フライト666 スタンダード・エディション [DVD]フライト666 スタンダード・エディション [DVD]
(2010/08/04)
アイアン・メイデン

商品詳細を見る


GW連休もあっという間に終了、いつもの生活に戻ってしまった訳だけど、非常にかったるい。
休みボケと言われても仕方ないけど、連休中は半分以上が大雨のお陰で外に出られなかったのが非常に痛かったな。のんびりした割りには十分休んだという気分にもならなかったのが今回のGWの印象かも。

そんな感じだったので、そのGW中に観るハズだった購入済みDVDの数々もダラダラ過ごしてたので殆ど観てなかった。しかし、やっと昨日メイデンの「フライト666」をやっと鑑賞。
私が購入したのはスタンダードエディションとの事だけど、注文した後でリミテッドエディションなるモノもあると知ったので「しまった、1枚組!?」と思ったけど、よくよく調べてみると違いはパッケージのみだけとの事らしい。良かった~(でも、¥980で手に入ったのだからどうこう言うレベルではないけど/苦笑)。

さて、以前から観たいと思ってた本作、製作チームはお馴染みサム・ダンご一行。勿論、このツアーでの目玉でもあった、エド・フォースワンなるボーイングジェット機にメンバー、スタッフ、クルーを全員搭乗させ、オマケに機材も積んで世界各国を周るツアーを映したドキュメント映画なのだけど、果たしてこれだけの事が出来るバンドがこの世にどれだけいるだろうか?それをやってのけたのがメタルバンドというトコに痺れない訳がない!!

「ヘッドバンガーズ・ジャーニー」やラッシュ、レミーの映画のなどを撮ってきたサム・ダンなので、それらの映画の構成に近いモノがあるのは仕方ないにせよ、それでも相手はあのメイデン、それを差し引いてもお釣りが来るくらいの見応えのある映像集となっている。

まず何処に行っても「メイデン、メイデン、メイデン」とメイデン愛を持ったファンが存在すること。私もこのツアーの幕張公演に行ったけど、本当に観に行って大正解だった。始まる前の客入れBGMの「ROCK BOTTOM」で観客が大合唱始まった時から異様な雰囲気で、例の「チャーチルズ・スピーチ」で暴動寸前、「ACES HIGH」で大荒れですよ。この時買ったツアーTシャツは宝物ですな。

各国のファンも負けじと熱いのだけど、やはり南米は熱狂的なんてモンじゃない。ラッシュやAC/DCのライブでも確認済みだけど、バンドに賭ける想いが桁違い。会社辞めて観に来ただの、ホテル待ちがライブ会場並みの人数とか(旅館の従業員一同かと思った/笑)。
極めつけがドラムスティックをゲットしたファンが嬉しさの余り号泣してたのだけど、あのニコから貰ったのが嬉しかったんだろうなあ。でもそのニコはゴルフばっかやってて、腕に自打球当ててあわやツアーキャンセルに成りかねない事してるし(笑)。

各メンバーの素顔も垣間見えて、それぞれの人間性が見えるのも面白い。やっぱデイヴ・マーレイっていつもニコニコしてるんだなあ~とか、スティーヴ・ハリスってやっぱ音楽ありきの人なんだなあ~とか。
中でもブルース・ディッキンソンのハイパー振りには脱帽。ボーイングを自ら操縦してライブもやるんだから、並みの体力じゃ持たないでしょ。スティーヴも語ってたけど、体力を少し分けてもらいたいって身近で見てればその気持ちも判る気がする。

2枚目のディスクは各国のライブの模様を収めたモノだけど、各国の盛り上がりは南米を除いて(笑)余り大差がないと思う。それだけファンの熱狂度は何処でも変わらないという意味だけど(南米を除いては/笑)。

しかし、改めて凄いバンドだと思い知らされた。もうメンバーも若くないし、あと何枚アルバムリリース出来るかも判らないけど、この映像を観る限りあと10年は期待出来るでしょ!


予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=8_2h-vdaD68

「ACES HIGH」↓
http://www.youtube.com/watch?v=COvCPJGjaiE

「THE TROOPER」↓
http://www.youtube.com/watch?v=SXYuPMsThYs
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DAMAGE CONTROL / JEFF SCOTT SOTO (2012)

RELAPSE / MINISTRY (2012)

comment iconコメント

comment avater

ume

メイデンのライブ盤としては、No.1なのではないでしょうか。
音も映像も選曲も良いし
ただ個人的に残念なのは、昔の曲中心のためヤニック・ガーズが目立っていない事かな。
彼らも80年、90年代の頃より今の方が格好良いと思う。

2012年05月10日 23:28

comment avater

K.A.E.

確かにumeさんの言うとおり、彼等のライブ盤ではかなり良い部類かと思われます。
私は今回中古DVD購入しましたが、やはり音源も欲しいと思って注文しようとしたらHMVの輸入盤均一セールで2枚組CDが¥1000で売ってたので、コレ幸いってヤツで即ポチりました(笑)。

選曲も良いですよね。当初のコンセプト(7thアルバムまでの楽曲中心)とは「FEAR OF THE DARK」が入ったお陰で一部変わってしまいましたが、ファンが聴きたいであろう楽曲という点ではマニアな意見を除いてはほぼ完璧なのではないでしょうか?

しかし、このドキュメント観て彼等も過去に色々な事がありましたが、こうして今も活動している事がホントに素晴らしいと感じましたね。ブルースもそうですが、エイドリアン・スミスがまた復帰するとは思ってませんでしたし。

ヤニック、確かに目立ってませんでしたね。ライブでもトリプルギターだから気楽に構えてるのか、結構遊びが多かったと思います。DVDでもメンバーにいじられてましたが、確かに何をするのかよく分からない、と(笑)。

2012年05月13日 14:10

comment avater

某音楽馬鹿

あいあん☆めいでん

コレはいいブツです(笑)
選曲もいいですね~、ヤニックさんが空気なのは今に始まった事じゃないんで(失礼)あまり気になりません、3人ギターが居ないと休む間が無くてキツい歳ですからね(ブルースさんは走り回ってますが)、サウンドはその効果もあってやっぱりいいなぁってなります、あんまり優先順位の高いバンドじゃないですけどかなり好きですよ。

2012年05月16日 23:52

comment avater

K.A.E.

私も某音さんと同様、それまで優先順位の高いバンドではなかったんですが、数年前のライブといい、今回のDVDといい、徐々にこのバンドの良さが今更ながら分かってきた様な気がしますね。
DVD本編で本人達が語ってる様にバンドのピークは80年代という訳ですが、さすがに最近の作品はちょっと好みでないスタイルであるにせよ、未だに現役で新しいモノにチャレンジしているのはリスペクト出来ますよね。

2012年05月17日 12:40

コメントの投稿