FC2ブログ

太陽と戦慄(紙ジャケット仕様)太陽と戦慄(紙ジャケット仕様)
(2006/02/22)
キング・クリムゾン

商品詳細を見る


前回書いた”唇にヘルペス”は、放っておけば治るだろうと思いきや、実は鼻の中にまで被害が及んでしまい、しかもそれが化膿してしまうという最悪の事情になってしまった。
唇や口の上あたりは潰れてしまえば後はかさぶたになってしまうので暫くすると治ってしまうのだけど、鼻の中はさすがにそうはいかなく、中々空気に触れ難い場所でしかも化膿した部分が潰れると、痛みも伴い治りにくい。
仕方なく、昨日は有給使って病院行って来たのだけど、医者の診断は診るなり「あ~、コレはかなり荒れちゃってますね~」と。鼻の化膿は放っておくと脳にウィルスとかが行き易いので、早目の対処が必要との事。とりあえず塗り薬2種類貰って、何とか痛みは治まったので一安心。
しかし、元々ヘルペスは疲労や睡眠不足、栄養のバランスが悪い時に出来やすいとの事なんで、やっぱ疲れてんだよなあ~と。今年ももうちょいなんで、ラストスパートで頑張らねば!

で、今日のレビューはキング・クリムゾン通産5作目となるオリジナル「LARKS' TONGUES IN ASPIC」(邦題:太陽と戦慄)。先日、某音さんのブログにて40周年記念盤を購入したと書かれてましたが、この40周年記念盤、何でもCD13枚組って事じゃないですか!?1枚のアルバムに13パターンのあれこれがあるという事なのだろうか?ピーガブの「SO」もアナログやら何やら色々付けて値段吊り上げてたから、最近はこういうカタチでの儲け主義に走ってるのが主流とか?

何でこのアルバムかというと、単に市内の中古屋をプラプラしてたらこの紙ジャケ盤が¥980で売られてたんで、試しに買ってみようか?と。
私は五大プログレバンドの中でもそんなに得意じゃないキンクリだけど、得意じゃない理由ってのはやっぱ難解だからというのが一番かと。でもまあ、そろそろ本腰入れてじっくり聴いてみようじゃないか~と思ってたトコだったので、偶然の賜物というか良いタイミングで購入出来てラッキーだ。

まずこのアルバムの時点で既にバンドは5作目だったというのがちと驚き。初期の頃はアルバム毎に音楽性が変わって、イマイチどれが本質なのか見極められないのだけど、このアルバムで以降の作品の骨格みたいなモノが提示されたのではないかと思う。
タイトル曲での、タイトでヘヴィな音像と曲調は相変わらず難解を極めており、一方で「BOOK OF SATURDAY」や「EXILES」の様な叙情性を活かした”静”を感じさせる楽曲のバランスが見事。「THE TALKING DRUM」でのビル・ブラフォードのドラミングもタイトル通り。凄いドラマーだなと思わせながらも、このアルバム発表の翌年、フリップ爺が勝手に解散発表をするのは驚いただろうなあ。イエスを抜けてまでも参加したのにそりゃねーだろ?って(苦笑)。
私的な一番のポイントはデヴィッド・クロスの奏でる狂気のヴァイオリンではなかろうか?ほぼ全編で聴こえるこの音色こそ、このアルバムの一番の聴き所だと思ってる。

また、ちょっと調べたらあの「エマニエル夫人」のBGMで「LARKS' TONGUES IN ASPIC PART 2」が盗作されたというのは驚いた。まあ、あの映画は小学生の時だし、しかも内容は子供が見る様なモノではないから印象も何もないんだけど(でも、小学校の通学路に映画のポスターが貼ってあってインパクトはあったなあ)。結局、示談でカタは着いたらしいけど、この曲ってそういうイメージのモノなのか??

来年、フリップ爺を除いたクリムゾン・プロジェクトなるプロジェクトが来日公演を行うけど、フリップ爺抜きで大丈夫なのかと?演奏のみなら何とかなるとは思うけど、やっぱ御大不在のライブってのはイメージが沸かないなあ。


「LARKS' TONGUES IN ASPIC PART 1」↓
http://www.youtube.com/watch?v=tCed47HdRu8

「LARKS' TONGUES IN ASPIC PART 2」↓
http://www.youtube.com/watch?v=eGNcU8Goc5w

「EASY MONEY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=H_gzyaafZd8
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ライブについて

UNDERTOW / TOOL (1993)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

知らない間に

ちょっと休んでて知らない間にえらい災難でしたね、安静にして早く良くなって下さいね~お大事に・・ってコレ安静が必要な人やストレス溜まってる人が一番聴いちゃいけないバンドだったりしませんか~。
確かにBOXは凄い物量でまだ全部聴いてないんですが、このバンドってテイク違いだけでもう別の曲レベルの価値があるんで思い切って買っちゃいました。
感想はちょっと止まってるけどブログで書きます(本気で聴くと大変疲れます)。
次はRED辺りのデラックス盤が楽しみです。

2012年12月10日 01:19

comment avater

K.A.E.

お気遣い有難う御座います。まあ、もう歳なんで(笑)無理すんなって事なんでしょう。
今年の年末年始は9連休とかなり長いので、それを糧に頑張ってみようかと(笑)。音楽ガンガン聴くのは勿論の事、映画もバンバン観て、TVゲームもジャンジャンやろうと思ってますよ(爆)。

でも確かにキンクリはストレス溜まってる時に聴いちゃマズイですよね(笑)。まあ、でも意外とすんなり聴けちゃいましたよ。ただ、あのヴァイオリンはかなりヤバいですが。

13枚のテイク違いってのも凄いですよね!マニアだったら全部覚えちゃうんでしょうが、私みたいな浅い人にはどれがオリジナルテイクだか分からなくなりそうです(苦笑)。
如何にもフリップ爺のやりそうな事ですよね~、「宮殿」なんかもう何枚再発してるのか分からないくらいですし...

2012年12月10日 20:41

コメントの投稿