クリーニング・アップ・ザ・ビジネスクリーニング・アップ・ザ・ビジネス
(2009/07/02)
スムース・リユニオン

商品詳細を見る


先週の金曜日に「1日だけ夜勤お願い出来るかな?」と頼まれて、安請け合いしてしまったお陰で体内時計が狂いっぱなしで、暑くて昼寝もロクに出来ない。もう歳なんですよねえ...(悲)

ってな感じで、心底リラックス出来る音楽なんぞを...と、先日購入したAORの2枚をまた聴こうと思ってたら、もう1枚頼んでいたCDがようやく到着したので早速聴いてみる。スウェーデン出身の2人組、スムース・リユニオンのデビューアルバム「CLEANING UP THE BUSINESS」。

先日書いたAOR系のCD2枚と同様、色々検索しながらチェックして気になったミュージシャンなのだけど、3組のうち一番期待してたのがこのCDだった。一番最後に到着したのはちょっとアレだけど...

全く知らないミュージシャンなので、詳細を知る為にインナースリーヴ読んでみたらビックリ。2人共まだ20代前半の若者達で、ゲスト参加してるミュージシャンの中には16歳もいるらしい。で、演ってる音楽はもろスティーリー・ダン直系のAORタイプ...幾らなんでも早熟し過ぎだろ、スウェーデン人!!

アルバム全体で聴ける音は物凄く都会的でアダルトな世界、ちょっとジャズ風味も感じられて年齢を考えても演奏が上手過ぎ。印象としてはスティーリー・ダン、ファンクを抜いたジャミロクアイ、声質は黒っぽさを抜いたスティーヴィー・ワンダーといったトコだろうか。

2人共スティーリー・ダンがお気に入りみたいで、ハーモニカの使い方やコーラスの重ね方で影響がモロに出てる部分があるのはご愛嬌。”パクリ”とかではなく、スマートに自分達なりに消化してるので厭味がないのも面白い。

ただ、余りにもソツが無さ過ぎてちょっと完璧過ぎるのは贅沢な話だろうか?もうちょっと若さを出しても良いと思うし、荒削りな部分があっても良いと思う。逆を言えば、デビューアルバムでこれだけの完成度を提示してるので次作ではもっと凄い事になりそうだという事。

だけど、一部のマニアだけに歓迎されて全く話題に上らないというのもホントに寂しい限り...本人達もまだライブは行った事が無いらしいし、アルバムリリースに関して反応が良かった国がここ日本という話だから、インディレーベルだけどもっと知名度を上げてほしいと思う。頑張ってほしいなあ~。


「THE CONNECTION」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=I3mc6yTvU8U


「BMPD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=kiljDeb8_lw&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

QUEEN Ⅱ / QUEEN (1974)

BURN 30TH ANNIVERSARY EDITION / DEEP PURPLE (2004)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

若い

見た感じ若いと思ったら20代ですか~、私の同級生のお子さんが成人式がどうとか言ってたのを思い出して思わず何か分からんが「ヤバい」・・と。
この歳で・・・という事を抜きにしても若いのに渋いの作りますね。
あとこのジャケは何ぞ!、狙ってやってるんでしょうか、'80年代の雰囲気満載です。

関係ないけどデス・エンジェルのDr、アンディさんがデビュー時は14歳だったとか。

2012年08月05日 20:49

comment avater

K.A.E.

ヤバいって...(笑)いや、良いんですよ。人間、好きな様に生きてナンぼですから。

ここ最近のマイブームと化したAOR系のヤツでも一番気に入ったのがこのアルバムでした。従来のAORとはまた違うモノですが、ジャズっぽい要素が深夜のまったりした時間によく合うんですよね。
因みにインナースリーヴの本人達のコメントを読むと、このジャケは明らかに確信犯だそうです(笑)。

そーいやデス・エンジェルもデビュー当時は皆若かったんですよね!殆ど10代だった気が...
あとハノイ・ロックスもデビュー時はまだ皆若くてサム・ヤッファなんか高校生だったんでしたっけ?デフ・レパードのリック・アレンも確かデビュー時は10代でしたよね。

2012年08月12日 17:43

コメントの投稿