ウィズイン・アンド・ウィズアウトウィズイン・アンド・ウィズアウト
(2011/07/06)
ウォッシュト・アウト

商品詳細を見る


3連休もあっと言う間と終わってしまい、相変わらず時間の流れが早いなと。
先々週から怒涛の夜勤3連週で明日からも夜勤だけど、休日とはいえやっぱ疲れも溜まってるみたいで、体内時計も狂いっぱなしで変な時間で寝て変な時間に目が冴えるという変な状態に...まあ、精神はずっと狂いっぱなしだけど(爆)。

で、今回の3連休の間にタワレコ恒例の3倍ポイントセールが実施されてたので、地元のタワレコへ前日行った隣県のタワレコの探し物を(無駄だと思いつつも)チェックしに行ったのだけど当然の如く売っておらず...(苦笑)
そのまま帰ろうと思ったけど、せっかくだからその同系統のミュージシャンのCDを2枚購入。余り馴染みの無い音楽性のミュージシャンなのでかなり新鮮な気分が味わえるだろうなと...そのジャンルとは今年の音楽シーンの一つのキーポイントになると言われてる”チルウェイヴ/グローファイ”。

元々はディスク・ユニオンのサイトで何気に色々チェックしてた時に

”仏産ドリーミー・ポップ最高峰 M83が2枚組となる集大成的作品 『HURRY UP, WE'RE DREAMING』 をリリース!!”

という記事を読んで、今までこのバンド名なんか聞いた事もないしちょっと興味を持ったのでYOU TUBEで探ってみたトコ、コレが宣伝文句そのままの音で、それを色々と聴いてるウチに、このテのジャンルをチルウェイヴ/グローファイと読ばれているジャンルに辿り着いた(まあ実際にM83はチルウェイヴ/グローファイの括りには入ってないみたいだけど)。

まあ普通に聴けば、エレクトロ系の音にマイ・ブラディ・ヴァレンタインの様なシューゲイザースタイルを足して、ヴォーカルにリヴァーヴ処理したモノなんだけど、そこに80s的なポップなメロディを適度に塗してる感じで、それまでありそうでなかった様な事を演っている。

そのM83は今週新作が発売されるのでまだアルバムは聴いてないのだけど、今日買った2枚:ウォッシュト・アウト「WITHIN AND WITHOUT」ともう1枚(それは後日レビューします)は両方共素晴らしい出来で満足。 因みにウォッシュト・アウトという名前はプロジェクト名であって、ナイン・インチ・ネイルズと同様なモノらしい。

エレクトロ系だから=クラブ/レイブというのはちょっと違う感じで、普通の日常にでも耐え得る音だと思う。例えでマイブラの名を挙げたけど、そこまでの音がギラギラしていないのし、逆にアンビエントっぽい雰囲気があるのであっさり聴けるのも良いと思う。
ただ、個人的にはYOU TUBEでチェックした時に聴いたデビューEPの様なメリハリのある音の方が好みなので、もうちょっとハジけ切れなかったのが非常に惜しい。

私自身はクラブやレイブには全然興味ないし行きたいとも思わないけど、面白いのは作ってる本人がこのテの音を作ってるクセして、クラブやレイブには全く行かないと公言してる事(爆)...良いのか?それで。

このアルバムはメジャーデビュー作で、国内盤は何とあの”よしもと”からのリリースなのか!?しかもアメリカではグランジ界隈での老舗のサブ・ポップから。そのお陰かどーか分からないけど、本国のビルボード初登場26位をマーク。今のビルボードは必ずしも売上げがチャートに反映される訳ではないので信憑性は置いといても、このテの音としては快挙といっても良いのでは?

デビューEPも欲しくなって色々なトコで探しまくったのだけど、限定2000枚のみらしく勿論廃盤。しかも本国のアマゾンではプレミア化しており$130で売ってるし。まあi-tunesのダウンロードで¥900で売ってるけど、ジャケットもなかなか良い感じだからやっぱ現品で欲しいなあ...

ともかくHR/HM系ばっか聴いてる私がこのテの音に興味を持つのは最近では珍しい事だけど、暫くは楽しませてくれそう。
映画三昧で3日間過ごそうと思ってたのに、予想外の出費で財布が寂しくなってしまったけど...まあ、こういう音と偶然出会う事があるから音楽聴くのは止められないんだよなあ~。


「ECHOES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=hkV-loGS-eI&feature=related


「BEFORE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ngZGi_37vv8&feature=related


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ERA EXTRANA / NEON INDIAN (2011)

THESE DAYS / BON JOVI (1995)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これもいい

今、最近の記事から読んでいってますが、どのバンドも同系統の色がありますね、英国系っぽかったんで向こうのバンドかと思ってましたがフランスなんですね。
昔のマンチェスター・ムーヴメントやシューゲイザーみたいな1つのジャンルを形成していってるんでしょうか、最近ではエモ系で止まってたんでシーンの動きをもうちょっと細かくチェックしないといけませんね・・ってちょっと反省です。
・・でも昔みたいな貪欲に新しい音楽を探してやろうっていう意欲が年々少なくなってきてまして・・歳か(笑)

2011年10月29日 14:41

comment avater

K.A.E.

いえいえ、このウォッシュト・アウトはアメリカで、M83の方がフランスです。でも、とてもアメリカの音っぽくはないですよね(笑)。

でも流行りのジャンルを追うという訳ではなくて、たまたま自分が「こんな感じの音が聴きたい」と思ってCD屋のサイトやらYOU TUBEで追っていったら見つけられた...といった感じですね。だから、この3つのミュージシャンを見つけられたのは嬉しい誤算でしたよ。

本編で書いたウォッシュト・アウトの限定2000枚CD、やっと中古で見つけらました!アマゾンの中古で¥4000以上だったのが、ユニオンのサイトにて¥1100!!
そのうちレビューしますが、私が購入を決めた曲を紹介します(再生回数150万回ってのも凄い!)。

http://www.youtube.com/watch?v=-DkslcOhytU

2011年10月29日 23:47

コメントの投稿