スプークドスプークド
(1997/04/09)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る



やっと始まりました、お盆休み。
今年はカレンダーの関係もあって何と怒涛の9連休。過去最高の超大型連休なんで、正直何やって良いのか分からんので、とりあえず”夜更かし”から始めてみました(爆)。

で、昨日は会社の仲間内メンツと共に夕食会。その帰り際にブックオフに寄って色々チェックしてたら、プリティ・メイズの「SPOOKED」と「SIN-DECADE」が¥500コーナーに置かれてたので即捕獲。
某音サンのブログにて彼等のライブチケットを取ったとの話を思い出して、そーいや彼等の作品も暫く聴いてないな...と思って、ウチのテープを漁って出てきたは良いけど案の定テープが伸び伸びだったので、この金額なら普通にOKでしょう。

彼等の名を知ったのは2ndアルバムからだけど、ジャケのダサさとBURRN!のレビューでの賛否が分かれてたのを気にして当時はそのままスルー。3rdアルバムでの例の「PLEASE DON'T LEAVE ME」のカヴァーで興味が湧き、アルバムも当時の友人にカセットで落としてもらい、次のアルバムに期待してたのだけどアコギのミニアルバムだのでお茶を濁され、やっと次作が出来たらキーボードが殆ど入ってなく全然らしくない作風に失望してしまい、そのままフェイドアウトという流れだったのだ。

だから、このアルバムは初めて聴くのだけど、勿論事前調査も怠らず(笑)ネットでのレビューを読んだりYOU TUBEでチェックしたりして、安心して手が出したと。

前作「SCREAM」は一体何だったんだ?と言わんばかりの快作だと思う。ファストナンバーの冒頭2曲で掴みはOK、重厚でドラマティックな「DIE WITH YOUR DREAM」に続きジャーマンメタルっぽい「FLY ME OUT」、ポップなメロディが心地良い「LIVE UNITIL IT HURTS」、ヘヴィで荒々しいけどバンドの持ち味を生かしたタイトル曲までは実に完璧な流れかと。
後半はミドル中心で攻めるパターンなのでちょっとテンションが落ちるけど、それでも前作で感じた失望感は全く感じない。キッスのカヴァー「HARD LUCK WOMAN」も意外とハマってるし。

やっぱ、何事も自分の耳で確かめなきゃイカンなあ~と改めて実感。当時は結構BURRN!のレビューを参考にしてたけど、前作で見切ってしまった事を少し後悔した。バンドの活動自体も色々波風があったみたいだけど、現代まで生き残ってる正統派HRは貴重な存在だと思う。
10・11月に来日公演があるけど、平日だけどちょっと興味が湧いてしまった。某音サンの語ってる通り、今回は約10年振りの来日公演という事もあって今後は来てくれるかどーか分からないし...うーん、悩むなあ。


「DEAD OR ALIVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=EX0YM1XF4F0

「LIVE UNTIL IT HURTS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=5FaSyiZflVA

「IF IT CAN'T BE LOVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2fFUBdlQMzY&feature=relmfu
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ADRENALIZE / DEF LEPPARD (1992)

QUEEN Ⅱ / QUEEN (1974)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

メイドさん

確かにスクリームは微妙でしたが、聴き込むとなかなか味があるアルバムだと思います。
このアルバムに関しては軒並み好評でしたが個人的にはジャーマンメタルに寄り過ぎてるような印象があります、結構好きな作品なんですがこのバンドの持ち味の一つ「透明感」や「THIN LIZZYに影響を受けましたっぽいハードロック」的な曲が後退してます。
私を含めて「これ以上ジャーマンっぽくなったら危険」と心のどこかで思った人は多かったかと思います、いい作品なんですけどね~。

2012年08月19日 20:52

comment avater

K.A.E.

確かに、北欧ならではの透明感は余り感じられませんね。でも、あの前作の後の作品として考えれば十分及第点だと思いますね。
ジャーマン寄りという指摘は盲点でした。言われてみれば確かに近い作風ですね。ハードロックよりはヘヴィメタル的なアプローチが強かったんでしょうね。ツインも随所で聴こえるものの、シン・リジィっぽさは皆無ですし。
疾走感がある曲が多いので余り重さは感じないですが、それでもドラムの頑張りがかなり目立ちますね。音の抜けも良くて好きですね~、こういうノリは。

2012年08月26日 16:25

コメントの投稿