ランク(紙ジャケット仕様)ランク(紙ジャケット仕様)
(2006/09/13)
ザ・スミス

商品詳細を見る


...何故アイオミからザ・スミスを聴く?(苦笑)

ともかく(笑)私が何故か急に聴きたくなるミュージシャンの筆頭角であるザ・スミスを今、マイブームと言わんばかり聴いてます。しかも、昨夜はザ・スミスオンリーでずっと聴いてたお陰もあってか、正に今日は”心に茨を持つ中年”と化しました(爆)。

切っ掛けは、ちょっと前に出たリマスター盤BOXセットが格安で売られてるのを見て、やはりここはまた押さえておくべきだろうか?と考えてしまった。
輸入盤に対訳と解説を付けただけで輸入盤の倍の値段を付けてる似非国内盤(笑)はめでたく完売したみたいだけど、一応リマスター前の国内盤は全部持ってるので対訳には困らないから、リマスター効果がビートルズのリマスターよりも効果抜群というレビューを見て、ここは最後のお布施という事で押さえようか、やっぱ。

で、「RANK」。
スミスが解散を表明したのが1987年で、その翌年に発売された本作は1986年のBBCの放送用に録られたライブ盤。
ギリギリでリアルタイムを体験出来た私だけど、このライブ盤が発売されるというニュースを音楽雑誌で読んだ時のタイトルは今でもよく覚えてる。”墓碑銘は「RANK」”。
4thアルバムが発売された直後に、呆気なく...そして肩透かしを喰らった様な感覚を受けた解散宣言だったなあ。

このライブ盤を聴いて、自分の中で早くもこのバンドにケリを付けるのか...と思ってたのに、ケリどころか未練タラタラで「これからまともに聴こうと思ってた矢先に、あっさり解散しやがって...しかもこのライブ、スタジオ盤よりもハードでめっちゃカッコ良いじゃん!ふざけんなよ、このオカマ野郎!#」と半ば怒りが込み上げてきたモンだった。

今CD聴いて、さすがに怒りは込み上げて来ないけど(苦笑)冷静に聴ける分、色々と細かいトコも聴けて新たな発見もあって結構楽しい。ライブなのに、ジョニー・マーの繊細なギターは魅力を損なわないし、後に印税分配で悪名高くなったリズム隊も結構頑張ってるなあ~とか、モリッシーの意外とエキセントリックな雰囲気もこのライブ盤で味わえたりと、スタジオ盤だけでは語れない魅力がこのライブ盤にはあると思う。

解散して既に25年近く経ってるにも関わらず、未だにザ・スミスに未練タラタラな人達は多いらしく、英国の首相は国会でバンドのファンを公言したお陰で曲名をモジられて批判されたり、プレミアリーグの某選手は「バンドの再結成を全力を尽くす」とコメント出して、ピッチでモリッシー同様ケツにグラジオラス挿してたり(コイツ、マジで最高!/笑)、常に英国の再結成して欲しいバンドのトップを飾ってるのもこのバンドだ。

私的には再結成はして欲しくないなあ...あの時代だからこそ輝いたバンドだと思うし、今の中年になったモリッシーやジョニー・マーを観て、当時と同じ気持ちでバンドを語れるとは到底思えない。
でも、まだこのバンドを聴いた事がなくて、これからCDを聴く人達にとっては結構新鮮に映るかも知れない。何故ならワン・アンド・オンリーのバンドだし、このバンド後に続いたUKロック勢は絶対何かしら影響を受けているものだし...改めて凄いバンドだったなあ~。


「THE QUEEN IS DEAD」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=BJHRP-IzHHw

「THE BOY WITH THE THORN IN HIS SIDE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HCdDxRaFV3s

「BIGMOUTH STRIKES AGAIN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=DwgfeH-0TiA
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WEATHER SYSTEMS / ANATHEMA (2012)

THE 1996 DEP SESSIONS / IOMMI (2004)

comment iconコメント

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年06月24日 23:28

comment avater

K.A.E.

はじめまして

La-di-daサン、はじめまして。K.A.E.と申します。こんな辺境の地まで、私の駄文にコメントして頂き有難う御座います。

見ての通り、私の聴いたアルバムを自分なりにレビューするブログなんですが、今まで書いたミュージシャン群を見るとお分かりの通り、基本はHR/HM系を中心に取り上げてます。
しかし、ザ・スミスみたいに80年代に活躍したミュージシャンにもかなり思い入れがあるので、結構取り上げてますね。


>メロディがあんまり劣化しない、バンドでしたよね。。。

そうですね、どのアルバムも綺麗なメロディでまとめられてる印象がありますね。最後の「STRANGEWAYS, HERE WE COME」はバンドの終焉も近かった事もあって地味な印象ですが、それでもメロディは良かったと思います。
私が好きなザ・スミスのアルバムは「HATFUL OF HOLLOW」なんですが、La-di-daサンはどのアルバムがお気に入りですかね?
因みに本文に書いてあるリマスター盤コンプリートBOXは結局、購入してしまいました。お陰でまたちょっと熱が高まってます(笑)。

もし良かったら、過去のレビューで興味のあるモノがあったら遠慮なくコメントしてください。ちょっとでも音楽を語れるのは楽しいモノですしね。

2012年06月26日 02:51

comment avater

某音楽馬鹿

すみす

この前の紙ジャケセット、何気に買ったのが初スミスです、ジョニー・マーさんのソロや関連バンドはチェックしてるんですが、何かモリッシーさんの彫りの深い顔とキャラで今まで敬遠してました。
何か上手い事言える程聴き込んでないんですが、同時代に活躍したエコバニやプリファブ・スプラウトなんかと共通の雰囲気ありますね。
これからゆっくり聴き込みます。

2012年07月08日 18:16

comment avater

K.A.E.

遂に買いましたか、ザ・スミス!
でも、さすがに鋭いですね。エコバニやプリファブ・スプラウトを引き合いに出すトコは恐れ入りました。

このバンドの凄いトコは、当時の他バンドよりもずっとリアリティがあって、しかも情けないトコをさらけ出してそれを武器にしてしまうトコにあると思います。
モリッシーを最初に観た時は「何でこんなのが...」と思いましたが(笑)まさか今までずっと愛聴するとは思ってもいませんでしたし。これからもずっと聴き続けるバンドだと思いますし、聴けば聴くほど深みにハマる不思議な感覚がありますね。

2012年07月14日 23:40

コメントの投稿