イット・カムズ・アライヴ~メイド・イン・スイス(DVD付)イット・カムズ・アライヴ~メイド・イン・スイス(DVD付)
(2012/04/25)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


行って来ましたよ、2日前のプリティ・メイズ東京公演。ライブは今年3月のシンディ・ローパー以来、HM/HR系だと数年前のAC/DC以来という事になりますねえ~。
久々のHM/HR系のライブという事もあって体力持つかな?と心配だったけど、そんな不安などライブ開始と同時に吹き飛んでしまい(笑)観客のノリも凄く良くて、終始ノリまくった最高に楽しいライブでした。

いつもライブ関係はご一緒する友人達と、HM/HR系は勉強中の経歴の浅い友人を交えて観てたのだけど、そのHM/HR経歴の浅い友人は「ここ最近の中で最高のライブ!」と絶賛してたくらいだから、そういう人を巻き込むバンドの力量が存分に発揮されたライブだったと思う。

私自身も彼等のライブは初めてだったのだけど、ライブを観るまではその活動状況や力量にイマイチ確信が持てなかったので、ライブ後にガラリと評価が変わったと言っても過言ではない位、素晴らしいバンドだと思った。
メンバーの演奏のタイトさは勿論、ケン・ハマーのギターは物凄くキラーだったし、ドラムの硬質な感覚は如何にもHMバンドらしくて好感が持てた。でも、何と言ってもロニー・アトキンスの歌唱が素晴らしかった。かなり声が出ていて、年齢を考えても正直ここまでやるとは思わなかったなあ。

すっかりハマってしまいましたよ(笑)。キャリア30年近くの色々と波風あった活動で、未だに正統派HMの看板掲げて活動しているのだから頭が下がる思いで一杯だし。ちょっとナメてました、スイマセン...

さて、その余韻を思いっ切り引き摺ってくれるライブ盤が、この「IT COMES ALIVE - MAID IN SWITZERLAND-」。2枚組のライブ盤でライブ本編のDVD付。国内盤は¥5250と少々値が張るけど、輸入盤なら半額くらいで買える。私はインタビューとかも知りたかったから字幕付きの国内盤にしたけど、ライブのみ観るならば輸入盤でも十分ですな。

日本公演ではこのライブ盤から数曲削って、代わりに「LEATHAL HEROES」(コレは嬉しい誤算だった!)が追加された構成になってたけど、好きな「HELL ON HIGH HEELS」が省かれたのが残念。でも、こうしてライブ音源がいつでも観たり聴けたりするのは喜ばしい限り。
ライブ盤にありがちな荒削りな部分が魅力になってるのも良いし、特に初期の楽曲でのキーボードがキラキラしているスタジオ盤と比べると音はかなりヘヴィになっているので、古臭さは余り感じないのもポイント高し。上手い具合にライブの熱気を封じ込めた、素晴らしいライブ盤だと思う。

しかし、有給取って無理してライブ観に行ってホントに良かった。やっぱ良い曲を持ってるバンドは強い!と心から思ったし。曲を知らなくても決め所が分かる曲だから直ぐにノレるし、知っていれば尚の事ノレるし。ライブバンドの理想形を思い知らされた気分。
来年新作を発表予定だそうで、ロニーもMCで「また戻ってくるぜ」と語ってたので期待しちゃいますよ。勿論、再来日決まったらまた有給取って行きますぜ!(笑)


ライブ盤予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=YQlygBrGgEA

「BACK TO BACK」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SpZku76xjFs

「PLEASE DON'T LEAVE ME」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=dzaMJGomcGY&feature=related

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CALM BEFORE THE STORM 2 / DARE (2012)

NATIVE SONS / STRANGEWAYS (1987)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

太っためいどさん

大阪も良かったですが東京も良い状態だったみたいですね~。
前座がウザい、又は悪いバンドじゃないけど早く帰りたいんで要らないという声があちこちから出てますが(お気の毒です)私もこの前座知りませんでした、ちょっとチェックするつもりです。
そもそも日本でプリティ・メイズの前座して合うバンドが思いつきません。
それはともかく「HM経歴の浅い友人さん」はメタルにハマった人の末路をご存知なのかが気になりました(笑)一応、まだ引き返せる段階と見ましたが、知ってて茨の道を歩むのと、知らずに気付いたら「あら大変」茨がこんなに!、というのでは全然違いますからね~(笑)。
くれぐれも「深入りすると道を踏み外す」「一度ハマったら容易に抜けられない」くらいは注意してあげて下さいね~。
メイドさんのライヴの感想はブログの方に書きました。

2012年11月04日 00:17

comment avater

K.A.E.

前座のアーク・ストームは、一緒に行った友人達がこぞって「興味なし」の判断を下したんで観ませんでした。まあ、ネオクラシカル自体、インギー聴けば事は足りると思ってますし、そのブタ伯爵自身もここ10年近くマンネリ化して面白くないので、ちょっとジャンルとしてどーなのか?と。

メイズの前座に合うバンド...確かにいませんよね~。強いていうならVOW WOWあたりだと思いますが、とっくに解散してますしね。

その”HM経歴の浅い友人”は女性で、好きなミュージシャンはマンソンだからラウドロック系は好物みたいですけど、メイズみたいな正統派HMはちょっとどうだろう?と躊躇してたんですが、ライブ前に私がプレゼン(という程ではないですが、このライブ盤を聴かせた程度)を行った結果、「LITTLE DROP OF HEAVEN」と「PLEASE DON'T LEAVE ME」の2曲は気に入ったとの事で、ライブに来る事になったんですよ。

で、ライブ前半は申し訳なさそうにノる程度だったんですが、後半の2nd~3rdからのナンバーが続くに連れ、かなり盛り上がっていき、ライブ終了後には「ここ数年で観たライブでかなりハマった!」との評価を頂きましたよ。
...もう茨の道に踏み入れたのかも知れませんね(爆)。

2012年11月04日 17:44

コメントの投稿