FC2ブログ

モトリー・クルー(紙ジャケット仕様)モトリー・クルー(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


何なんだろう?このアルバム聴く時って、いつもこんな感じで手にする事が多い。
発売当時は忘れもしない、約5年振り、そしてヴィンス・ニール解雇後初のアルバムとして非常に注目したアルバムだったけど、一通り聴いた感想は正に「期待外し」の一言。

このアルバムを聴くにあたり、ちゃんと予習でザ・スクリームのアルバムも聴いていて、その音が結構好みだったので(「OUTRAW」や「FATHER,MOTHER,SON」なんか大好きだった)「あ、この路線ならモトリーと合うかも?」と期待していたのだけど、実際届いた音はかなりヘヴィで時代に沿った音作りだったので、よく大物バンドにありがちな「寄り道」かな?と、当時は思ったな。

しかし、その後のライブのレビューとかを読むと、そのジョン・コラビが「全然歌えていない」という酷評が...この当時のライブには行かなかったので詳細は分からないけど、こりゃ致命傷でしょ?しかし今聴くと、CDで聴く限りは普通に歌えてたりするんだよね。

結局、メンバーチェンジで音楽性まで変えたのがこのアルバムの不運だと思う。ニッキー・シックスも認めてる通り「モトリー名義で出すべきじゃなかった」と発言してるけど、ホントにそう思う。何せ、あの「Dr.Feelgood」の後にこれじゃあ...

でも、今では一番よく聴くアルバムになってしまったのは皮肉な話(笑)。「HOOLIGAN'S HOLIDAY」は当時から好きだったけど、他にも「POWER TO THE MUSIC」「UNCLE JACK」「POISON APPLE」とか今聴くと普通にカッコイイ。

要は、このアルバムって「世に出るのが早過ぎたアルバム」だった...って事なんでしょう。Voをヴィンス・ニールで再録音したらどんな感じになるのか聴いてみたい気がするアルバムでもあるなあ。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ONCE BITTEN... / GREAT WHITE(1987)

ONE WAY HOME / THE HOOTERS(1987)

comment iconコメント

コメントの投稿