イエスソングス(紙ジャケ SHM-CD)イエスソングス(紙ジャケ SHM-CD)
(2009/07/22)
イエス

商品詳細を見る


昨日は夜勤明け→フットサル→歯医者→実家へ帰るというハードスケジュールのお陰で、今日は今朝からボロボロっす...ホントは天気が良いので久々に写真でも撮りに出掛けたかったんですが、筋肉痛がそれを許してくれません。でも、まだこっちは桜も咲いてない状況なので、来週あたりには動ければ良いかなと。

来週にはやっとHMVで頼んでおいたモノが届きそうだけど(発売延期さえなければ)その前にコレが出るとは知らなかったので別注文で頼んでおいたCDが届いた。それが今回のお題であるイエスの1973年発表のライブ盤「YESSONGS」。勿論、紙ジャケ2枚組の方だ。

しかし、イエスの紙ジャケ化はこれで3度目だろうか?今回はバンドの来日公演に併せての再リリースらしいけど、こうなる事なら最初にキツい思いをしてまとめ買いをした人の立場がちょっと不憫でならない。限定販売の意味が成さないし。
私は2度目の紙ジャケ化の時にバンドの作品に興味持ち始めて、有名どころだけを購入したので後で興味持ったらもう通常ケースで良いや...って思ってたクチなので、今回の再リリースに関してはとりあえず後はこれだけ押さえておこうと思い、この作品を購入した。

イエスの紙ジャケシリーズの中でも一際人気の高い本作らしいけど、最初に出た紙ジャケの時はアナログと同じ様に3枚組で発売されたらしい。リアルタイムで経験した人にとってはそういう細かい拘りの方が思い入れも強いと思うけど、今の時代では2枚組の方が煩わしくなくて良いかと。
ただ、ジャケの作りとかはアナログの方が凄いんだろうなと思った。ジャケが3面見開き仕様でロジャー・ディーンの美しい世界が全面に広がるのは、アナログサイズでないと迫力不足なのは一目瞭然。

要の中身の方も、バンドの実力・表現力の高さを知らしめるに相応しい内容で、この時代にこれだけの事をやってのけるバンドも凄かったのではなかろうか。
スタジオ盤よりも迫力が増し、如何にもライブならではの躍動感を感じられる反面、スタジオ盤さながらの緻密な演奏力も完璧にこなすという、ライブとしては理想的なスタイルが収められているのは圧巻の一言。
もうオープニングの「SIBERIAN KHATRU」からハイライトを迎えてる様な雰囲気で、それが最後まで全然テンションが落ちない。
またライブ盤という事もあって、曲順に新鮮味があって(私の様な初めてCD聴いたモノからすればの事だけど)幻想的な雰囲気を味わえるのもスタジオ盤にはない雰囲気かと。

確かに、噂に違わない物凄いライブ盤だと思う。マニアはビル・ブルフォードが叩いていれば...という願望もあったみたいだけど、アラン・ホワイトも負けてないとは感じた。むしろよくコレだけの変拍子を覚えて叩けるモンだと感心すらするし。
しかし、改めて当時のプログレバンドが一味も二味も違う存在だった事が今作で思い知らされた気分。今の時代にこういうバンドが出現しない事実が正直寂しい。


「SIBERIAN KHATRU」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=b7ya1Tt9350&feature=relmfu


「ROUNDABOUT」↓
http://www.youtube.com/watch?v=DmATYFuVZJk&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MAP OF THE PAST / IT BITES (2012)

KEEPER OF THE SEVENTH KEYS PART 1 / HELLOWEEN

comment iconコメント

コメントの投稿