先日、バンド内のゴタゴタが発覚し、結局はシンガーのジェフ・テイトがバンドを解雇されて現クリムゾン・グローリーのVoが後任として発表されてしまったクイーンズライク。
ジェフと他メンバーとのいざこざがあって(近作の作曲クレジットはジェフと外部ライターでの曲で埋め尽くされ、他メンバーの曲は余り採用されないというトラブルらしい)バンド側がジェフを解雇しようと話してたトコをジェフに聞かれて。怒ったジェフはメンバーに暴行(リズム隊の2人らしい)、バンド側も強行でジェフ抜きのバンドを別名でライブを行ったら好評だったらしく、そのまま解雇に繋がったらしい。

ジェフほどの歌唱力を持ったシンガーが解雇されるという事は、そのままバンドの顔を失う訳だから相当な覚悟を持った解雇劇だったと思うけど、後任シンガーが初期のジェフを彷彿とさせるVoらしいので違和感は余り無いらしいけど、このバンドに対しては思い入れが深い事もあってちょっと冷静じゃいられない...先日、久々に新作を発表したグレイト・ホワイトだ。

バンドの顔と言っても過言ではなかったジャック・ラッセルは今回参加していない。マーク・ケンドールは数年バンドを抜けた事があったけど、まさかジャック抜きの白鮫のアルバムが発表されるなんて全く思いもしなかったなあ。

事の成り行きは、ジャックが胃潰瘍になってしまってバンドを一時的に抜けて治療に専念し、戻ってきたら何故かバンド側から参加を拒否されてしまい、それじゃ「別のグレイト・ホワイトを作る」と言ったらそれすらメンバーに拒否されて、結局ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイトという妙な名前で活動する事になったと。

内部分裂は様々な理由があるから迂闊な事は言えないけど、とにかくファンとしては元の鞘に収まってほしいと願うトコ。今回の新作は某音さんのブログにも書かれてる通り「ジャックじゃなきゃ嫌だ」と思ってるので(笑)購入は見送りですなあ。

さて、そんな白鮫のブートDVDをネットで先日見つけたのでここにレビュー。
「N.Y. RITZ '88」というタイトル通り「ONCE BITTEN」発表後のライブだったらしく、翌年発表される「TWICE SHY」の楽曲は収録されてない。楽曲は以下の通り

1.SHOT IN THE DARK
2.WHAT DO YOU DO
3.GONNA GETCHA
4.MONEY
5.IS ANYBODY THERE
6.SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
7.FACE THE DAY
8.ALL OVER NOW
9.ROCK ME

全曲で約50分くらいなんで、少々食い足りない感じなのがもどかしいけど、この時期の白鮫はブルーズに漬かる前のまだHMっぽい雰囲気が残ってる頃なんで非常に貴重。私が観たライブは「HOOKED」のツアーだったけど、アレはアレで非常に素晴らしいライブだったけれどこの頃も観たかったなあ。カヴァー曲もバリバリ演ってた頃だし。

しかし、折角の「ONCE BITTEN」のライブなのに「LADY RED LIGHT」や「NEVER CHANGE HEART」「SAVE YOUR LOVE」が収録されてないのは何事か!?やっぱオウディ・デスブロウが曲覚えられないからかな??(笑)
だけど「SHOT IN THE DARK」や「GONNA GETCHA」「ALL OVER NOW」が収録されてるのは嬉しい。当然、定番の「ROCK ME」や「FACE THE DAY」、ZEPの「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」やロックのスタンダードと言われる「MONEY」が入ってるのは良い。

冒頭の「SHOT IN THE DARK」をYOU TUBEで試聴して購入を決めたのだけど、とにかくカッコ良い!の一言。曲が好きな事もあるのだけど、やはりジャックの歌唱力の素晴らしさとライブならではのラフな演奏が非常にカッコ良いのだ。
またZEPの「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」はこの映像のハイライトかと。当時、このライブの模様をBURRN!誌でもレビューされてたけど、ZEPのカヴァーをやらせたら同時期話題になってたレニー・ウルフよりも凄いんじゃないか?と評されてたジャックのVoがホントに凄い。コレだけでも十分買いですな。

地元でTV放送されたモノなので、画像は程よく観られるから(HQではないけど)購入したのだけど、何よりこのバンドのライブがずっと前からまた観たいと思ってるのに全然来日してくれないので、結局こういうモノで我慢するしかないのが現状なのはちょっと萎えるなあ。
先日行ったVOICE OF AORみたいなイベントで、当時のバンド達を2~3呼んでライブやればそれなりに当時のファンも入るんじゃないか?と思ってるんだけど(向こうでやってる「ROCKLAHOMA」みたいなヤツ)...当時の観たいバンドはそれこそ多いので(私的にはTESLA、WINGER、DOKKEN、CINDERELLA、POISONなど)何処かのプロモーターさん、ちょっと考えてみてくれませんかね?...あ、でも富士スピードウェイは勘弁で(爆)。


「SHOT IN THE DARK」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=QUqDr0mLn5o&feature=related


「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=bddULHM0bxM&feature=relmfu


「ALL OVER NOW」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=UlYBx515HuA&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LOST HIGHWAY / BON JOVI (2007)

WEATHER SYSTEMS / ANATHEMA (2012)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ぐれいと

選曲が美味しいですね~、私も生で観たかったんですがジャックさん、某TUBEの動画見たらかなり衰えがみられます、バンドもあんな事になっちゃったしもう無理か~って思ってしまったり。
とりあえずジャックさんの新音源、待ちます。

2012年07月08日 17:57

comment avater

K.A.E.

全盛期の彼等のライブを体験出来たのは、ホントに幸運だったと思います。コレはホントに自慢出来ますね(笑)。

ジャックも年齢を考えるとそろそろ衰えてきても仕方ないとは思うんですが、ロニー・ジェイムス・ディオみたいな化け物はともかく(苦笑)感情を込めて歌い上げるシンガーはグレン・ヒューズと双璧を為すと思います。

バンドの復帰は暫く無さそうですが、とりあえずは自分のバンドのアルバムを作るのが今の課題ですね。気長に待ってますよ!

2012年07月14日 23:24

コメントの投稿