シーズ・ソー・アンユージュアル(紙ジャケット仕様)シーズ・ソー・アンユージュアル(紙ジャケット仕様)
(2008/06/18)
シンディ・ローパー

商品詳細を見る


友人からの恐ろしいマリリン・マンソン(笑)のライブを蹴って、久々のライブに選んだのはシンディ・ローパー。 最後に観に行ったライブは2年前のイット・バイツ以来なので、ホントにご無沙汰だったなあ。

しかも今回は得意のHR/HM系ではなくポップ系のシンディ。自分自身でも意外なチョイスかと思いきや、一度はライブを観てみたいと思ってたし、昨年の震災直後の日本に留まり素晴らしいライブを披露したという話を聞いて、やはり観ておかねば”!とチケットを取ったのだ。
ぴあ先行予約で取ったのにも関わらず結果は1階最後列。しかも今日会場着いたら若干当日券が出るという話になってて、要は当日でも買えたじゃねーか!と。相変わらずナメた真似しやがってるなあ。

開演前に席に着き、写真撮ってぴあの悪行をネットで晒してやるか...と携帯取ったらすかさず係員が飛んできて未遂に終わる。ライブ以外でも写真撮影ダメなのか?
因みに帰り際にもう一度トライしたけど、また直ぐに係員がすっ飛んで来た。何故、そんなに拘ってるんだろうか??(まあ、2回も試みるヤツもどーかだけど/笑)。

しかし、ライブは本当に素晴らしかった。
ライブの始まりが物凄くそっけなく、メンバーがぞろぞろ持ち場に着いたらシンディがあっさり登場し、歓声が上がるも直ぐにMC。今回のライブの意図を軽く説明して1曲目「SHE BOP」スタート。しかも観客のノリが爆発的というよりは戸惑ってる感が漂う。
だって、シンディが出てきても3割くらいしか席立たないし...お前らライブ観るの初めてかよっ!?って突っ込みたくなった(苦笑)。

でもシンディの歌唱力は約90分間のショーの最後まで全く衰えない。むしろ凄みさえ感じる。以前CDのボーナストラックでのライブを聴いた事があったけど、そのライブでも歌上手いなあ〜って思ってたけど、その若かりし頃よりも上手さが増してる。ちょっとシンディ舐めてました...

構成は最新作のブルース曲を含む、これ以上は望めない正にグレイテストヒッツ集。プリンスのカヴァー「WHEN YOU WERE MINE」(何とシンディがリズムギターを披露)や、マーヴィン・ゲイの「WHAT'S GOING ON」も選曲、意外な選曲は「GOONIES 'R' GOOD ENOUGH」。まさかコレが入るとは思わなかった。だったら、「HOLE IN MY HEART」も演って欲しかったなあ。
アンコールでラスト曲「TRUE COLORS」をキーボードとブルースハープのみで聴かせるアレンジには、不覚にも涙腺が緩んでしまった(シンディも、この曲のMCで涙声で言葉に詰まってた...けど、直ぐにジョークで切り返すのはらしいと思った/笑)。
震災後のライブが話題になったお陰で、一躍善意の人みたいな扱いになっているけど、震災うんぬん抜きにしてもそれ以前にミュージシャンなんだよねえ。

本当に、過去様々なライブの中でも最高のライブだった。ライブ前は「最後尾だからゆる〜くノれる程度で...」なんて思ってたけど、とんでもない!最後まで見事にノせられましたよ。何曲かは鳥肌モンだったくらいだし、コレもシンディの力量って事でしょう。明日は東京最終日だけど、行ければまた観たいぞ!

ってな訳で、そんなシンディの出世作となったデビューアルバム「SHE'S SO UNUSUAL」(邦題:NYダンステリア)。昨夜のライブでも「MONEY CHANGES EVERYTHING」「GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN」「WHEN YOU WERE MINE」「TIME AFTER TIME」「SHE BOP」「ALL THROUGH THE NIGHT」の6曲が演奏されていた。
やっぱ売れただけあってキャッチーさは一番なので、シンディ初心者は当然このアルバムから入るのがスジでしょう。当時はまだ無名だったフーターズのロブ・ハイマンとエリック・バジリアンが数曲に関与している(「TIME AFTER TIME」を自分達のライブでプレイしてましたねえ)。

しかし還暦前なのに、何なんだあの可愛らしさは?勿論年上だけど全然キュートなんだよなあ。物凄く良い歳の取り方してると思った。
シンディがMCで何度もアリガトウって言ってたけど、アリガトウって言いたいのはこっちの方だって...THANK YOU CYNDI! SEE YOU SOON!!


「MONEY CHANGES EVERYTHING」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=2gnpoOG8jGw

「TIME AFTER TIME」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=SlykYu5QOkM

「ALL THROUGH THE NIGHT」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=3l8Xqt2B5M0&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

The Power Of The Night

OBSESSION / UFO

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

しんでぃー

観にいかれましたか!この人ってPOPで売ってるけど根っこは凄いロックなんですよね、席立たない観客は最近増えましたね、私は首と腰痛めててもサポータとして気合で立ちますけどね、それが折角来てくれた一流ミュージシャンへの礼儀でしょう!、シンディさんは一度観たいんですがなんとなくタイミングが合わなくて未だ観てません、フーターズの方が動いたら何としてもタイミング合わせますが。
こうやって大物なのに真剣に音楽やってる人って本当に尊敬できます、いつか観たいですね、ちなみに陰陽座の観客の一体感は怖いモノがありますが、それはまた別のところで。

2012年03月25日 12:33

comment avater

K.A.E.

さすがよく分かってますね~!先日、本人がインターナショナル向けに行ったインタビューで「私はロックンローラーだから...」と発言してた様に、ポップなフィールドで活躍していても歌唱やスタイルはロックフィーリングに溢れてる印象を受けました。

ライブで席に座って見るなんてまず無いですね。一度だけクアトロで観たラナ・レーンでは必然的に座るハメになってしまった事がありましたが(苦笑)基本、座席指定でもスタンディングで観ますよ。

フーターズも観たいですね~。記憶が定かじゃないですが、確か「ONE WAY HOME」時だったかフェスで来てデビュー時のバッド・イングリッシュと同じステージでやってるんですよね。今思うと物凄く贅沢なフェスかと。

シンディは是非観て欲しいですね。上に書いた通りイメージを変えてくれたし、ますますミュージシャンとしてのリスペクトが深まると思います。勿論、ライブ自体も物凄く楽しかったですしね。

2012年03月25日 22:23

コメントの投稿