アイソレーション(紙ジャケット仕様)アイソレーション(紙ジャケット仕様)
(2005/04/20)
TOTO

商品詳細を見る


今日はクリスマス。朝からTV見てると「あなたの好きなクリスマス曲ベスト5」的なモノが何処でもやっていて、その度にワムだの山下達郎だのと毎年×2ホントに飽きないよなあ~と。
毎年書いてる気もしない訳でもないけど(笑)何でクリスマスソングは定番曲しか聴かないのだろうか?まあ、さすがにべノムとかはマズいと思うけど(爆)他にもクリスマスにちなんでなくてもそれらしい曲は幾らでもあるだろうに。もっとセンスの良い曲をチョイスして貰いたいモンだ。

年末年始の大型連休を前の3連休だったけど(実際には半日出勤要請があったので2・5日)殆どの時間を、先日購入したX-BOX360に費やしてしまった。まあ、身体のあちこちが痛かったので休養にぴったりで、ブツブツ言いながら長時間プレイしてたお陰でアッという間に終了。大掃除は大型連休の最初の方でやるつもりなので、今回は効率良く休暇を使いたいモノだと。

さて、購入したいモノもそこそこ増えてきてはいるのだけど、年明けに到着予定なんで旧譜を聴き漁っており、先日USBで大量に音源聴かせてくれたmesonaokoサンのモノや、まだ聴いてないCDなどを中心に聴いていたのだけど、やっぱ休日ののんびりした雰囲気にはAOR的なモノがよく合う...という事で、今回はTOTOの「ISOLATION」をチョイス。

思えばTOTOの名を初めて知ったのがこのアルバムからだった。当時は中学生で、私みたいにビルボードチャートを中心に聴いては気に入ったシングル盤を買って、それを繰り返し聴きまくるという感じだったのだけど、このアルバムを当時の同級生がカセットで購入してたを思い出した。
だけど、何故か当時はそんなにまともに聴かなかった。「Ⅳ」があんなに売れて、しかもグラミー7部門制覇という偉業を成し遂げた訳だけど、私自身は「AFRICA」なんて、そんなに良い曲には聴こえなかったので(何故だか分からないけど、今でもこの感覚だけは変わらない)余り興味もなかったという事なんだろうけど。

だけど、このアルバムが発売された当時来日公演があって、ある日の夕食時にTVでいきなり「STRANGER IN TOWN」をバックにCMが流れた時はやたらインパクトがあって「これってTOTO?」って驚いた記憶がある。ボビー・キンボールからファーギー・フレデリクセンにチェンジした事もあったけど、音が幾分ハードになって良い意味で耳を惹いた訳だ。
余談だけど、当時はよく来日公演のCMが流れていたなあ。それも今みたいに深夜じゃなくて、夕方とか普通に流れてて、それでボビー・コールドウェルを知ったくらいだし(当時「竹取物語」で使われてて「あ~、この人か!!」と)。あとスキッド・ロウの来日公演CMがお茶の間に流れた時は、余りの場違い感を感じたくらいだ(笑)。

さて、ボビー・キンボールと比べると幾分線が細い印象のファーギーだけど、歌唱力はさすが前任者にも負けず劣らずの実力派だと思う。ただ、トリリオンというHRバンドに在籍してたという過去を持つだけに、やはりスタイルはHR的なアプローチが強く、ボビーと比べると幾分荒い感じ。
でも、この楽曲にはかなりフィットしていて前述の「STRANGER IN THIS TOWN」や「ISOLATION」、「CARMEN」「ANGEL DON'T CRY」あたりは彼の持ち味が十分に発揮されていると思う。

まあ、前作が名盤扱いされて注目を浴びた今作にはハードルがかなり高かったと思うけど、個人的にはこのアプローチで良かったんじゃないかと。また似た様なモノを作るよりはよっぽどクリエイティヴだと思うし、ボビーの脱退で新たにスタイルを見出す事も出来た訳だし。

しかし、このアルバムのみでファーギーは脱退。後任のジョセフ・ウィリアムスも良いボーカリストだけど、やっぱあと数枚はファーギーで聴いてみたかったというのが本音。バンドの歴史の中でもハードな部類に入る作品だけに、ホントに残念だなあ。


「ANGEL DON'T CRY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=OMV2p0ZtE4Q

「STRANGER IN TOWN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=emPv_IeQsUY

「ISOLATION」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=vuXBkJ2UHck
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HOPES AND FEARS / KEANE (2004)

THE EVENING OF MY BEST DAY / RICKIE LEE JONES (2003)

comment iconコメント

comment avater

ume

先日のVOICE OF AORでファーギー見ましたけど、歌うまかったですね。
ちょっとスター性はありませんが、歌は全く衰えていませんでした。
このアルバムからもやっていて、結構良かったです。
私的にはTOTOは1st、4thがやっぱり好きかなぁ~(一般的すぎ!?)

2012年12月25日 00:37

comment avater

K.A.E.

ファーギーはソロアルバムも良い出来だったみたいだし、まだまだ埋もれるには早いミュージシャンですよね。曲が書ける良いパートナー見付けて活動してくれると良いんですけどね。

しかし、VOICE OF AORも客入りがイマイチだったみたいから(タダ券ばら撒いたって話だし)第二弾は期待出来ないですかね?この前もちょっと書きましたけど、やはりジョン・ウェイトにはこういうトコで来て欲しいですよね。ジョーリンややっさんはもうお腹一杯ですが(爆)。

TOTOのアルバムは、私や某音サンの好みも三者三様で面白いですね。私的には7thとこのアルバムがベストで、意外と8thと「XX」も好みです。曲単位となるとまた別で「WAITING FOR YOUR LOVE」とか「TURN BACK」あたりが好きですけどね。

2012年12月25日 22:59

comment avater

某音楽馬鹿

くりすます

あ~、私もイヴと25日はメタルばっかり聴いてましたね~、頼んでたロッドスチュワートさんのクリスマスアルバム、間に合いませんでしたから。
TOTOはいつになっても愛されてますよね~。
歴代のVoさんも最近は活躍し始めましたし。
あと、下のRLJさんは名前抜けてましたね~失礼しました。

2013年01月02日 01:07

comment avater

K.A.E.

某音さんの事だから、聖なる夜でもお構いなしにヴェノムだのエレクトリック・ウィザードだの聴いてそうですよね(笑)。まあ、私も似た様なモンですが。

久々にこのアルバム聴きましたが、やはり前作とは大きく作風が異なりましたよねえ~。ボビー脱退で吹っ切れたのか、単にルークがこういうアプローチにしたかったのか定かじゃないですが、それでもバンドらしさは決して失わないのはさすがだと思います。むしろ方向性を見失ったのは次作の方だったと思いますが...

2013年01月02日 23:50

コメントの投稿