Hold Your FireHold Your Fire
()
Rush

商品詳細を見る


しかし、何故か急に色々と予定が入って忙しくなってしまい、折角の休みでも色々と動き廻ってる感じでゆっくり休めない。ホントは昨日今日と近所のGEOにてレンタルDVDが¥50セールやってるので借りに行きたいのだけど、観る暇がないから無駄だろうなあ~。
給料も出た後なので、タワレコポイント3倍セールもやってるからタワレコ行ってCDチェックしてきても、自分の欲しいCDが全く置いてなかったので、結局無駄足になってしまったし...まあ、先日のサバスのブラックBOXで急な出費だったから無理して買う必要もないんだけどね。

今週はそのタワレコのサイトから注文したラッシュの新作ライブBDともう1枚頼んであるブツが届く予定なので、それも今から楽しみなんだけど、とりあえずそのラッシュの過去カタログから、何故か今まで書いてなかった「HOLD YOUR FIRE」をチョイス。発表は1987年。

このアルバムの頃には既に洋楽の道に足を踏み入れてたのだけど、このバンドの存在は全く知らなかった...というより、このジャケは当時レコード屋で貰える新作情報のチラシで見た覚えがあって、その時の印象が「随分シンプルなジャケだな~」と(笑)。
当時はそれ以外全く耳にもしなかったし興味もなかったのだけど、もし聴いてたならその後の洋楽人生に大きく影響があったと思う。

以前も語ったけど、私は「COUNTERPARTS」「SIGNALS」と同様にこのアルバムも大好きで、過去の代表作よりも何故こっちが好きなのかというと、ラッシュの作品の中でも最もメロディアスな作風だからかな。
ゲディの声も初期みたいに高音で叫んでる感じではなく自然な感じで歌ってるのが聴こえるのも影響してるのか、いつもは物凄いテクニックで圧倒してる演奏も幾分控えめな割りには、きちんとバンドらしさは残ってるという、ちょっとだけバンドの本質から外れてるのも良い。
楽曲も初期の様なバリバリのHRスタイルではなく、キーボードを主体としたポップな雰囲気を持つ、当時のチャートを意識した様なスタイルなので、聴き易さの点では全アルバムの中でも一、二を争うと思う。

まあ、コレが原因だと思うけど当時のBURRN!誌では「ポップ過ぎてHRらしさが足りない」的な事を書かれてしまっていたのだけど、こういう一次元的な偏った評価がここ日本でのバンドの評価を下げる要因だったのではなかろうか?
このバンドにHRのスタイルだけを求めているファンがどれだけいるのか正直分からないけど、少なくとも変化を全く恐れないバンドというのは既に「PARMANENT WAVES」の頃から立証済みだった訳で、テクノロジーの進化と共にバンドの興味がこの路線に移行しただけの事だったのに、今のBURRN!の編集長の人が「この路線が次作に続く感じなら、ラッシュなんて凄くない!と断言しようとした」なんて言ってたのは、正直呆れ返ってしまった。分からないなら無理して語らなくても良いですよ...って逆に言いたいくらいだ(笑)。

今回のライブBDには久しぶりにこのアルバムから「TIME STAND STILL」がプレイされてるのが嬉しい。この曲も、今のバンドが演奏するのに最も意味のある楽曲に思えるからだ。因みに、この曲のバックコーラスを務めてるのは当時ティル・チューズデイに在籍してたエイミー・マン(PVにも登場)。後にソロ作でああいうスタイルに変わっていくとは、この曲を聴いた時点では全く思わなかったな。
あとは「FORCE TEN」や「MISSION」あたりがよくライブで演奏されるけど、「OPEN SECRETS」や「HIGH WATER」「LOCK AND KEY」あたりもライブでどんな感じになるのか聴いてみたいんだけど...マイナーな曲だけのライブでも、彼等なら十分に成立するハズだと思うんだけど。


「TIME STAND STILL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=UTFHwTKWawU


「OPEN SECRETS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2pwIPU4_dg8&feature=related


「LOCK AND KEY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=adBF2c7budI

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TIME MACHINE 2011:LIVE IN CLEVELAND / RUSH (2011)

MOTHER'S MILK / RED HOT CHILI PEPPERS (1989)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

らっしゅ~

私もこの当時、洋楽と邦楽を半々くらいに聴いてた頃ですね。
FMステーションにジャケ写が載ってて気付きました、当時はこういうテクノロジーを使いまくった音楽が主流だったんで純粋なロック・ファンからは嫌われるのも無理は無いんですがPOPSとか聴いてる人からすると十分ロックだと思いますが。
B!は当時の風潮でコレを賛辞すると批判される空気があったんでしょう(ちょっと前のグランジの時みたいにね)それにしてはプリストのTURBOは高得点でしたが・・どこが違うんじゃい・・と。
B!を購読し始めたのは'88年10月号なんですがバックナンバーとかで当時の空気は分かりました。

2011年11月27日 19:07

comment avater

K.A.E.

BURRN!誌1987年11月号にこのアルバムのレビューが載ってるんですが、その時は94点という高得点で「既にHRとかそういう次元を超えている」としっかり評価されてるんですよ。
でも「PRESTO」の時のレビューで実に的外れでいい加減な評価をしてるんで、これがどうも癪に障るんですよね。ただそれだけです(笑)。

でも某音さんの言うとおり、ポップス系を聴いてる人からすると十分ロックサイドの音ですよね。「FORCE TEN」では結構ロックしてますし。

ラッシュのライブBD、今日届いて本編だけ早速観ましたが相変わらず凄いです。至福の3時間、余韻残りまくりで冷静になれません(爆)。冷静になったら、残り観てレビューする事にします!

2011年11月30日 22:01

comment avater

ume

このアルバムは兄が持ってて聴いたのがきっかけです。
個人的には「TIME STAND STILL」はラッシュの中で1
番好きな曲です。
今度のライブ盤買うか考え中です。
この間のK.A.E.さんに紹介して貰ったラッシュの映像を見て以来、ラッシュ熱が上がっています!!

2011年11月30日 23:55

comment avater

K.A.E.

「TIME STAND STILL」はホントに名曲ですよね!

「A SHOW OF HANDS」のライブ版では、ゲディの高音がかなりキツそうでサビで無理して声上げてる様に聴こえるので、今回のライブみたいに自然に聴こえるテイクが採用されて良いと思います。
先に映像観てしまってますが、CD盤の方も購入するつもりです。

本編でも語ってますが、もし今度のライブで取り上げて欲しいのは「HIGH WATER」か「LOCK AND KEY」プレイして欲しいですね。

2011年12月04日 17:08

コメントの投稿