Essential HeartEssential Heart
(2002/11/26)
Heart

商品詳細を見る


唐突ですが、最近私のPCが調子がおかしくて苦労を尽きない。
まずumeさんのトコに書いた昨年度のベストアルバム選曲を書いてる最中、もう少しで打ち終わるというトコでいきなり全部消えてしまったり(あの文章は2回目です/苦笑)昨夜はこのブログ更新しようと思ったら全然ネットに繋がらなくて、暫く設定いじっても全くダメ。仕方ないから翌日プロバイダーに電話して確認するか...と諦めムードで夜中最後に立ち上げたら何の問題もなく立ち上がってるし。
来月は車検があるし、金欠のこの時期でPCが天に召されるのは非常に困るんで、何とか動いてくれるのは助かるけど(って購入してからまだそんな年数経ってないけど)原因が分からないってのが一番厄介なんだよなあ...

とまあ、何とか動いてるのでレビューいきます。
先日アマゾンのバーゲンセールを何気に覗いてる時に目に入ったハートの2002年に発表された2枚組ベスト盤「THE ESSENTIAL」が輸入盤だけど¥980と破格値だったので捕獲。国内盤だと¥3780する代物なので(BLUE-SPEC CDだと¥4980!)なかなか購入が後回しになってたのだけど、ディスク2枚目の方はアルバム持ってるモノばかりなので、初期を手っ取り早く知るには打って付けの金額という事で良い買い物でした。

2枚組37曲収録、バンドの長い歴史を網羅するにはこの位のボリュームじゃないと語れないだろうけど、驚いたのは時代によってレーベルが4つも変わってるのにまとめあげた事。最近では余り珍しい事ではないけど、さすがに4つともなると色々と権利関係とかがこじれそうなイメージがするけど、こういう粋な事をやってくれないとファンとしては有難味は感じないだろうなあ。例えば、初期のマッシュルーム時代のベストを今の時代に作ったトコでどれだけ売れるか?なんて想像も付いちゃうし(笑)。

ってな訳で、私の興味はやはり今まで余り馴染みのなかった初期~中期の楽曲を収めたディスク1枚目。「BARRACUDA」や「CRAZY ON YOU」あたりは知っているし、以前レビューした「THE ROAD HOME」収録の楽曲も勿論知ってるけど、あのアルバムはアコースティックアレンジなので原曲とはまた違うモノなんで、かなり新鮮な気持ちで聴けた。
80年代に復活した音楽性とはまた別なモノだけど、アン&ナンシーが敬愛するレッド・ツェッペリンの様なスタイルを基盤に独自のスタイルを合わせた音楽性は今の時代に聴いても十分響いてくる。
またアンの歌唱力はデビュー当時からズバ抜けてたのも凄さを感じるし、何故ハートが今の時代のミュージシャンからリスペクトされているのかもよく理解出来た。

ちゃんと低迷期の作品からも数曲チョイスされているし、勿論80年代黄金期の楽曲も漏れていない、素晴らしい選曲だと思う。お約束の(?)ZEPの「ROCK AND ROLL」のライブカヴァーも収録されて、正に聴き所が多い。
またリマスター効果によって音がかなりクリアになり、今までずっと不満があった(といっても、当時のCDでは仕方ない事なんだけど)「BAD ANIMALS」の音にはホント感動すら覚えた。「ALONE」がやっともともな音で聴けたと(笑)。

私の様なバンドの初期を余り知らない者や、バンドを全く知らない人にも十分お薦め出来る1枚だと思う。


「BARRACUDA」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=hpkitLUbeEg

「HEARTLESS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=aLmSRt1MMrw

「THESE DREAMS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=41P8UxneDJE&ob=av2e
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

INFERNO / MOTORHEAD (2004)

LIVE OVER EUROPE / BLACK COUNTRY COMMUNION (2011)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

はーと

もう、全盛期の音楽性に戻す気も無いんでしょうが、'80年代のハートはかっこよかったです。今は今で初期の雰囲気を再現しててそれなりに良いんですが最新作の恐ろしいくらいの地味さはなんとかしましょうね。
パフォーマンスが衰えないのも見事です、日本に来たら観に行きたいな~。

2012年03月25日 13:44

comment avater

K.A.E.

90年代初期に来日して以来、暫くご無沙汰ですよね(って、ご無沙汰なんてレベルじゃないですが/苦笑)。でもアン姐さんはイベントで何度か来てた様な...
私も「BRIGADE」の時に観に行けば良かった...と今更ながら後悔してますね。あの頃が一番音楽的にもツボだった頃なので。
でも、こうしてベスト盤聴いてみると音楽性の移り変わりがはっきり分かって面白いですね。やはり80年代の復活劇はなるべくしてなった賜物かと。

2012年03月25日 18:22

コメントの投稿