ライヴ・アット・レディング(DVD付)(紙ジャケット仕様)(初回限定生産)ライヴ・アット・レディング(DVD付)(紙ジャケット仕様)(初回限定生産)
(2009/11/04)
ニルヴァーナ

商品詳細を見る



先日のグラミーアワードにてフー・ファイターズが受賞したというニュースを聞いて、ふと思ったのはもしカートがこれを知ったらどんな気持ちになるのだろうか?という事だった。
勿論、フー・ファイターズを貶してる訳ではないし、もしカートが今も生きていたらフー・ファイターズが存在していたかどーかも分からない。だけど、以前レミーの映画に出たデイヴ・クロールが自ら発した「金持ちになったキース・リチャーズからはリアルな感情は伝わってこない」という言葉は、そっくりそのままデイヴが受け持つ事になったのは物凄い皮肉かと。

ニルヴァーナが伝説になったのはたった1枚のアルバムで音楽シーン全体を塗り替えてしまった事にあるけど、そのアルバム自体は何の変哲もないロックアルバムだったし、カートの悲劇的な死が更にバンドを神格化してしまったのもある意味残念な部分かと。
ニルヴァーナ?ああ「NEVERMIND」は...でバンドを語られてしまうのは全く本質を見極めていない事に繋がるし。

私は余りこのバンドに思い入れはないけど、「NEVERMIND」だけでバンドを語ろうとは全く思わない。じゃあ、彼等の本質って一体何なんだろうか?となると、やはり3枚のオリジナルアルバムとアンプラグドライブ盤、そしてライブ盤になるのだろうけど、どーせなら映像も...という事でこのアルバム「LIVE AT READING」を中古で購入した。

以前出たライブ盤「FROM THE MUDDY BANKS OF THE WASHKAH」は、断片的に色々なライブを切り貼りして繋げた作品だったけど、このアルバムはクリス・ノヴォゼリック自身がバンドのベストパフォーマンスと断言するライブの一部終始を収めた作品。

コレが悪い訳がない!まだこの時には3rdアルバムが発売される前だったので1stや2ndの曲やカヴァー曲で構成されているけど、この時既に新曲として「TOURETTE'S」「ALL APOLOGIES」「DUMB」が披露されている点がポイントだけど「TOURETTE'S」の勢いは物凄い。こういう事をさらっとやってのけるのは、センスが良いというか。

DVDの方も、もはや現実には存在しないバンドの姿が鮮明に記録されており、やはりカートの姿に釘付けになってしまう。天才と持ち上げるつもりはないけど、ミュージシャンとしての非凡な才能は間違いなく持っていたと思う。

でも、もうこのライブから20年っすか...その20年の間にこれだけ生々しい音を出すバンドが一体どれだけいただろうか?また、この影響下にあるバンドが今も数多く存在している事がこのバンドの凄いトコだったんだ...と今更ながら知らされた気分だ。


「BREED」↓
http://www.youtube.com/watch?v=h2JgqF384cU

「TOURETTE'S」↓
http://www.youtube.com/watch?v=wlVdPl-oEmg&feature=relmfu

「ANEURYSM」↓
http://www.youtube.com/watch?v=PvwqSMRtoSI&feature=relmfu
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

JAILBREAK / THIN LIZZY (1976)

UNDER THE IRON SEA / KEANE (2006)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

にるばーな

このバンドも表舞台から去って随分になりますね、カートさんが亡くなったというニュースが世界中を駆け抜けたのがついこの間のようです。
私はフーの方は別バンドだと思ってます、ニルヴァーナから苦悩を取り去ったバカ正直なロックとしてかなり好きな存在です、あの地味なドラマーさんがこんなになるなんて分からないものですね。

2012年03月25日 13:19

comment avater

K.A.E.

カートの自殺報道は正直なトコ「やっぱり」でした。3rdアルバム出した頃から何か雰囲気が怪しかったし、度重なるドラッグの話題が「そろそろヤバいんじゃないか?」と思ってたらやはり...的な感じで、驚いたのは驚いたけど、同時にこれでシド・ヴィシャスと同じく祭り上げられるんだろうなあ~と率直に思いましたよ。

でも、このライブはそういった事を抜きにしても良いライブだと思いました。最後に延々と続く破壊劇の後にアメリカ国歌を演奏しダラダラ終わるシーンは何処かグランジの象徴的なモノも感じましたね。

2012年03月25日 21:55

コメントの投稿