FC2ブログ

PrestoPresto
(2008/01/13)
Rush

商品詳細を見る


早くもブログを再開してから1週間が経とうとしているけど、このブログも含めて各ブログ(他にも「日々の雑談系」と「映画版ブログ」を作成)のタイトルを決めるのに、今回はちょっと悩んだりした。

まず、基本は『楽曲のタイトル』から取ろう、と。
そして、ブログの内容と噛み合うタイトルを...と。

そう考えた時、私の「人生のサウンドトラック」と言えるバンド、ラッシュが浮かんだ。
確か、前回もラッシュの曲名から取ったっけな...と思ったけど(苦笑)このバンドの曲名は結構意味が含まれているモノが多いので、こういう事に関しては狙い目だったりするのだ。
で、映画版は「MOVING PICTURES」(そのまんま/笑)
雑談系は「TIME STAND STILL」
そして音楽版は「SPIRIT OF RADIO」ですよ。
ま、この音楽版のタイトルに関しては当時ラッシュ自身が皮肉ってた内容をそのまま引用して、逆の発想もあるんだよ...と意味で付けたりしたんで、ちょっとタイトルと趣旨とはズレてしまうのがイタいトコでもあるけど...

さて、何でラッシュのアルバムの中でも地味な部類に入るこのアルバムをチョイスしたのかというと、私のラッシュの初アルバムがこのアルバムだったから。
『プログレと騒がれてる割りには、随分とシンプルじゃん!』
コレが私の第一印象。そりゃそーですよ、この時期のラッシュは例の「アルバム4枚ライブ盤1枚で新機軸を打ち出す」方程式の、正に新機軸なアルバムだった訳ですから。
でも普通にすんなり聴けたので、コレでラッシュに興味を持てた事は非常に良かったと思う。コレが「鋼の抱擁」だったら絶対に好きになってなかったと思うし(笑)。

このアルバムでは「SHOW DON'T TELL」「CHAIN LIGHTNING」「THE PASS」「ANAGRAM」「HAND OVER FIST」などが好き。全体的に音が軽めなのが好きではないけど(コレはリマスターでも改善されてなかったのがイタい...)まあ、楽曲が良いので大目に見よう。

また、アルバム全体が今の時期にもぴったりな雰囲気も好きな理由の一つだったりする。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SEASONS END / MARILLION(1989)

TEARS ROLL DOWN / TEARS FOR FEARS(1992)

comment iconコメント

コメントの投稿