FC2ブログ

ワイルド・フロンティアワイルド・フロンティア
(2002/10/30)
ゲイリー・ムーア

商品詳細を見る


昨夜はシン・リジィだったので、その続きといっては何だけど、今日はそのリジィにも在籍していたゲイリー・ムーアのアルバム「ワイルド・フロンティア」をチョイス。

間違いなく、私の中でゲイリー・ムーアの最高傑作。それまで彼が辿って来た道のりを総括した音楽性で、自身の故郷であるケルティックなサウンドを強く想起させるサウンドは、どのアルバムよりも魅力的だと思う。

このアルバムでは、やはり「THE LONER」が特出すべき点でしょう。元々はジェフ・ベックの為に書かれた曲らしいけど、ゲイリーならではの感情的なプレイがあってこその曲であると思う。コージー・パウエルのソロにも収録されていて、アレはアレで良いんだけど『感情的』という点では、間違いなくゲイリーverの方が上でしょう。

ここまでの名盤になったのは、色んなトコで書かれてる盟友フィル・ライノットの死にかなり影響されたというのは、まず間違いない事実でしょう。典型的なロッカーとしての生き様を体感したフィルと、真面目で職人気質なゲイリーが友人同士というのも面白いけど、彼等が競演した楽曲には力があるというか魅力があった(私的には「MILITARY MAN」なんかが、その典型的だと思う)。

殆どの曲が大好きなんだけど、よくumeさんともネタにしている「FRIDAY ON MY MIND」の妙な明るさだけはどーも好きになれない。正直、この曲が収録されてなかったら、間違いなく私にとって文句なしの100点満点のアルバム。ホントに惜しい...

しかし、先日のホワイトスネイクの「1987」といい、ホントにこの時代のアルバムは傑作が多かったよなあ...
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE UNFORGETTABLE FIRE / U2(1984)

BBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT / THIN LIZZY(1994)

comment iconコメント

コメントの投稿