インフェルノインフェルノ
(2004/07/21)
モーターヘッド

商品詳細を見る


先週は久々にフットサルの練習があったので、その帰り道にあるブックオフに寄って色々チェックしてたのだけど、モトリー・クルーの1st~4thまでのBOXセットが¥2500で売ってたので非常に迷ってしまった。
先日発売されたモトリー・クルーの自主制作盤1stアルバムBOXなんてオマケにTシャツくっ付けて¥1万弱の金額なんて、今のご時勢売れる訳ねーだろと。しかし、評判の良い自主制作盤はやはり聴いてみたいしなあ~と思うと、このBOXセットは見過ごせないかな?と。

しかし、このCD見つけてしまったんでモトリーはちょっと保留にしてこっちを買ってしまった。レミー率いるモーターヘッドの2004年発表の作品「INFERNO」。

「極悪レミー」を観て以来このアルバムがずっと気になってたのだけど、金額見た時に中古で¥1550はちと高いかな?と思いつつも、なかなか購入する機会も無いかな?と思って購入。輸入盤だと半額以下だけど、日本盤にはボートラでストーンズの「JAMPIN' JACK FLASH」のカヴァーが入ってて、しかもCDエキストラでPV2曲とライブ1曲入ってるのでちょっとお得感があったのでこっちにしたと。

じゃあ、何故数あるモーターヘッドの作品の中でもこのアルバムが気になってたのかというと、単にバンド初となるブルース曲「WHOREHOUSE BLUES」が入ってるから。またこの曲、いつもパターンではなく(笑)アコギとブルースハープだけというシンプルな構成で、レミーの声がまた渋くて非常にカッコイイのだ。
大体、今までのアルバムは最初から最後まで爆音ですっ飛ばして終わるというパターンなんでレビューする側としては非常に書きづらいのだけど(笑)このアルバムはこういう曲が1曲でも入るとかなり印象が変わるという典型的な例かと。

また冒頭の「TERMINAL SHOW」では「極悪レミー」にも登場したスティーヴ・ヴァイがゲスト参加しているのだけど、ヴァイの独特のトーンがあるにせよそんなに違和感もなく、むしろレミーに敬意を払ってプレイしているのが伝わって好感が持てた...って、レミーと絡めばむしろ飲み込んでやる的なモノなんだろうけど(笑)。

全体的には、いつものノリにHMのエッセンスが多めといった感じなのでマンネリに陥ってないトコも新鮮に聴こえるのが非常に良いと思う。

しかし、マジでこの親父はどこまでも突っ走るんだろうなあ...と非常に頼もしい限り。最近、大物ミュージシャン達がこぞって病気が発覚して大変な事になっているけど、レミーも糖尿病を患ってるとはいえ末長く活動し続けて欲しいと願うばかりだ。


「TERMINAL SHOW」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=spOabIgcxlE

「WHOREHOUSE BLUES」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=uJ7Voy9YK1I&ob=av3n

「KEYS TO THE KINGDOM」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=MSIIMgCzIY4&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CREAM OF THE CRAP! Vol.1 / THE HELLACOPTERS (2002)

THE ESSENTIAL / HEART (2002)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

れみぃ

糖尿病くらいではこの人はくたばりませんぜ(笑)
知人に糖尿病で足切った人居ますが元気だし、見たところまだ軽度のようですし、でもジャックのコーク割りがいかんと思うのは私だけではない筈。
最近ライヴも出しましたがそれはHPで書くとして、くたばる気配すらないって怖いモノを感じます、オジーさんとかと一緒に研究所で調べてもらったら何か凄い将来に役立つデータ採れそうなレベルで(笑)・・本人は暴れそうですが。
やっぱりロックの周波数が何かあると私は見てますが(スティーヴン・タイラーさんやミック・ジャガーさんとかの元気さから何かそんな感じが)

2012年03月25日 13:38

comment avater

K.A.E.

確かにこの人とオジーは一度病院へ”検体”として診てもらった方が良いかも(笑)。

でもロック好きの人達はホントに老けないんですよね(特にメタル系)。それだけはホントに謎ですよ。私事で恐縮ですが、私を知らない人に年齢聞かれて正直に答えると皆本気でビビりますからね~(笑)。

ともかく、この作品は久々のトータルバランスの良い作品だと思いました。彼等の作品はどれ聴いても殆ど同じだから(笑)こういうメリハリのある作品だと聴き応えも十分に感じられますね。

2012年03月25日 18:28

コメントの投稿