Sound That Can\'t Be MadeSound That Can\'t Be Made
(2012/11/28)
MARILLION

商品詳細を見る


何だか夏以降、新作CDを購入していない気が...まあ、旧譜が安値で出てるからそっちばっか目がいっちゃって、新作チェックしても、国内盤あたりは全部後回しになってしまってるのが実情で、待ち侘びたモノがリリースされてる訳でもないから後回しになってしまうと。それに「やっぱ欲しいな」と思っても、直ぐに買いに行けるCD屋が近所にないのがキツい。
しかし、ようやく待ち侘びたCDがリリースされた。そうマリリオンの新作「SOUNDS THAT CAN'T BE MADE」だ。

ジャケットのイメージもこれまでのモノとはイメージが異なり、毎回新作がリリースされるなり音楽性がどの様になっているのかが彼等のアルバムの楽しみな部分の一つなのだけど、結論からいうと今回の作品、かなり気に入りましたね。
まず冒頭の「GAZA」がいきなり17分半の超大作。しかも音を聴いて驚いたのが、音の厚みとギターの重さがメタル的な音で、過去の作品には感じられなかった事。ましてや17分もあるから曲展開が変わる×2。umeさんが”プログレ的”と表現したのはこういう事なのだろうか?

しかし、私的に”プログレ的”と感じたのはこの曲と「MONTREAL」だけで、後はいつものマリリオン的な曲展開だと思う。但し、音作りが今までとは幾分趣きが異なるので、かなり新鮮な気分を感じられる。勿論、スティーヴ・ホガースの歌声や演奏陣が変わってる訳ではないから、明らかにマリリオンを聴いてるのだけど”何処か”が違うのだ。これは予想外だったなあ。

前作が2枚組(といっても良いでしょう)で、似た印象の楽曲が多かったので聴き込むまで結構な時間を要したのだけど、今回は大作が2曲入ってるのにも関わらず一気に最後まで聴いてしまうのもかなりの好印象。

このアルバム作る前に、ネットで彼等のこれまでの作品の中でどんなタイプの楽曲が聴きたいか?というアンケートを取ったらしいけど、そんなアンケート取った割りにはそれが全然生かされてない(笑い)。つまり、過去のどの作品の楽曲にも似てないモノを作り上げちゃったというのは、バンドのポテンシャルがまだまだ存在するという事なんだろうなあ。80年代からバンドが続いて、未だに新たな発見があるってホントに凄い事だと思う。

全曲素晴らしいの一言。これはかなりの愛聴盤になりそうで、間違いなく今年聴いた新作の中ではトップですな。
国内盤が久々にリリースされるらしいけど、ついでに来日公演も実現しちゃってくれればもう文句ないんだけどなあ...っていうか、死ぬまでに観たいミュージシャンの3つのウチの一つなんで、来日公演が実現すれば夢の1/3が叶うのだけど果たして...


「GAZA」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Z5VKmyDEF6U

「POUR MY LOVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=kF8-_0jfCgU

「SOUNDS THAT CAN'T BE MADE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Af_5ZMtSfpo&feature=relmfu
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AFTERMATH OF THE LOWDOWN / RICHIE SAMBORA (2012)

SEE THE LIGHT / THE JEFF HEALEY BAND (1988)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

まりりおん~

私も買って届いてるんですが未開封です、他の新譜がまだ聴けてないんで、休みの日にゆっくり楽しもうかなって置いてます。
ネタバレになるの覚悟で感想読ませて頂きました、すぐにでも聴きたいですが、やっぱり我慢です(今はラウドネスの新譜聴いてます)
感想はまた後日本館のリニューアルに合わせて・・という事で(いつになるか分かりませんが)

2012年10月15日 21:43

comment avater

K.A.E.

いやホントに素晴らしい作品だと思います。未だに前作の2枚は数曲馴染めないモノもあったんですが(多分、あのボリュームのお陰もあると思いますけど)今回は流れがかなりスマートなんで一気に聴けてしまう印象ですね。

しかし、まだまだ引き出しを持ってるとは驚きました。国内盤リリースも決まったことですし、ここらで来日公演が実現すればまた日本での評価も変わってくると思うんですけどねえ~。

2012年10月20日 11:58

comment avater

ume

ご無沙汰しております。
ずっと体調不良で・・・

マリリオンのニューアルバム良いですよね。
私も大好きです。
K.A.E.さんがおっしゃる通り今作は一気に聴けます。
アルバムも統一性があり、飽きません。
個人的に一番好きなのは最後の曲ですね。
ちなみにプログレ的といったのは、全体に漂う雰囲気です。
PINK FLOYDやKING CRIMSONのアイランズを聴いてプログレだなぁ~って思うような感じです。
今度こそは来日公演に期待してしまいます。
クラブチッタあたりに頑張ってほしい!!

2012年11月02日 22:22

comment avater

K.A.E.

私的にはタイトル曲と「MONTREAL」、「INVISIBLE INK」が最高ですね。
プリティ・メイズのライブに行く電車の中で、アルバム通しで聴いてましたがやっぱり素晴らしいです。幾分ロックっぽさが感じられるのも良いアクセントになってると思いますし。

来日公演はやはりチッタに賭けるしかないですかね?最後の来日もチッタでしたし、今度のムーン・サファリの日本公演もチッタですからねえ。ラッシュの日本公演と同様、期待して待ってますよ!

2012年11月03日 16:24

comment avater

某音楽馬鹿

まりりおん

聴きました、感想は聴き込んでからブログで書きます、が、予想外の方向に行きましたね、プログレ・バンドにプログレっぽいって言うと怒られそうですが、今までになくプログレ色が強く、ハードです、こういうのも有りでしょう、このキャリアにしてRUSHみたいに次作の方向性が読めないバンドになるのも面白いかも。
私は気に入りました!。

2012年11月03日 23:53

comment avater

K.A.E.

今回はホントに良いアルバムですよね。未だに前作2枚はお気に入りの曲以外は”どれがどの曲?”ってな具合なんですが(汗)今回のは分かりやすくも深いと言った感じでしょうか?

そろそろ再評価されても良いと思うんですけどね~。このバンドを追ってる人達はちゃんと分かってますが、一般層では未だにフィッシュのイメージやジェネシスクローンのレッテルが剥がれないのはいい加減にして欲しいですよ。

やっぱココは来日果たして新たなイメージを植えつけてくれれば少しは浸透するとは思うんですけどね~。

2012年11月04日 17:14

コメントの投稿