Burn 30th anniversary editionBurn 30th anniversary edition
(2005/03/01)
Deep Purple

商品詳細を見る


先週、以前から癌を患っていたジョン・ロードが永眠した。71歳だったとの事だけど、これからこういった悲報は多くなるんだろうなあ。ただでさえHR/HM系のミュージシャンは高齢化が進んでいるし、この人みたいに一時代を築いたミュージシャンやバンドは結構多いから、少なくとも覚悟しておいた方が良いのかも。ご冥福をお祈りいたします。

そんな訳で、彼を追悼する意味で今回のレビューはディープ・パープルの「BURN」。オリジナルのリリースは1974年だけど、このCDは30周年アニバーサリー盤で2004年リリース。先日、HMVにてセールで¥600で購入出来た代物。
メンバーも第3期に突入して、イアン・ギランとロジャー・グローバーが脱退し、ここで新たにデヴィッド・カヴァデールとグレン・ヒューズの2人が加入。

正直言って、バリバリのHRチューンはタイトル曲「BURN」のみ。リアルタイムで聴いた方達は正直感動モノだった事でしょうなあ。リッチー・ブラックモア渾身の一撃と言わんばかりの曲で、ジョン・ロードのハモンドも正に”唸る”という表現がぴったりの名曲。オリジナルでは勿論デヴィッドとグレンのツインVoだけど、グレン自身のライブ盤でも演奏されており、そのド迫力に度肝を抜かれた記憶がある。

残りの曲はデヴィッドの声質を生かしたブルージーなナンバーが大半を占めており、グレンお得意のファンキーな曲も入って、それまでのパープルのアルバムとは一味も二味も違うスタイルとなっている。後にソウルやファンキー路線に耐えられなくなったリッチー自身がバンドを脱退するハメになったけど、この時点ではまだそれに耐え得る忍耐は持っていた様だ(笑)。

まあ、それまでの一本調子でしか歌えないイアン・ギランよりも音楽性の幅が広がった意味ではこのメンバーチェンジは成功だったと思う。だけど、新加入してそれが受け入れられると横柄になって、個性を打ち出そうとする輩が音楽性に口を挟んできた為にバンド自体が脆くなってしまったという本末転倒的な結末が待っていようとは、この時点で疑う人はいなかっただろうなあ。

オリジナル盤は持ってなかったので聴き比べは出来ないけど、このリマスター盤はかなり音質が良いと思う。音の分離が良くて各楽器の音がはっきり聴こえるので、大きな音で聴いて心地良い。イアン・ペイスのドラムがかなり硬質なんで、如何にもHRを聴いてると思えるのが良い。

2004年リミックスが数曲収録されているけど、はっきり言ってオマケ。全体的にオリジナル曲数だけで十分に勝負出来る内容なので、リミックスは無くても良かったかも。

しかし数年前に第3期の再結成の噂が流れた事があったけど、何でリッチー関係はこうした話が出る度に誰かメンバーが亡くなるのだろうか?レインボーの噂の時もコージー・パウエルが亡くなったし、今回はジョン・ロード...リッチーももうHRは演らないんだろうから、こうした噂話はきっちり否定してほしいですな。


「BURN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=dlalQBnrxtE

「MISTREATED」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tsO26Pgm6qI

「YOU FOOL NO ONE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=5R-voFL4ZL8
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CLEANING UP THE BUSINESS / SMOOTH REUNION (2009)

KEEP MOVIN / OLE BΦRUD (2011)

comment iconコメント

comment avater

ume

ジョン・ロードの件は本当に残念です。
ロックにおけるオルガンの格好良さを知らしめた第一人者だったと思います。

さてこのアルバムですが、私はDEEP PURPLEの中で一番好きです。
アルバムタイトル曲もそうですが、特に好きなのは「MISTREATED」ですね。
今でもバンドの練習で、ギターの音の調子が良い時はいつもこの曲のリフを弾いちゃいます。

2012年07月25日 23:38

comment avater

K.A.E.

全盛期をリアルタイムで経験出来なかったので、イマイチ評価しずらいミュージシャンだったんですが、ハードロックにハモンドを加えてこんなにカッコイイ音に仕上げた功績は素晴らしいと思います。後続に与えた影響はかなり大きかったんでしょうね。

しかし、練習で「MISTREATED」のリフをサラっと弾いちゃうのはちょっと渋いですね~。「BURN」とかじゃ逆に熱くなっちゃうとか?(笑)

このアルバムは全曲ライブ栄えするから、バンドのモチベーションもかなり高かったんでしょうね。実際ライブ映像観てもその辺が窺えるし。

2012年07月29日 18:44

comment avater

某音楽馬鹿

えー

亡くなられましたか、残念です。
一時期B!の人気投票独占状態でしたもんね、他に並ぶ人が居ないという意味でしょう、ここでこのアルバムのチョイスは流石です、一番かっこよかったと思うラインナップでのディープ・パープルですよね(違うという人が居るのは分かってます)。
B!の最新刊では同じく闘病中のトニー・アイオミさんが元気そうな顔して載ってました、一安心です、最近はニュース欄から読むようになってます、誰か死んでないか確認する為に。
昔は真っ先に新譜レビューだったんですけどね。
とりあえず巨匠がまた一人旅立ちました、ご冥福をお祈りします。

カリフォルニア・ジャムでの演奏は神懸かってますよね・・、もうみんなかっこよすぎて誰を見て良いのか迷うくらいです、この時代にマルチ・アングル収録があったらよかったのに!(あと3Dでカバさんのマイクが飛び出すとか)。

2012年08月05日 20:33

comment avater

K.A.E.

以前も書きましたが、私は第二期のラインナップには全く思い入れが無いんで、彼等の選出あるアルバムとなると第二期以外ばっかなんですよね(笑)。「COME TASTE THE BAND」をチョイスしてる時点で分かると思いますが(苦笑)。

でも大昔にマルチアングルが存在していたらかなり画期的だったと思います。それこそクイーンやツェッペリンは観てみたかったと思いますし。

関係ない話ですが、今回のオリンピックでのシンクロナイズドスイミングの水面下と水面上に2台のカメラ搭載して合成させる技術が出来る様になったんですから、そのうち擬似3Dなんて目じゃないモノが出てくるんでしょうか?凄い世の中になったモンです。

2012年08月12日 17:01

コメントの投稿