Damage Control (deluxe edition) CD + DVDDamage Control (deluxe edition) CD + DVD
(2012/03/26)
Jeff Scott Soto

商品詳細を見る


何故か発売日に入荷されなかったらしく、ちょいと遅れてやっと届いたジェフ・スコット・ソートの新作「DAMAGE CONTROL」。
最近のキングレコードは、今まで国内盤で出してた洋楽ミュージシャンの新作を殆どスルーしているのでこの新作もどうせスルーされるだろう...と思ってたら、いきなり別のレーベルから国内盤が発売されるらしい。しかもデラックス・エディションと同仕様のCD+DVDで¥2700。知ってれば国内盤買ってたのに...まあ、HMVのマルチバイ使ってデラックス・エディション盤を¥1569で手に入れられたので良しとするけど。

W.E.T.を挟んでの久々のソロ作だけど、前作がジェフの趣味を活かしたファンク路線だったのでまた同じ音楽性か?と思ってたのだけど、新作の噂を聞いた時にYOU TUBEで検索してチェックしたら普通のメロディアスハード路線だったんで、今回の新作には期待をしてた。
で、早速聴いたトコ、全曲捨て曲なしとまではいかなかったけど高品質の楽曲群で、私が彼に求める音楽性を実践してくれて非常に楽しめた。特に後半の盛り上がりがハンパない感じ。「PRISM」を幾分ハードロックを足し、バラードを削った感じかな。

ただ、一つ気になったのは曲順。冒頭2曲がミドルテンポのちょっと重い音で、如何にも今のアメリカを意識してるのか?的なモノなので、メロディを期待している耳を惹くにはちょいとモノ足りない気がする。
あとボーナストラックが3曲収録されているのだけど、多くの日本盤みたいにアルバムの最後に収録して貰いたかった。特に「TAKE U DOWN」は収録しなくても良かったのでは?と思わせる内容なので(って、単に私が好みじゃないだけの話だけど)アルバムの流れを断ち切ってしまってるのが残念なところ。

しかし、相変わらず歌の上手さは変わらずで、安心して聴けるのはさすが。2~3回リピートしてるけど、今のトコ「LOOK INSIDE YOUR HEART」「DIE A LITTLE」「BONAFIDE」「HOW TO LOVE AGAIN」「AFTERWORLD」「NEVERENDING WAR」がお気に入り。

付属のDVDにはPV3曲収録(「LOOK INSIDE YOUR HEART」「NEVERENDING WAR」「DAMAGE CONTROL」)に、インタビューが収録。しかし、PV3曲も作れるのはレコード会社もジェフを押してるって証拠なのだろうか?まあW.E.T.を提案したのもレコード会社からの提案だったみたいだし、関係は良好って事なんでしょう。

相変わらず良質なハードロックなので安心して聴けるのはファンとしては期待を裏切らない作品で嬉しいのだけど、そろそろ大きくステップアップして欲しいとも願ってしまう。このテのミュージシャンが来日公演を行うのは今の時代では非常に難しいトコだけど、ストアイベントあたりで来てくれないかな?一度は生歌を聴いてみたいミュージシャンの一人なんで。


「LOOK INSIDE YOUR HEART」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=kQMpa2xUJx4

「DIE A LITTLE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AImZ4ZQ9aAI

「AFTERWORLD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=8bxRkaDO-bA

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SELLING ENGLAND BY THE POUND /GENESIS (1973)

FLIGHT 666 (DVD) / IRON MAIDEN (2009)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ぢぇふさん

あまりにも偶然私も買って感想書いたところです、大物ならありえますが、この人の知名度からすると恐ろしいタイミングですね。
ジェフさんの事は周りでは(結構メタルを聴く人でも)「誰?」レベルだし、タリスマンの・・・って説明しても「知らん」、良くて初期にイングヴェイさんのところで・・・って言って「あぁ・・あの人ね」。
悲しいですね~、こんなに歌えてフロントマン然とした人ってあまり居ないのに、確かにこの人より上手いVoさんはいっぱい居ますが、個性があってどんな歌でもかっこよく聴かせられる人は貴重です、売れて欲しいけどジャケがやる気無し・・・何ぞその服は、んで、そのグラサンは!怪しすぎますぜ。

2012年05月17日 00:06

comment avater

K.A.E.

そうそう(笑)自分のレビュー書き終えた後に、某音さんのブログ覗いたらいきなり同じモノが出てきて笑いましたよ。正にシンクロニシティ!!

確かに、今この人に必要なのは知名度ですよね。幾ら良いアルバム作っても見向きもされないのは意味が無いですから...しかもHR/HMを聴く人達でも話題にならないのは非常に悲しい事かと。

何かこの人はグレン・ヒューズと被る部分が多いんですよね。器用貧乏という点では全く同評価だと思うし。違う点はグレンは大物バンドに在籍してたけど、ジェフにはそれがキャリアにないだけで。

このアルバムは、私的には過去のソロ作の中では「PRISM」よりちょい上回る作品だと思ってるんで(「PRISM」はバラード多過ぎましたからね)この作品でどれだけ世間にアピール出来るのか、ちょっと期待したいです。

2012年05月17日 12:48

コメントの投稿