メタル・エヴォリューション [DVD]メタル・エヴォリューション [DVD]
(2013/01/23)
アイアン・メイデン、メタリカ 他

商品詳細を見る


本日2回目のレビュー(笑)。いや、ホントは後でまとめて書こうと思ってたんですが、余りにも中身が濃いんでコレはエピソード別に書かなきゃイカンなあ...という事で。

以前レビューした映画「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」「グローバル・メタル」を撮ったサム・ダンが、今回はアメリカの音楽番組を扱うTV局のVH-1で放送された番組を一つのパッケージにまとめた「メタル・エヴォリューション」のDVDが発売されたので早速購入した。

全部で11話分あり、内容は「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」と大して変わらないのだけど、大きな違いとしてHM/HR系の細分化に併せてその一つ一つのムーブメントに焦点を当ててること。映画の方はメタル全般を分かりやすく見せていたのに対して、今回は更にディープに追及してるのでマニアには堪らない内容となっている。

今回は色々購入が重なったのでDVDにしたけど、DVDは3枚組(ブルーレイは2枚組)。とりあえずエピソード5まで鑑賞し、中でも思い入れが一際強い(笑)グラムメタルの回をレビュー。

まず冒頭でサム・ダンが「グラムメタルは我慢ならなかった」という衝撃(?)の言葉から始まって、80年代初頭のLAから出てきたグラムメタル勢の誕生からその衰退までを実に分かりやすく見せている。

以前からずっと書いてる通り、私の洋楽人生は80sポップスから始まってブームとなったLAメタル勢を聴いていたので、サム・ダンみたいに「我慢ならない」どころか今でも大好きなのだけど、それ以前のメタルを聴いてきた人達にとってLAメタルはポップ過ぎて「あんなのメタルじゃない」という事になってしまうんだろうなあ...と理解出来た。ポップチャートから入って来た身としては、逆にロックっぽくてハードな中にもポップで聴きやすいというのが魅力だった訳だけど。

当時のブームの中にいたバンドメンバーも多数出演しており、ヴィンス・ニール、ジョージ・リンチ、フランキー・バネリ、リッキー・ロケットなどが当時を振り返ってるのだけど、やはり皆んな何処か居心地の悪さを感じてるみたいだ(笑)。
しかし、リッキー・ロケットは今だからこそかなりぶっちゃけて語ってる感じで、本人自体「俺だって、いつまでも”NOTHIN' BUT A GOOD TIME”の気分じゃいられないよ」と語ってるのはちと笑った。

クワイエット・ライオットの「C'MON FEEL THE NOIZE」の裏話も中々興味深かった。当時はクワイエット・ライオットは聴いてなかったのだけど(映画の「フットルース」で「BANG YOUR HEAD」が掛かったくらいしか印象がない)そもそも何であんなに売れたのかが全く理解出来なかったし。しかもルックスだって全然良くないし(爆)。

このエピソードの内容では、こうしたグラム勢が衰退したのはグランジ勢が現れたからとの見解が強いというけど、実のところはブームの終わりは目に見えてて、要はネタ切れだったという事になっているのも何となく理解出来た。
確かにタイミングよくシアトル勢が現れたけど、考えてみりゃ似た様なバンドが多くて飽和状態だったし、そう考えると1st~2ndと全く同じ内容のクワイエット・ライオットは時代の先取りもしたけどブームの未来も身を持って実践してみせた訳だ。すげー!(笑)

衰退後の、その後のバンド達がどーなったか?という話も入っており、ウォレントのメンバーは年間50日くらいはフェスに出て、後は普通に楽器屋で働いてたりするというのが現実らしい。本人も語ってるけど「週末だけフェスに出てロッカーやってるけど、火曜には普通に働いてて何だか変な気分だ」という事らしい。
リッキー・ロケットは、いつまでもポイズンやれる訳がないから...という事でドラム製作の会社を自分で立ち上げて第二の生活を始めてるという事だし、ヴィンス・ニールでさえ酒会社や航空会社作ってビジネスしてるんだから、昔のロッカーみたいにただ音楽だけに携わる生活というのは今ではほんの一握りしかないんだろうなあ。
また「ロッカホマ」や「ネヴァー・ストップ・ロッキン」みたいな、80sバンドを集めて行なってるフェスなども、コミュニティではなく単なるノスタルジーに浸ってるだけという発言もちょっと悲しくなったな。

何だか夢も希望もない話だけど、それだけ今の音楽業界は価値が下がってしまったんでしょう。かつてこの音楽に熱を上げてた私としてはちと寂しい話だなあ。

でも、こうして色々当時の状況を赤裸々に語ってくれる映像はなかなか無いので非常に興味深かった。全部のエピソードを書くつもりはないけど、次の回はスラッシュ特集なんでまた書きたい事があったら書こうと思う。


予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=W4bj5qQ8eoI
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ONLY FOOLIN' EP / FM (2012)

HATS / THE BLUE NILE (1989)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

また貴様かぁ~

私もコレ買いました、まだ途中ですが濃いですよね、この人、本当にメタル好きなんでしょう(同類は分かります)グランジに関するモノがちと多い気がしましたがまだ途中なんで全部見たら感想書きます。

2013年02月12日 19:15

comment avater

K.A.E.

確かに「また!?」と思ったのは事実です(笑)。しかし、この人の掘り下げ方はホントに独特ですよね。クラシックやブルーズまで行きますし、それを実に分かりやすく上手くまとめ上げてるので全然苦にならないんですよ。メタルを知らない人が見ても十分楽しめるんじゃないでしょうか?

グランジはこれからのエピソードで出てくるでしょうが、やはりメタルにも影響があったムーブメントだから取り上げられるのは当然でしょうね。

しかしまだ半分ですが非常に面白いです。残る回も楽しみですよ!

2013年02月12日 22:07

コメントの投稿