FC2ブログ

ユーズ・ユア・イリュージョンIユーズ・ユア・イリュージョンI
(2011/11/09)
ガンズ・アンド・ローゼズ

商品詳細を見る


先週末が給料日だったんで、久々にCD屋で新作をチェックしてたのだけど、欲しい新作が殆ど無い。ホントは、超久々に新作発表したスティーヴ・ヴァイが試聴出来れば...(前作が自分的にはちと微妙だったんで)なんて思ってたのに、新作欄の棚にも置いておらず、マジで実店舗のCD屋終わってんなーと実感。
帰宅してネットであれこれチェックしてたら、ブラック・サバスのロニー期BOXセットが中古で安かったので即注文。ついでにプリティ・メイズのスタジオ盤の最新作もあったので同時に頼む。
来月はいよいよマリリオンの新作も登場するので、無理にCD買う必要もないからこの辺で押さえておくのが無難かと。

なので、旧作を色々漁って聴いているのだけど、急にガンズが聴きたくなって引っ張り出してきた。1991年に発表された「USE YOUR ILLUSION Ⅰ」。

リアルタイムで追ってた人には間違いなく印象深いアルバムだと思うし、当時洋楽に興味のない人でもこのジャケは見た事がある人は多かったと思う。間違いなく当時を象徴する作品だと思う。

ガンズの武勇伝はそれこそ山ほどあれど、この作品の製作過程にも色々と話題が多かったのも彼等ならではといった感じだった。まずジャケは、CDで手にする前にTシャツで手に入れた(笑)。当時通ってた西武系列で展開してたCD屋WAVEにてこのジャケのTシャツが2種売り出されていて、お金無かったのにも関わらず当然2種購入して、翌日バイト先に着ていったら周りから「何それ?...え、ガンズのTシャツ!?」って驚かれて一躍注目の的に(笑)。そりゃ、アルバム出てないのに何で新作のTシャツ着てるんだよ、しかもこんな田舎町で?...って事になりますわな。

聴く前の情報源は、今みたいにネットも無い時代だったのでBURRN!や洋楽番組でチェックしてたのだけど、2枚組になるという事と、かなりバラエティな内容になってゲストも多彩という程度のモノだった。本国では、バンドに無断で「BAD OBSESSION」がラジオのエアプレイされて騒動になったというけど、勿論日本では聴く事なんか出来なかったし。

ともあれ、この作品はホントに首を長くして待っていた。勿論、2枚一気に聴いてしまったので、第一印象はかなり散漫だったを覚えている。それでも「RIGHT NEXT DOOR TO HELL」を聴いた時は「かっけー!!」でした(笑)。
前評判のあった「NOVEMBER RAIN」も噂に違わぬハイライトとなるべく曲だと思ったし(当然、シングルカットされるよな、とも思った/笑)1stシングルになった「DON'T CRY」も、それまでのイメージとは一転して重いバラードだなとも感じた。
でも、一番気に入ったのは「COMA」。ある意味プログレっぽい展開もあって、ホントに変な曲なんだけど、それでもインパクトはかなり強かった。

正直な話、もう1stみたいなHRはやらないのか?と残念な気持ちになった。インパクト重視だった前作から、今作では雰囲気重視みたいなスタイルに転換したお陰で、バラエティに富んだ作品が好きな人にとっては前作よりも良いと思う人もいると思う。私も基本的にはバラエティ豊かな作品が好きな方だけど、出来ればあと1~2枚は前作路線で出してそれからこの路線に進んで欲しかったなあ~と今でも思う。

「YOU AIN'T THE FIRST」や「DUST N' BONES」は余り好きじゃないけど、それ以外は全部受け入れられた。「THE GARDEN」でのアリス・クーパーの存在感とか、「BAD OBSESSION」でのマイケル・モンローのブルースハープとか細かいトコも聴き所があって面白いとは思うけど、やはり2枚同時発売というのはやり過ぎだったと思う。1枚に集めて”良いトコ取り”したら間違いなく名盤扱いだったと思うと残念でならないけど、こうしたやり方もガンズらしいといえばそうなんだけど...


「DON'T CRY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=zRIbf6JqkNc&feature=relmfu

「NOVEMBER RAIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=8SbUC-UaAxE

「COMA」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=uEcuRKUIz1s&feature=related
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

USE YOUR ILLUSION Ⅱ / GUNS N' ROSES (1991)

VALOR DEL CORAZON / GINGER (2006)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

がんず壱

確かにこの2枚同時発売は楽しみでした、ボスも同じ時期に2枚同時発売したんで、定着するかな~って思ってたらあんまりやる人居なかったですね、やっぱり大物じゃないとできないとか。
聴いた感じは毒が抜けちゃったな~って感じです、モトリーがGGGからDr~アルバムで変化したのと同じような・・。
曲は正直ばらつきがあって凄い気に入った曲と「ふーん」って曲が混在、私はMDに2枚の中から好きなのだけ選んで聴いてました(なので収録曲全部覚えてない)何で選りすぐって1枚にしなかったんでしょうかね、やっぱりアホだったから・・・もとい、面倒だったのか~。

2012年09月02日 20:16

comment avater

K.A.E.

私も同感ですね。
ただ、あれだけ期待したアルバムだったんで、買ってから暫くこの2枚しか聴いてない時期もありましたよ。なので、収録曲はきっちり覚えてました(笑)。

そーいや、ブルース・スプリングスティーンも2枚同時発売やってましたね。ブルースは前作が等身大の姿になっちゃったみたいで、しかもPVがキッチンみたいな場所で弾き語り...って、あの「BORN IN THE U.S.A.」は一体何だったの?と困惑した記憶があります。

2012年09月03日 22:02

コメントの投稿