守護神伝-第一章~エクスパンディッド・エディション守護神伝-第一章~エクスパンディッド・エディション
(2011/12/21)
ハロウィン

商品詳細を見る


先日のユニソニックが素晴らしい出来だったので、久々にキスケを堪能したいと思い、ディスクユニオンの中古サイトにて「守護神伝」の1と2のリマスター盤を購入してしまった。
勿論2枚共リアルタイムで経験してるので、あれから結構な年月も経ってる事だし、リマスター効果もどんな感じか気になってたのだけど、あれだけ聴き倒した2枚なので今更リマスター盤?ってな具合でなかなか手が伸びなかったのだ。
しかし、昨年の12月にこの2作は廉価盤で再発されてたんですなあ。購入価格はそれよりも安かったけど、ちょいと不覚...

しかし内容の方は今更語るまでもなく、ハロウィンの出世作となった本作はジャーマンメタルの名盤と謳われるだけの事はある十分な内容。当時はこの作品以前にリリースした3枚のミニアルバムを1枚にまとめた編集盤も買ったのだけど、さすがにこの作品ほどの完成度はなかったし、何よりカイ・ハンセンのボーカルが気に入らなかったので速攻で売ってしまったのをよく覚えている。

それがマイケル・キスクが加入のお陰でこれほどの完成度を示したバンドも凄いけど、何よりメジャーに成る為の条件が揃っていたのだろうと思う。
この作品以前は路線的にはスラッシュっぽい楽曲が多かったし、実際にその路線の方が好きなファンも多かったらしいけど、このアルバムがリリースされた途端にそのテのファンは去って新たなファン層を獲得出来た訳だし、それが結果的にバンドの命運をも決めた訳なのだから、インナースリーヴに書いてあったヴァイキーの言葉通りバンドのターニングポイントだったと。

しかし、若干18歳でこの歌唱力はホントに驚異的だったと思う。多少活動に波があったにせよ先日のユニソニックでも余り変わってないのにも驚かされたけど、キスケはやっぱ稀代のボーカリストなんだなあと。

またヴァイキーがこのアルバムの製作時に神経衰弱に陥ってしまってロクに製作に携われなくなってしまった分、カイのカラーが色濃く反映されたのも、本来なら2枚組として発売される予定だったらしいけど(とバンドは語ってるけど、実際のトコは新人バンドにそんな権限は無かったみたいだ)続編との区別が出来て結果的には良かったと思う。

続く次作も名盤だけど、私にとってのハロウィンは次作までで終わってしまった。今思うと「PINK BUBBLES GO APE」も悪くない作品だけど(わざわざ西新宿の輸入盤界隈まで行って輸入盤買いに行ったんだよなあ~)カイが抜けてメタルのエッセンスが薄くなってしまったのが致命的だったと。
カイはガンマ・レイで本来ハロウィンの次作はコレだ!と言わんばかりの内容を提示しただけに、カイの脱退はバンドにとっても痛かったのでは?と。

また当時はバンドにとって急に周辺が騒がしくなったのにも関わらず、思ったよりも十分な成功の報酬を受けてなかったらしく、その為にバンド内もゴタゴタが耐えなかったというのも驚いた。それが原因がどうか分からないけど後にインゴは...と思うと、ちょっと切ない気分にもなる。ホントに良いドラマーだっただけに当時はショックも大きかったな...


「I'M ALIVE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=f79pjjT2ZjY

「FUTURE WORLD」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=328hJsSA0Jc

「HALLOWEEN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=yOAl0enE7kI
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

YESSONGS / YES (1973)

UNISONIC / UNISONIC (2012)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

はろうぃん

歴史的名作ですね~、コレが登場しなかった今の劣化コピーバンドのほとんどが無かった事になりかねないくらい偉大な作品です、当初はスラッシュ色が確かに強かったでっすがこのバンドやRAGEが居なかったら・・と思うと最重要作品だと思い知らされます、劣化コピーの方が評価される事もありますが、原点はやっぱりコレですぜ!。

2012年04月01日 12:50

comment avater

某音楽馬鹿

ありす

アリス・クーパーさんの最新ライヴ入手です、60歳超えても老けた形跡が観られないのは凄いと思いました
http://www.youtube.com/watch?v=oyrVa9sTEDA
3枚組みデラックス盤です!。

2012年04月01日 14:43

comment avater

K.A.E.

劣化コピー(笑)。でも確かにそのテのバンドに与えたインパクトは衝撃的だったと思います。それでまた、そのテのバンド達が何枚アルバムを出してもこのアルバムの足元にも及ばないと思ってます。それほどまでに凄い作品だと感じてますね。

私はアンディ・デリスのVoに違和感を覚える人なんで、彼の参加した作品は未だにピンと来ないんですが、全くの別バンドとして捉えるべきなんでしょうね。後でお金に余裕がある時にでも再度トライしてみようと思いますが、お薦めなんかあったら教えてくださいまし。

アリス・クーパーのライブ、確かに凄いですね!もう還暦ですか...この映像観る限りはまだまだ引退なんか先の話みたいですね(笑)。


2012年04月01日 22:32

comment avater

ume

これは名盤だと思いますが、個人的にはパート2の方が好きです。
ちょっとこのアルバムはメロディが臭すぎるかな。
でももちろん完成度はものすごく高いと思います。

アンディ・デニス時ですが、「MASTER OF THE RINGS」はすごく良いと思います。
その後のアルバムも良いものはありますが、ちょっと私にはヘヴィ過ぎな感じです。
あと聴いていると思いますが、PINK CREAM69の2ndはものすごく好きです。

2012年04月01日 23:50

comment avater

K.A.E.

私も甲乙付けるには難しいですが、パート2の方はバラエティに富んだ内容で、パート1の方は焦点が絞れている印象を受けてますね。umeサンの言う「メロディが臭すぎる」という意味もよく分かりますね(笑)。「A TALE THAT WASN'T RIGHT」なんか、もろに演歌そのものですからねえ~。

「MASTER OF THE RINGS」と「THE TIME OF THE OATH」は発表当時にちょこっと聴いたんですが、やっぱアンディの声が私的にはちょっとネックだったらしく、そんなにハマらなかったですね。でも、思い入れの少ない今ならもう一度トライ出来るかな?
あと、試聴で聴いた「RABBIT DON'T COME EASY」も、私的には何気に良さげですね。

でも、やっぱピンククリーム69みたいなスタイルの方がアンディには合ってると思うのは私だけですかね?

2012年04月08日 16:01

コメントの投稿