ライズ・アップライズ・アップ
(2013/03/13)
ウエット

商品詳細を見る


昨年からずっと楽しみにしていたW.E.T.の新作がやっと届いた。
前作は輸入盤の方がDVD付きだったので問答無用で輸入盤をチョイスしたけど、今回は国内盤もそんなに待たずに発売されて、しかもボートラ1曲ありなので国内盤をチョイス。

前作が約3年前で、その時はそれぞれ個々のバンド持ってるし単発プロジェクトで終わるんじゃないかという感じだったけど、アルバムの売れ行きやメンバーの関係が良好だった事もあってこうして2作目が発表された事にまず感謝したい。前作は今でもたまに聴くくらい大好きな作品だったので、ホントに新作を心待ちにしていたし。

で、この3年の間にそれぞれのバンドは(ジェフ・スコット・ソートはソロだけど)新作出している事もあって実に多忙なスケージュールでこの作品に取り組んでいた事になる訳だけど、それが今回の作品に影響があったのかどーか分からないけど、今回はよりバンドらしい雰囲気が感じられた。ライブは地元スウェーデンで数回あったみたいだけど、それぞれ経験豊富なミュージシャンだからライブでも相性は良いんだろうなあ。
裏ジャケのメンバーショットも、如何にもバンドらしさを強調した様な雰囲気を感じられるし。一番右のスーパーマンのTシャツ着た人だけは南国の格闘家みたいな風貌ですが(笑)。

アルバム聴く前に、ネットの書き込みで先に聴いたリスナーの反応は「前作超えはしてない」という声が多かったけど、最初に通しで聴いた時には確かにそう感じた。前作の「COMES DOWN LIKE RAIN」や「BROTHERS IN ARMS」みたいな一発で気に入る曲が今回は見当たらない。
また気になったのが、殆どがミドルテンポで統一されているのでバラード以外は楽曲のメリハリが感じられない。ボーナストラックの「VICTORIOUS」でようやくファストチューンが...って、何でこの曲本編に入れないの?ってな感じなんだけど。

あと前作にはあった北欧らしさが今回はかなり薄味で、代わりにアメリカンっぽい雰囲気が感じられるという事は、今回の主導はジェフなんだろうなあ。キーボードが効果が結構薄いので、ワーク・オブ・アートのロバート・サールがもっとガツガツしてくれたら...と思うと非常に残念だ。

でも、やっぱこのメンツから作られる音は完成度は高いと思う。ソツのない安定感から来るプレイはそんじょそこらのバンドじゃ真似出来ないだろうし、メンバー個々の技術もさすがプロのミュージシャンだなあと感じさせる部分も多かったし。エクリプスのエリック・マーテンソンのギターはかなり好きな音だなあ。こういう音楽性に見事ハマってると思う。全体的には前半よりも後半の方に良い曲が多い様に感じたかな。

こうして2枚目も無事国内盤で発表された事だし、そろそろ日本に来てくれませんかね?JSS・エクリプス・WOAとカップリングで、トリかアンコールでW.E.T.みたいな感じで。まあ本音を言うと、一番観たいのはWOAだけど(爆)結構お客も入ると思うんだけどなあ。


「LEARN TO LIVE AGAIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=COq2RouJ2tQ

「SHOT」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=LpB-quL141Y

「STILL UNBROKEN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=G62YG57yXTc
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TRIBUTE / OZZY OSBOURNE (1987)

3121 / PRINCE (2006)

comment iconコメント

comment avater

ume

ご無沙汰しております(汗)
お元気ですか??

このCDを買い忘れているのを思い出しました(汗)
でもアップして頂いた曲を聴いた印象だとちょっと購入を考えちゃいます。
CD屋さんで試聴して決めようと思います。
なんか前作の方が良さそう...

2013年03月20日 23:25

comment avater

K.A.E.

お久しぶりです。umeさんこそ体調の方が大丈夫ですか?
私は仕事の激務を引き摺って毎日疲れ果ててます(苦笑)。

本編にも書きましたが、前作みたいに一度聴いてインパクトのある楽曲はありませんけど、何度か聴くうちにじわじわと効いてくるといった楽曲が多いと思います。でもumeさんは前作もちょっとイマイチだったんでしたっけ?(苦笑)
私や某音さんの様なJSSが好きな人は聴くべきですが、前作に思い入れが無ければ、試聴してから購入決めた方が賢明ですね。

2013年03月21日 22:55

comment avater

某音楽馬鹿

WET

ume様、お久しぶりです~。
体調が~とか書かれてたんであんまり負担にならないように書き込みは控えてたんですが時々サイト観させてもらってます、まだ去年のベストは選びきれてないですが(笑)
で、W.E.T.ですが確かにジェフさん大好き前提なバンドですよね~、慣れろと言われても濃い人なんでどうかと思いますが、このバンドでは透明感があっていつものファンキーさは抑えられてます、機会があったら是非。

2013年03月27日 21:50

comment avater

K.A.E.

ジェフといえば、ソロではファンク路線も多用しているので、こういうプロジェクトではやはり他のメンツとの個性のぶつかり合いが聴きたいですね。

エクリプスにはメタルのエッセンスが強めですし、WOAはAORの要素も含んでいるから、それにジェフの暑苦しい(笑)スタイルが噛み合って1stの様な作品が出来たのだと思っております。
今回はジェフの色が強く出た感じなので、次回作ではもうちょっと他のメンツのスタイルが色濃く反映される事を望みますね。

2013年03月31日 18:14

コメントの投稿