先日、給料貰って残業しまくりだったお陰でそこそこ財布の方も潤ったので(と言いつつも、タイミングベルト交換代とデジカメ代に消えてしまうが)久々にDVDの方で何かないか?とチェックしてたら、アマゾンのマケプレにてBIG 4のDVD+CDが中古で¥2980で売ってたので、迷わず即買い。新品で¥9800くらいだったからかなりお買い得だった。
そこで、その出品してたフルイチオンラインなるサイトを覗いてみたら、またそこの中古DVDが安いんでまた2枚購入。メイデンの「フライト666」とAC/DCの「NO BULL」(ディレクターズカット版)が両方共中古で¥980。コレも迷わず即買い。
ホントはデブ伯爵の「ライブ・イン・レニングラード」も¥1700くらいで出てたんだけど、それは後日で良いや...って思ってたら、もう売り切れてしまった。

で、これまた先日mixiの友人がエクストリームの来日公演に行って大盛り上がりしたらしく、熱い超長文のレビューを書いていたのを読んで、久々に当時のHR/HM系を中心に聴いてたら映像の方も観たくなって(笑)ブート屋で有名な西新宿のエアーズのサイトをチェックしたら、GWセールで2枚で¥4000というので、1枚は以前から欲しかった白鮫の「ONCE BITTEN」発表時のライブで当時BURRN!でも記事になったRITZライブと、もう1枚は迷ってこれまたファンの間では有名らしいドッケンのプロショットライブである「PHILLY, PA '87」を購入。

調子こいて買いまくってしまったけど(笑)これで暫くは映像に困る事はなさそう。特にBIG 4は4バンドだから長いので観終わるのに時間も掛かりそうだし。

ってな訳で、早速ドッケンを観てみた。収録曲はこんな感じ。

1.KISS OF DEATH
2.JUST GOT LUCKY
3.BURNING LIKE A FLAME
4.INTO THE FIRE
5.ALONE AGAIN
6.IT'S NOT LOVE
7.LIGHTNIN' STRIKES AGAIN

87年なので、ご存知4thアルバムである「BACK FOR THE ATTACK」発表時のライブで、ドン・ドッケンとジョージ・リンチの間に険悪な雰囲気が流れていた時期なので、観るポイントは当然そこの絡みとなる訳だけど(笑)思ってたよりは意思の疎通はある様に見えた(ただ、冒頭の「KISS OF DEATH」の出だしでジョージがアドリブ入れて歌いずらそうにしてるのは勘繰り過ぎだろうか?/笑)。

曲数が少ないのは誰かの前座の時のパフォーマンスだったみたいだけど、多分後にビデオか何かで発売する予定だったのか、一応カット割りらしい事も入ってるし、ブートといってもかなり観やすいモノとなっている。音もそこそこ悪くないし、だからファンの間でも有名なブートとなってるんだろうな。

この時期のライブは後に「BEAST FROM THE EAST」で発売された訳だけど、CDでも聴ける様にとにかくジョージ・リンチの演奏が凄まじい。キレキレで弾きまくってるので、当時彼がギターキッズから絶大な人気を誇ったのもよく分かる。
またこの人、CDの時には余り気が付かなかったけど、スタジオ盤に忠実に演奏する訳ではなく結構アドリブかまし放題で、彼のコピーをしようにもかなり難しいという意見が色んなトコで見受けられた。確かにあんな早弾きでアドリブかまされたんじゃ訳分からんだろうなあ(苦笑)。

ドンの歌唱も結構安定してるし(だから今の歌唱力が尚更虚しい...)ジェフ・ピルソンやミック”ワイルド”ブラウンの激しさも堪能出来る。ジェフに至っては踊りながらのバックコーラスの巧さがかなり目立っており、もしかしたらドンよりも歌巧いんじゃないか?と(苦笑)。

押しむ点は、やはり7曲は短い!私的には「TOOTH AND NAIL」や「THE HUNTER」、「IN MY DREAMS」や「DREAM WARRIOURS」が入っていれば文句なしだったのだけど...ま、ブートだから仕方ないんだけどフルライブで観たかったな。

おまけで向こうのTVショーの映像が2曲収録されているけど(「JUST GOT LUCKY」「ALONE AGAIN」)これは口パクライブなので、姿が観られるってな程度のモノ。ジョージの衣装が大昔のプロレスラーみたいなワンショルダーのシャツでかなりダサい(笑)。

当時のHM/HR系のライブは結構見逃してているので(CD買うのに精一杯だったので)こうしてブートでも映像が観られるのは有り難い事かと。ただ、やはり見やすい映像じゃないとブートは買う気にはならないので、こういうお宝的なモノは情報収集して買うのが一番良いと思う。昔に比べて今はYOU TUBEでチェックも出来る事だし。


「KISS OF DEATH」↓
http://www.youtube.com/watch?v=l_kQTFU4lN0

「BURNING LIKE A FLAME」↓
http://www.youtube.com/watch?v=k61ujJdTSmM

「LIGHTNIN' STRIKES AGAIN」↓
http://www.youtube.com/watch?v=xY0RKYI-Qn0
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RELAPSE / MINISTRY (2012)

AIRPLAY / AIRPLAY (1980)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

どっけん

いきなり購入量増えましたね(笑)、BIG4はメタリカでお腹一杯になるんでメタリカ+他の3バンドというように分けて観る事をお勧めします(一気鑑賞した私は最初何観たか分からなくなりました)
と言うわけでドッケンですが、全盛期のブートはそりゃ凄いですよね~、ジョージさんもムキムキになる前だったし、曲の良さも評判でしたから。
ジェフさんは正直ドンさんより上手いです、歌。
でもリード歌うとドンさんはマラカス振ってなきゃいけないんで(笑)・・いやそれは冗談として、ドンさんのソフトな声(あえて言わない)あっての全部がドッケンだったわけで、もう一度、声を鍛えて傑作作って欲しいですね~ジョージさんはこれ以上鍛えなくていいですから。

2012年05月04日 11:40

comment avater

K.A.E.

でもドッケンは今度の作品が最後になるとかインタビューで言ってましたよね?
この前のグレイテストヒッツの再録verは、今のギターのジョン・レヴィンの提案でビジネス的理由で作られたモノだったらしいのですが(彼は税理士だか何だかの資格を持ってるインテリらしい)そこで聴けるドンの歌はかなりがっかりさせられるモノでしたよ。

もう声も限界に来てるらしいので、もう最後と銘打ってるなら、最後に一花咲かせて有終の美を決めてもらいたいですね。

2012年05月05日 22:31

コメントの投稿