SIT DOWN THINK (紙ジャケット仕様)SIT DOWN THINK (紙ジャケット仕様)
(2007/04/25)
TALC

商品詳細を見る


今日は今朝から昨日借りたレンタルDVD2枚鑑賞。1枚は「エンター・ザ・ボイド」という、何の予備知識もなくただレンタル屋でジャケ写と内容読んで借りたモノ。もう1枚はメタリカが楽曲の使用許可を出したという触れ込みで話題になった「メタルヘッド」。
「メタルヘッド」は出てくる人物があのクリフ・バートンっぽい風貌というだけで期待値高かったけど(腕のミスフィッツのタトゥーまで似せてるのには笑った)内容はそんなにメタルっぽい感じではなく、ちゃんとしっかりした内容で意外だった。悪くはないけど、絶賛するほどでもないな。
「エンター・ザ・ボイド」は麻薬ディーラーの話なので、至るトコでトリップっぽい映像が流れてちょっと萎え気味。舞台が東京で、外国人の方々には未知なる都市だろうからミステリアスな雰囲気もあるし、最近auのCMでダフト・パンクのテクノタウンっぽいイメージもある事から合っているとは思うけど、完全の観る人を選ぶ映画。朝イチからこれはちと重かったな...

で、午後はゆっくりのんびりしながら音楽聴いてる訳だけど、やはり先週の激務の影響を引き摺ってか癒される音を求めてしまう。しかも午前中にヘヴィな内容の映画2本観たお陰で尚の事だ(苦笑)。
で、AOR系をチョイスという事で、以前2ndアルバムをレビューしたタルクの1stアルバムを今回はレビュー。
2ndを先に購入して気に入ったので、1stもそのうち買おうと思ってたトコに偶然入った隣町のブックオフにて約¥1000で購入。しかも紙ジャケ仕様だ。

前回の2ndアルバムのレビューでも書いた通り、基本的な部分はもろにスティーリー・ダンのスタイルを踏襲しており、プラス最近のクラブシーンの音をエッセンス的に加えたモノ。2ndではラテンっぽいノリなど見せて幾分幅を広げてあったけど、この1stではまだそこまでの余裕はなかったみたいで、スティーリー・ダンのフォロワー以上でもなく以下でもない感じ。

ただ、デビューアルバムで青臭さや新鮮というイメージを感じさせず、むしろ熟練された雰囲気を既に持ってるのはちょっと気持ち悪い(笑)。コーラスやブラスの使い方なんて、もう何枚もアルバム出して熟知した様な感じだし。
ジャケットもそうだけど、音にも英国的な雰囲気を感じさせるトコが個人的には好印象。ダンサブルなナンバーよりも「ALL AT SEA」や「DAD'S TIRED」などのゆったりした雰囲気が非常に心地良いのは歳のお陰か?(苦笑)

しかし、クラブに通う若いリスナーの人達にはこのテの音楽は歓迎されるモノなのだろうか?クラブに行く気が全く無い私にとっては、こういう古いスタイルを踏襲してる音楽がどの程度受け入れられるのかよく分からない。エレクトロみたいなモノの方が今の時代のスタイルには合ってるんだろうけど...


「THE 1970'S」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2AbYy1oqvbo

「MODERN SLEEP OVER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=KfvoR6aqcws

「DANCING, LAUGHING, SHOUTING, POINTING」2ndから。何と京都でのライブ!↓
http://www.youtube.com/watch?v=COm7FbBX7e8&list=PL7895BAFD1E494A8F
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PANDEMONIUM / PRETTY MAIDS (2010)

THE MAGINIFICENT / THE MAGINIFICENT (2011)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このバンドは知らなかったです、一度聴いてみようと動画サイト漁ってます。
メタルヘッドは期待以下でした(個人的には)んで売っちゃいました、何より主人公にメタラー臭が無いのが最大の理由です(同類は分かるものなのですよ~)この人がメタラーである必要があるおか!、って思わず言っちゃいました。

2013年02月11日 12:21

comment avater

K.A.E.

以前レビューした2ndアルバムと同一路線なんで、このテの音が好きな方には安心して薦められますね。ただ、もうそろそろ新作出しても良い頃なんで、今度は少し冒険しないと忘れ去られてしまいそうな気がしないでもないですが...しかし、京都でライブ演ってたのには驚きましたよ。

「メタルヘッド」は、あのメタリカが楽曲提供!という触れ込みの割りには、音楽が全然物語に活かされてませんでしたね。どちらかというと、車内で掛けてたモーターヘッドの方が印象に残ってますし(苦笑)。まあ、こんな感じか...的なモンでしたね。

2013年02月11日 16:43

コメントの投稿