暗鬱暗鬱
(1995/08/25)
アネクドテン

商品詳細を見る


先日の3日の祝日に、久々に東京でCD漁ってきた。
本当の目的は西日暮里に住んでる友人を訪ねる為だったのだけど、その友人とは合流が夕方からだったので、折角東京行くならやはりハズせないだろう...と。前回フットサルの練習で痛めたアバラがまだ痛むし、先週から奥歯の歯茎が化膿して未だに腫れが引かない状況なのに、ホント懲りないというか何というか...
で、実は最初から狙っていたモノが3つあって、1枚は残念ながら見つけられなかったけど、残る2枚は無事にゲット。その1枚はスウェーデンのプログレバンド、アネクドテンのデビューアルバム「VEMOD」(邦題:暗鬱)。

これはもう結構前から気になってた1枚で、デビュー当時にBURRN!内でのディスクユニオンの広告でこのジャケ写がデカデカと載っていて「衝撃の1枚」だか何だかでプッシュを受けていたのを今でも覚えている。
プログレうんぬん...的なモノよりも、ブラック・サバスの1stみたいな雰囲気のジャケットの不気味さと邦題の「暗鬱」というタイトルだけで暗黒面がかなり強いんだろうなあ~と、常々思いながら今まで購入に踏み切れてなかったのだ。

で、ようやくユニオンの新宿プログレ館にて中古盤を発見したので捕獲、¥2100でした。もう結構前の作品なのにまだこの金額って随分強気だな...と思いながらも、また逃すと今度は何時になるか分からないからここらで妥協するかと。

で、早速聴いてみると、多くの人達が絶賛する意味が冒頭の1曲だけでよく分かった。明らかにキング・クリムゾンの再来だと。私みたいなクリムゾンに疎い人ですら直ぐに分かるのだから、デビューアルバムでこの音出されたらプログレマニアの方々は間違いなく悶絶モノでしょ。まあ、元々クリムゾンのコピーバンドから始まったバンドらしいので、似てて当然かと。
また演奏の方も申し分なく、ギターのロバート・フリップ度はかなりのモノだし、ドラムもビル・ブラッフォードばりのプレイも聴き所。またプログレマニアではない私が何故か好きな楽器である(笑)メロトロンを大々的に使いこなしているのも大きなポイントだ。

邦題で「暗鬱」と使われてるだけあって、重く暗く悲しく寂しく...といった要素が満載なので、そのテの音が好きな方には間違いなくお気に入りの1枚になるであろう事は確実。私みたいにクリムゾンに思い入れが無い人でも十分に楽しめた。そーいや、ポーキュパイン・トゥリーにも若干似てる雰囲気があるなあ(つまり内向的という事)。
少し苦言を呈するなら、ボーカルのヘタウマ加減がかなり微妙だという事。声質は良いのだけど歌唱力は...ってな感じだけど、雰囲気重視と捉えるならギリギリで許せる範囲かな。それと全体的に似た様な印象の楽曲が多いので、メリハリがなく一辺倒に聴こえるトコもツメが甘い感じがした。

既にオリジナルアルバムは数枚発表されており、2度ほど来日公演も行われてるので(2度目のツアーの時にはメロトロンがステージに3台(!)用意されたらしい)ここ日本でも受け入れられているんでしょうなあ。
アルバムを発表する毎にクリムゾン色は薄くなってるみたいなので、オリジナリティーは最新作になるのだろうけど、コレはコレで衝撃を受けるには十分な作品だと思う。
ちょうど今の様なこれから寒くなる時期には打ってつけの世界観なので、聴く頻度は高くなりそうだ。


「KARELIA」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=EMgUicXgFGA

「WHERE SOLITUDE REMAINS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=PPH5Ybx1294&feature=related

「SAD RAIN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Zbum2Vm0E1U
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE BEST OF BOTH WORLDS / VAN HALEN (2004)

BIG MONEY / HOUSE OF LORDS (2011)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

おぉ~、買われましたか、私も持ってます(同志ですね)、でも思ったよりは私好みの筈なのに聴く回数少ないです、これならクリムゾンを聴き込めや!って思いました。
当然、好みのサウンドで良い作品なんですが、本家と比べるとどうかな~って思いました、でも大好物なブツではあります。

2011年11月19日 00:37

comment avater

K.A.E.

やっぱその原因はVoの弱さではないか?と。
音や楽曲は素晴らしいんですよ、本家よりも優れていると思う節は幾らでもあるし、当時クリムゾンの再来と言われた意味もよく分かりますし。
単にマイナー臭さが残ってしまった事と、時代背景が違う事が原因かと思いますね。2nd以降徐々にこの路線から外れてしまったらしいですが、お金に余裕のある時にでもチェックしてみようかと。

2011年11月20日 18:36

コメントの投稿