モーズ・バーベキュー(CCCD)モーズ・バーベキュー(CCCD)
(2004/02/25)
ボウズ・アンド・モーリー

商品詳細を見る


最近は色々とドタバタと忙しない状況だったんで、昨日今日の2連休にはホント助かった。ウチでバカみたいに寝て食べて...の繰り返し。特にやる事もなく、こうして時間を持て余す事がどんなに有意義に感じる事か。来週はまた土曜日出勤で忙しい週になりそうだから、この時間は身体を休めるのに貴重なひとときになりそうだ。

で、音楽もいつもの激務に併せて激しいモノばかりをチョイスしてテンション上げまくりだったので、せめて休日くらいはゆっくりのんびり出来るモノを(って、日曜は基本リラックス出来るモノばかりだけど)って事で、久々にこのCDを引っ張り出してきた。何だか、再解散したのにまたちょこちょこライブ活動を行なってるサンダーのダニー・ボウズとルーク・モーリーのプロジェクト、ボウズ&モーリーの2ndアルバム「MO'S BARBEQUE」。

このCD、数年前にネットCDショップの閉店セールにて1stアルバムと一緒に格安で手に入れてお得だったのだけど、この盤はCCCD仕様だったのでPCに取り込むのはイマイチ乗り気じゃなかったのだけど、それじゃなかなか聴く機会もないな...ってな事で意を決して(笑)一度取り込んで盤は棚の中...という状況が暫く続いたので、余り手に取ってないし聴いてもいなかった。1stの方は結構な割合で聴いてるけど。

まあ、改めて聴くには時間掛かったけど、もうこの2人の名前だけでどんな音楽演ってるのか想像は付くので、あとはどんな展開が待っているのかという点がポイントになる。前作と違うのは、前作の製作時はまだサンダーの再結成が決まってなく、このアルバムの製作時期はもうサンダーの再結成が決まりアルバムも作ってる最中だったという事。

そのお陰か、このアルバムの曲作りに十分時間掛けられなかったのか、全11曲収録中カヴァー曲が4曲というちょっと中途半端なノリになってしまったのが少々残念。何故なら、これまでにサンダーでもカヴァー曲は数曲演ってる訳だし、またサンダーとは違うスタイルの音楽を聴かせる事が目的のプロジェクトなのだから、カヴァー曲演るなら全曲で統一した方が良かったのではなかろうか?

まあ、残念な部分はそこだけで、あとはこの人達に期待する音は十分に活かされているので、私の様な彼等のファンなら全く文句無しのアルバム。勿論サンダーみたいなHRスタイルはなく、前作と同路線のR&Bのエッセンスを散りばめたロックを展開している。女性コーラスやホーンを導入して彩りを添えているけど、やっぱ中心はダニーの歌とルークのギター。
フェイヴァリットは「ON A DAY LIKE TODAY」「WAITING FOR THE SKY TO FALL」「DESIRE」「THAT'S NOT LOVE」「SINCE I LEFT HER」。スティーヴィー・ワンダーの「LIVING FOR THE CITY」も素晴らしい出来。

ただ、このスタイルとサンダーのスタイルを分けられなかったのか(両方共、作曲はルークだから仕方ないけど)この後のサンダーは徐々にHR的要素が消えてしまったのが残念だった。勿論曲は悪くないけど、もはや「DIRTY LOVE」のイメージは全く無いし、それがファンとバンドのイメージギャップに繋がったんだろうなあ。

ルークは更にこのアルバム以上に突き詰めた渋い枯れた音楽をユニオンで演ってるけど、せっかくサンダーがライブ限定で復活してるなら完全に活動を分けて、サンダーでは豪快なHR演って欲しいんだけどなあ。ダニーだってライブ演ったりベン・マシューズと一緒にCD作ったりしていて、裏方の仕事がずっと忙しい訳でもないんだろうから、もっと緩いペースでサンダーの活動が出来ると思うんだけどなあ。日本公演だってコンスタントに人は入ってる訳だし、ホント勿体無い...


「DESIRE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=e9-AbLnvQSk

「WAITING FOR THE SKY TO FALL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=JeT7krx1qLA&list=PLC439274A8396CE99

「ON A DAY LIKE TODAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=sLBYCs8iK1k&list=PLC439274A8396CE99
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE NEXT DAY / DAVID BOWIE (2013)

TRIBUTE / OZZY OSBOURNE (1987)

comment iconコメント

comment avater

ume

実は私このアルバム大好きなんです。
THUNDERで一番好きな3rdアルバムに匹敵するぐらい好きです。
バラエティ豊かでやりたい音楽をやっている感じが良いですね。
カバー曲の多いけど、どの曲もすごく出来が良いと思います。

2013年03月31日 23:21

comment avater

K.A.E.

以前から本家よりもこっちの方が好きだって公言してましたよね(笑)。確かに2人共ルーツに近い音楽だからか、本家よりも伸び伸びとやってる感じがしますしね。だからこそ、本家の活動に限界感じちゃったのかな?
このアルバムが良いなら、是非ルークのソロの方も聴いて欲しいですね。オリジナルでこの路線の作風が炸裂してますから。

http://www.youtube.com/watch?v=finYU0uDmsw

2013年04月01日 22:30

comment avater

某音楽馬鹿

坊主&盛り

コレは残念ながら持ってないですね、そんなに良いなら今度探してみようかな~。
ジャケが致命的だったんでスルーしたのかもしれません、どっちにしてもTHUNDER再結成しないかな~。
メンバーさんも色んなところで見かけるんで解散したような気がしないんですよね。

2013年04月16日 21:10

comment avater

K.A.E.

そーいえばそうですよね。ダニーはベンと一緒にアルバム作ってたし、ルークはユニオン、ハリーはスネイクチャーマーと色々なトコで見かけますし、何より本国では事ある毎にライブ演ってるらしいですし、今度は白蛇の英国ツアーの前座を演るという話もあるみたいです。何も解散宣言しなきゃ良かったのに...

このCDは、前作が気に入った人には文句なくお薦め出来ますよ。っていうよりサンダーのファンでも十分楽しめますし。
ただ、国内盤は当時のレーベルの舐めたCCCD仕様なんで、安い輸入盤で十分ですね。

2013年04月21日 16:45

コメントの投稿