イン・アブセンティアイン・アブセンティア
(2006/09/27)
ポーキュパイン・ツリー

商品詳細を見る


ここ最近、HR/HM系ミュージシャンの闘病生活が相次いで発表されて、少し気が気でない。
まずは昨年、いよいよオリジナルメンバーで再結成し新作が予定されているブラック・サバスからトニー・アイオミが早期の悪性ガン細胞が発見されて、続いてライオットのマーク・リアリがクローン病なる病状で危篤状態だという。
昨年のロニー・ジェイムズ・ディオといい、大御所と呼ばれる人達ももうそういう年齢に差し掛かってるとはいえ、こういう話を聞くのはやはり内心穏やかにはなれない。特にブラック・サバスは新作は勿論、来日公演も期待しているので、ちょっとショックが...まずは自身の健康が最優先なんで、無理だけは絶対にしなで欲しい。

さて、先日アマゾンのバーゲンセールを覗いていた時にこのアルバムが目に入ったので、とりあえず頼んでみた。ポーキュパイン・トゥリーの2002年作「IN ABSENTIA」。国内盤約¥1000引きでゲット。

考えてみりゃ、このブログを始めた当初umeサンや某音サン達に薦められたのがこのバンドの「DEADWING」だったんだよなあ~(遠い目)。
その「DEADWING」も未だにレビュー書いてなかった事にも驚きだけど(大汗)このバンドは日本で注目されたのがデビューから10年以上も経ってからだったので、正直過去作を辿るには何処から聴くべきなのかよく分からず(実際に何枚アルバム発表されてるのか分かってないし)それこそ他人のレビューなどで情報を得るしかない状況なのが(雑誌では大きく取り扱われないバンドなので...)このバンドを知る唯一の手掛かりというのも悲しい限り。

しかし、このアルバムがその「DEADWING」の前作にあたるという事、そして評判もブレイク直前という事で勢いに満ちたアルバムという情報を知ったので購入を決めた。
ただ、何と言ってもこのジャケのセンスは如何なモノかと...「ドーン・オブ・ザ・デッドかよ?」と突っ込み入れたくなる感じで、ちょっと怖すぎ。知らない人に薦める時にこのジャケ見せたら間違いなくドン引きで拒否反応される事必至でしょう(苦笑)。

肝心の内容は、このバンド特有のスタイルである”HR/HM寄りのプログレ”は健在で、しかも非常に聴き易い音質なので難解度は殆どないのも特徴かと。全体的にまとまりのある感じで、少し独り善がりの雰囲気がある「DEADWING」よりも一般的にアピール出来る様にも聴こえた(ジャケ以外は/笑)。ギターの音がHR/HMの音像に近く、私的にも好みだし(笑)。
お気に入りはライブDVDにも収録されている「BLACKEST EYES」「TRAINS」「WEDDING NAILS」「3」「THE CREATOR HAS A MASTERTAPE」「STRIP THE SOUL」あたりかな。

日本での知名度もそこそこ上がってはいるのに、何故か余りパッとした印象がないのもこのバンドらしいと言えばそれまでだけど、そろそろ最新作で物凄いモノ作ってくれる事を期待したい。出来ればこの路線で演ってくれると非常に期待も膨らむのだけど、さて如何に...


「BLACKEST EYES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Yh9osYZNilU

「TRAINS」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=U1q50WKVRUM

「3」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=bnbpxndpFV8
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE OVER EUROPE / BLACK COUNTRY COMMUNION (2011)

DEAD CITIES, RED SEAS & LOST GHOSTS / M83 (2003)

comment iconコメント

comment avater

ume

トニー・アイオミとマーク・リアリの事知らなかった。
二人とも早く良くなって貰いたいです。
トニーはサバスの再結成があるし、マークも新作が素晴らしかったのに・・・

私の中ですっかり熱が冷めてしまった(汗)PORCUPINE TREE 。
「DEADWING」はすごく好きなんですが、それ以外は正直あまりパッとしなかったんです。(ライブは最高でした!!)
このアルバムも持っているんですが、あまり聴いていません。
でも、偶然今日久しぶりに聴こうと思っているCDに入れた(別の場所に置いて聴こうと思っているのを並べている)ので、近いうち再度聴くと思います。
あと、リーダーのスティーヴ・ウィルソンはいろいろとプロジェクトをやっていますが、実はそっちの方も意外と良いんですよ。

ちなみに今はWARRIOR SOULの1stを聴いてます!!
久しぶりに聴いたけど、格好良いです。

2012年01月15日 23:37

comment avater

K.A.E.

ウォリアー・ソウルって随分懐かしいですね。まだ活動してるんですかね?

ポーキュパイン・トゥリーは、このアルバムの方が新作よりも評判良いみたいなんで、金額も安かったんで購入したんですが、私的には「DEADWING」よりも気に入りましたね。「DEADWING」は1曲単位で聴くと凄く良いんですが、アルバムで聴くと集中力が途中で切れちゃうんですよ。何故だか分からないですが。

スティーヴ・ウィルソンの別プロジェクトって、結構色々やってますよね。ソロもバンドより良いって話もありますし、お金のある時にでもチェックしてみたいです。
でも、まずはこのアルバムを聴き倒してからですね!

2012年01月19日 21:38

comment avater

某音楽馬鹿

うそだぁ~

アイオミ様がそんな事になってたなんて知らなかったです、でも「早期の悪性」って分からんですね、大丈夫なのか、それともいかんのか。
まぁ本人も雑誌とかで観るかもしれないのに大々的に「手遅れ」とかは書かないでしょうが、他の癌を克服したミュージシャン同様、復帰してください、お願い。

そういえばお勧めしてましたね、ポキュパ。
デッドウイングが傑作だったんで私も後追いでこの作品買ったんですが最初期以上、デッドウイング以下といった感じです、良い作品ですよ~。
最近の作品も良いんですが何か薄味になってる気が・・。

2012年01月22日 15:12

comment avater

K.A.E.

ホント、よりによって何でこの時期に?って感じで、凄くショックです。確か半年くらい前にジョン・ロードもガン治療行ってるってニュースになってましたが、こういった事態は避けられないにせよ、余り聞きたくない話題です。
ロニーの時も初期とか言われていて、結果早まってしまった訳ですが(まあご子息の話ではロニー自身が早期発見を怠ったからと言ってましたが)アイオミにはまだまだ仕事が残ってるんだから、元気でいてくれないと困りますよ。まあ、何はともあれ、健康第一だから無理だけはして欲しくないですけどね。

某音さんは確か紙ジャケで数枚購入してましたよね?まあ、初期の頃は全然知らないので、近作ならそんなに音楽性のズレはないだろうと踏んで購入しましたが、気に入りましたね。
ただ、このバンド(というか、スティーヴ・ウィルソンですが)は結構作品によって音楽性にブレがあると聞いてるので、とりあえずは「DEADWING」と併用で十分かな?と思ってます。

2012年01月23日 13:35

コメントの投稿