ラヴ、ハーモニー&エタニティ~グレイテスト50・オブ・スティーヴィー・ワンダー(初回限定価格盤)ラヴ、ハーモニー&エタニティ~グレイテスト50・オブ・スティーヴィー・ワンダー(初回限定価格盤)
(2010/08/04)
スティーヴィー・ワンダー

商品詳細を見る


先日、近所のTHUTAYAへレンタルDVDを探しに行った際、全然品揃えが無いCDコーナーをいつもはスルーするのだけど、この日は何気にチェックしたらラックの1/4くらいが50%オフになってたので、給料前にも関わらず2枚購入。1枚はアース・ウィンド&ファイアーのCD+DVDのベスト盤が¥1150、そしてもう1枚が今回のお題、スティーヴィー・ワンダーのSHM-CD3枚組ベスト「LOVE HARMONY & ETERNITY」を¥2000で購入。

EW&Fは以前2枚組ベストでレビューしたので今回はスルーだけど、内容は1枚に絞ってるお陰で正にグレイテストヒッツ的な内容で満足。2009年に発売されたモノなので音も綺麗だし。入門には最適な1枚ですな(DVDは、如何にもEW&Fな雰囲気のクリップで余り観ないと思うけど/笑)。

で、スティーヴィー。当然、洋楽を聴く以上誰もが一度はCM等で耳にするであろう大物ミュージシャンである訳だけど、私の場合はリアルタイムで聴いたのは全米1位を獲得した「I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU」(邦題:心の愛)でした。
当時の主流だったシンセを多用したナンバーだけど、メロディはタイトル通り温かみのある雰囲気で、こういう曲をさらっと演って全米No.1取っちゃうトコに、この人が若かりし頃から天才と謳われてきたのがよく分かる。
でも何時だったか、TVで観たストリッパーのドキュメントで、この曲をBGMにして踊ってる映像を観てちょっと違うんじゃ...と思った事があって、それ以来この曲聴くとその事を思い出して複雑な心境に(苦笑)。いや、別にスティーヴィーが悪い訳じゃないんですけどね。

でも、その後彼を追ったのは次作の「IN SQUARE CIRCLE」まで。「PART TIME LOVER」がヒットしたのはよく覚えてるけど、その後は結構リリース期間があったりして自然と聴かなくなってしまった。まあ、この人の真髄は70年代~80年代初頭と言われてるから、当時の音楽シーンの流れでは仕方ないのかもしれないけど。

そんな訳で、こういうベスト盤はスティーヴィーを知っていながらも初期の頃から全盛期を殆ど知らない私の様なリスナーには物凄く有り難い作品かと。このCDは日本独自企画盤だったらしく、発売された2010年にスティーヴィー自身がサマソニに来日(!)という事もあって、それを機に発売されたらしい。
しかも意外だったのが、スティーヴィーのそれまでのベスト盤は本人が余り関与してなかったらしく、このアルバムで初の監修を行ったとの事。しかもタイトル通り、愛・調和・永遠を各CD1枚ずつにテーマを決めて編集してあるので非常に興味深い。

全50曲収録。スティーヴィーのコアなリスナーには「あの曲がない、この曲がない」って事になるのだけど、基本的な代表曲を殆ど収められてるし(前述の「PART TIME LOVER」は収録されてないけど、構成上無理に入れるとイメージに合わないので入れなくて正解だと思う)様々なタイプの楽曲が収められてるので、物凄く楽しめた。驚いたのは、この人の楽曲にはR&Bテイストが強いかと思いきや、意外とポップ寄りの雰囲気が強いという事。だからこそ、万人に天才と認められて大成功を収められたんだろうなあ~。

でもこのCDを聴いて、彼のフォロワーはホントに多かったんだなあ~と改めて実感した。畑違いだけど、グレン・ヒューズがよく彼の様な歌い方って言われるのがよく理解出来たし、ジャミロクアイも明らかに影響受けまくりだし、レッチリが「HIGHER GROUND」をカヴァーしたり、あのマイケル・ジャクソンですらジャクソン5時代に影響を受けた訳だし。でも、やはりオリジナルの凄さには誰も勝てないと、今更ながら思い知らされた気分だ。


「ISN'T SHE LOVELY」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=gckGhM7GmWM&feature=related

「SUPERSTITION」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=wDZFf0pm0SE

「RIBBON IN THE SKY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=fihlBfuA2B4

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GREATEST RADIO HITS / BRUCE HORNSBY (2004)

HATE CREW DEATHROLL / CHILDREN OF BODOM (2003)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

すてぃーびー

私もCMで見たのがさいしょですかね、印象的でしたもんね「あぃじゃすこー」。
後で実は凄い人だったと知って当時のCMは各社力入れてたな~って、YouTubeで「懐かCM」UPされてますがやっぱりインパクトあるしかっこいい、特に洋酒やタバコ、車、オーディオ、カメラ関連、あとウォークマンの猿もシュールでした、今はこういうインパクトのあるCMあるのかな~「犬が喋るのは見た事ある」程度しか地上波見てないですが。

スティーヴィーさんは何故かあんまりCD聴いてないですね~これから新譜ラッシュなんで一段落してからベスト辺りが安かったら買ってみます。

2012年09月30日 12:17

comment avater

某音楽馬鹿

CM

comment avater

K.A.E.

今では不況の影響で余り見かけないですが、当時はホントに外タレのCMがめっちゃ多かったですよね。よく覚えているのがマイコーのスクーター、デュラン・デュランの二頭身、ボン・ジョヴィのラジカセあたりですかね。あ、スティングのビールやブライアン・フェリーのビデオテープなんてのもありましたね。
でも私的に最強なのはクラリオンのエマニエル坊やですかね(笑)。

スティーヴィーはホントに良いですよ~。3枚組なんで聴くのが大変ですが、どのCDチョイスしても一発で分かる個性は正に天性のモノですね。今のR&Bよりもこの人達が活躍した頃のR&Bの方が遥かに魅力があると思います。いつかこの頃のR&Bも掘り下げていきたいですね。

2012年10月02日 00:09

コメントの投稿