トラジック・アイドルトラジック・アイドル
(2012/04/18)
パラダイス・ロスト

商品詳細を見る


ネットで洋楽ニュースをチェックしてたら、ちと驚く様なニュースが載ってた。クイーンズライクの面々が内部分裂を起こしたらしく、ジェフ・テイトを解雇しようと他のメンバーが話してたトコに偶然(?)ジェフがその話を聞いてしまいブチ切れて喧嘩になったらしく、スコット・ロッケンフィールドに刃物を向けた(!)という噂が。
それで残りのメンバーは、クリムゾン・グローリーのVoと一緒にライジング・ウェストというバンドを組んで「EMPIRE」までの楽曲をライブでプレイするらしく、またそのままスタジオ入りするという話。
現時点ではジェフはクイーンズライクを辞めてないみたいで、マネージメントも解散を否定してるらしいけど、ここまでになってしまったらもう復縁は無理なんじゃないかと。
またクリムゾン・グローリーのVoもまだバンドを抜けてないらしく、新曲の曲作りやってるから心配するなとコメント出してるけど、ジェフの声質や歌唱力に近いVoをわざわざ別バンドとして迎え入れるのは明らかにジェフに対しての当て付けにしか思えないよなあ~(苦笑)。
個人的には「EMPIRE」で終わってしまったと感じてるので、現在のバンドには余り思い入れはないけど、何か勿体無い話だな~と思う。

さて、久々にCD屋に行って色々チェックしてたのだけど、市内のCD屋には「アレもない、コレもない...」状態でホント寂しい限りなのだけど、そんな中奇跡的(?)にパラダイス・ロストの新作「TRAGIC IDOL」が置いてあったので、とりあえずゲットした。

前作は結局買わずじまいだったのだけど、理由はYOU TUBEで数曲聴いたモノはヘヴィな音楽性に重点を置いてしまった為、このバンドの魅力的な部分である(と、私は感じてる)物悲しいメロディが希薄になってしまい、全くノれなかったのだ。近所の中古CD屋にも早々と中古で並んでたのを見ると、私同様に感じた人は少なからずいたのかな?と思った。
しかし、この新作は某音さんのトコのレビューで「とんでもなく美しい作品」と称されてたので、それなら今回はトライしてみるか!と手に取った。ジャケもかなり好みだったし。

全曲聴いてみた結果、某音さんの言うとおりバンドの代表作である「DRACONIAN TIMES」をかなり意識した作風になってるのには正直嬉しい誤算だった。さすがにあそこまでの完成度はないけど、あのアルバムの後にこの新作がリリースされていてもおかしくないと作品だと思う(勿論「ONE SECOND」も大好きな作品だけど)。
ただ今回のアルバム、冒頭での掴みがちと弱い感じがしてやや拍子抜けな部分も感じられるのがちょっと残念。1~4曲目まではドゥームっぽい雰囲気やミドルで押すタイプで固められてるので、メリハリがないのが致命的かと。
しかし後半の楽曲の良さで何とか持ち直して、私が彼等に期待する物悲しいメロディも健在。ラストの「THE GLORIOUS END」なんて”コレだよ、コレ!”って感じで非常に大好きな曲だ。
またボートラに収録されている「ENDING THROUGH CHANGES」なんかは「ONE SECOND」時代の雰囲気が感じられて、コレを何故本編に入れない?と疑問に思うほど良い曲だと思う。

私的には、この路線なら非常に満足。彼等にしか出来ない音楽性...っていうか、このテのパイオニアである彼等が色々と模索してどーする?オリジナルならオリジナルにしか出来ない事をやってくれた方がリスナーは喜ぶと思うんだけどなあ。じわじわと響いてくる、正に”力作”と呼ぶに相応しい作品かと。


「HONESTY IN DEATH」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=kU18F6yTuHo

「CRUCIFY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=R5CUqLwPl1Q
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

COUNTDOWN TO EXTINCTION / MEGADETH (1992)

CALM BEFORE THE STORM / DARE (1998)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ぱらろす

買われましたか~、ONE SECONDより3作前くらいの音に戻ってますよね。
確かに掴みは弱いですがメロディは暗くて冷たいこのバンドらしいものかと、デス声がダメならちょっとキツいでしょうが、脳内変換してでも聴く価値はあると思いました。

クィーンズライクは驚きです、完全に泥沼になっちゃってますね、全然知りませんでした、っていうか本人に聴かれるようなところでそういう話するのは迂闊過ぎませんか(笑)、激怒するジェフさんも大人気ないですが。
クリムゾン~のVoって今誰でしたっけ?、ウェイド・ブラックさんは辞めてヴィシャス・ルーモアズに入って大乱闘の末にこのバンドも脱退してるし、ミッドナイトさんはお亡くなりに・・。
というかまだ活動してたんですね~。

ジェフさんはソロでやっていけるとして、誰もが納得する替わりのVoさん見つけるの大変でしょう、リッパーさん辺りを連れてきたら笑いますが。
結局このバンドも終わっちゃいますか。

2012年06月03日 23:28

comment avater

K.A.E.

確かに某音さんの言うとおり、暗くて冷たい質感は正しくゴシックそのものですね。コレなら普通に歓迎出来る内容です!
名盤「DORACONIAN TIME」の全曲再現ライブCD+DVDが出てるらしいんですが、これよりも「ONE SECOUND」の方やってくれないかな?と(笑)。何なら、10thのセルフタイトルのアルバム全曲でも構わないんですが(爆)。

クリムゾン・グローリーの現Voはトッド・ラ・トーレって方らしいです(最近のバンドの詳細は知らないので...)。ジェフ・テイトタイプのシンガーらしいですよ。詳細はここで見ました。

http://www.barks.jp/news/?id=1000080165

何でもジェフは自身のソロツアーも控えて、バンドの方は自分と外部ライターとの共作曲ばかりで埋めて、他のメンバーに不公平な扱いをもたらしたのが今回の騒動の発端らしいですね。何とも残念な話ですけど、やはりクリス・デ・ガーモが抜けた時点でバンドのバランスが崩れちゃったんですかね。

2012年06月10日 20:44

comment avater

某音楽馬鹿

どらこにあんライヴ

ドラコニアン~のデラックス盤と完全再現ライヴ、何気に買っちゃってます、ライヴはCD品切れでアナログ買いましたが・・。
この作品も○○周年とか祝われるようになったんですね~、だから今回の新作もあえて似せてみた・・とか?。

2012年06月17日 22:00

comment avater

K.A.E.

インナーに書いてありましたが、新作は間違いなく「DRACONIAN TIMES」再現ツアーの影響もありますよね。あの当時の音を聴き返してあの当時のヴァイヴを取り戻したと。

「DORACINIAN~」のデラックス盤って、何かオマケが入ってるんですかね?ググっても余り詳細がよく分からないモンで...完全再現ライブは限定というワリには結構売ってますよね(って油断してるとアブないんですが/苦笑)。

2012年06月20日 22:58

コメントの投稿