.フィールグッドの「DOWN TO THE DOCTOR」は日本企画盤「THE BLUE E.P.」に収録されており(サックスは先日亡くなったクラレンス・クレモンズ!)それ以外は初めて聴いたモノばかりだけど、ヘレン・レディ(って誰?)の曲でジャック・ラッセルの声が異様に高いキーで歌ってるので、もしかすると過去に録ったテイクの寄せ集め的作品かも?

私的には先述の「DOWN TO THE DOCTOR」、L.A.のXのカヴァー「BURNING HOUSE OF LOVE」、ステイタス・クオーの「AGAIN AND AGAIN」、ボブ・ディランの「TANGLED UP IN BLUE」あたりが気に入った。フリーの「FIRE AND WATER」やロビン・トロワーの「LADY LOVE」も渋くて良い。
AC/DCのラウドさは本家に敵う訳ないし(苦笑)、ジェリーフィッシュやデフ・レパードもカヴァーしたバッド・フィンガーの「NO MATTER WHAT」は、単にバンドのカラーに合わない気がしたなあ。

また2枚目の方は

ONCE BITTEN TWICE SHY
ROCK ME
SAVE YOUR LOVE
SATURDAY NIGHT SPECIAL (LYNARD SKYNYRD)
SAME OLD SONG AND DANCE (AEROSMITH)
UNCHAINED (VAN HALEN)
ANY WAY YOU WANT IT (JOURNEY)
D'YER MAKER (LED ZEPPELIN)
ALL MY LOVE (LED ZEPPELIN)
IMMIGRANT SONG (LED ZEPPELIN)
WHEN THE LEVEE BREAKS (LED ZEPPELIN)
THE ROVER (LED ZEPPELIN)
STAIRWAY TO HEAVEN (LED ZEPPELIN)

となっており、アタマ3曲はオリジナル(って言っても「ONCE BITTEN TWICE SHY」はイアン・ハンターのカヴァーだけど)、後半のZEPの曲は「GREAT ZEPPELIN」から収録。残りはそれぞれのバンドのトリビュート作品に参加した時のテイクらしい。
1枚目と比べると、知名度のある楽曲をカヴァーしてるので非常に聴き易い。ZEPは言わずもがな、他のカヴァー曲も聴き応えがあってさすがプロのシンガーだなと納得。ミスマッチかな?と思ったジャーニー(しかも何でこの曲?)も上手くジャックなりに消化しており面白かった。

しかし、何でも歌えるシンガーってのもホントに良いな...と思わせる良い企画盤なのだけど、もし続編作る機会があればそれこそバッド・カンパニーやホワイトスネイク、ディープ・パープルなんか演ってもらいたいなあ。


「BURNING HOUSE OF LOVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SMZ-1zUSX3A

「DOWN TO THE DOCTOR」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=y_9LZiCF3Ac&feature=related

「UNCHAINED」曲のみ(G:DWEEZIL ZAPPA)
http://www.youtube.com/watch?v=h_j6xLwmJUI
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

IN PROGRESS / WORK OF ART (2011)

A DRAMATIC TURN OF EVENTS / DREAM THEATER (2011)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ぐれいとほわいと

最近、ジャック・ラッセルさんの体調が良くないらしくライヴでは別の人を立てて消化してるって話聴きました、大丈夫でしょうか、心配です。
このバンドもベスト盤よく出しますね、私もこの間怪しいベスト盤買ったばかりです・・980円だったんで。
新作作って来日して欲しいですね、曲はほとんど知ってるんで、潰れる前にぜひ観たい!。

2011年10月29日 15:39

comment avater

K.A.E.

そうそう、最初脱退?って思いましたが、体調不良が理由でしたか。まだまだ十分やれる年齢ですし、早く復帰してまた新作作ってくれないと。...しかし、代役ってジャックより凄いVo探すの大変ですよね。

怪しいベスト盤は確かリマスター盤のヤツじゃないですかね?私も価格の安さで興味あったんですが、選曲がちょっとイマイチだったんでスルーしましたけど。

確かにもう一度ライブの観たいバンドの一つです。ライブでの歌唱力の安定感は素晴らしいモノがありますからね。再結成後の楽曲もライブで聴いてみたいし!

2011年10月30日 13:34

コメントの投稿