マウンテン・トップマウンテン・トップ
(2006/09/06)
VOW WOW

商品詳細を見る


今日はやっと休日になったので、1週間我慢してしまった腰痛の治療の為に接骨院へ。数年前にも腰痛が酷くて接骨院へ一度行った事があるけど、今回は親のお薦めの接骨院へ行ってみた。
驚いたのは、先生に症状話してるだけなのに「右側が下がってますね」と一発で当てた事と、たった数分のマッサージなのに身体が軽くなった事。コレにはマジで驚いた!
先生は約6割くらい治したと言っていたけど、私的には痛みはまだ残ってるもののかなり軽減された感じ。来週2日おきに3回通って、最終日にまた治療してくれるとの事なのでコレで一安心。やっぱ腰は身体の要なので、治せる時にきっちり治しておかなければこれから先も大変だろうし。良い場所紹介してもらってホントに助かったっす!

さて、CDの方も先週の数枚購入で今月は打ち止め...と思いきや、目に留まってしまったのは仕方ない(笑)VOW WOWのブルースペック盤が新品22%OFFという安値で売っていたのをジョーシンで発見してしまったので、とりあえず「Ⅲ」「V」「VIBe」そして今回のお題の「MOUNTAIN TOP」を購入...ああ、来月のクレジット決済の明細が怖い...

とはいえ、以前買った2枚組ベスト盤はかなり愛聴しており、いつか機会があったらオリジナル盤も手に入れたいと思ってたんで、ちょこちょこ中古サイトをチェックしてたけどなかなか出て来ないし、店頭で売ってる様子もまるでなし。このまままた廃盤になってしまうのも困りモノだよな~と思ってた矢先だったので、良いタイミングで手に入れられたと思う事にしよう(笑)。初期2枚はとりあえずはパスしていいかな。

色々な情報でチェックした結果「Ⅲ」「V」の時期が全盛期だったみたいだけど、たった6年間の活動の間にアルバム6枚リリースし、後期の数年間はイギリス進出まで行なったという、当時の日本のバンドとしてはかなり画期的な事を成し遂げたバンドはホントに敬意を表する。またアルバムの完成度もハンパなく、多分こういうバンドはもうこの後には出てこないと思う。

そのバンドがアメリカ進出を賭けて製作されたのが本作だけど、結局レコード会社との契約を取り付けられずライブも行なえないまま、結果的にはラストアルバムとなってしまう訳だけど、こうして全曲聴いてみるとアメリカ進出するにはちょっと物足りない雰囲気を感じられる。
当時のHR/HM界隈では、HM/HR系のバブル期の終焉とミクスチャー・クロスオーヴァー系の台頭、更にグランジ・オルタナ勢が勢いを増すちょっと前の時期という事もあり、こういう正統派HR系のバンドがレコード会社に売り込むには時期が悪過ぎたと思う。
かといって、アメリカ的なノリが感じられる曲が少ないのもセールスポイントが弱いし、それがバンドの個性というのも簡単だけど、やはりアメリカで成功するには足りないモノの方が大きかったと思う。これなら音楽性にも合ってるイギリスで地盤を固めた方が良かったのでは?と思うけど、当時のバンドの狙いはまた違ったんでしょうね。

「MOUNTAIN TOP」のドラマティックな展開や「BLACK OUT」でのバンドらしさは健在だし、「TELL ME」「I'VE THROWN IT ALL AWAY」「I'M GONNA SING THE BLUES」はホントに名曲...と聴きどころも多いけど、全体的には「Ⅲ」や「V」の様に統一性がなく、散漫な印象なのが残念な部分かと。

当時のファンの人達はこのアルバムがラスト作になるとは思ってなかったみたいだけど、こうして後追いで聴いてみると何処かそれっぽい雰囲気が感じられるのは気のせいだろうか?
私自身も、後追いで聴いてる今がホントに歯痒い気持ちで一杯だ。ホントに解散が惜しまれる、勿体ないバンドだよなあ...


「TELL ME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=LGsIQsZ3PEg

「I'VE THROWN IT ALL AWAY」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=rOVYvR-eMFI

「I'M GONNA SING THE BLUES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qIIbE01a8O8
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ROCKVILLE / FM (2013)

MOTHERLAND / PRETTY MAIDS (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ばう☆わう

私は全盛期の2枚持ってるだけですが、日本のバンドとしては飛び抜けてクオリティ高いですね。
今頑張ってるラウドネスも尊敬しますが、このバンドはラウドネスとは別の方向性でヨーロッパを制したのが偉大です。
今、このレベルの日本のバンドって居ませんもんね。
今度、日本のメタル・フェスで陰陽座とサーベル・タイガーが共演しますが集客力どーなんでしょうか、ちょっと苦手なガルネリも出るんでそこそこ集まるとは思いますが、4バンド中2バンド目的で東京に出る元気は無いです、白蛇とバルザックで5月は燃え尽きて7月頃にはガーネット・クロウの解散ライヴあるし・・。
陰陽座、浮きまくらなければいいんですけどね(色んな意味で濃いし)
http://www.onmyo-za.net/


2013年04月16日 20:50

comment avater

K.A.E.

先日、久々にバンドでギターやってる友人と話してて、やはりこのバンドの事は別格と言ってましたね。

完全に後追いの私ですが、こういうバンドが今の時代には殆ど消えてしまったのは本当に残念な事ですよ。フォロワーとかいてもおかしくないレベルなのに、当時のジャパメタのイメージがあるんでしょうか、実力と評価が比例していないバンドですよね。

今回、オリジナルアルバムが安値で買えてホントにラッキーでした。初期2枚はともかく、ベスト盤に入ってなかった楽曲もカッコイイ曲が多いんでアルバム単位で聴いてもクオリティは高いと思いましたし。

このメタルフェスはチッタでやるんですね。チッタクラスなら普通に埋まるんじゃないでしょうか。思ってみれば、ガルネリ以外はオズフェスから外れてるバンドばかりですよね?偶然なんでしょうか?

2013年04月21日 17:48

comment avater

ume

先日、数年前に再結成した時のライブ映像を見ましたが、今もものすごく格好良かったです。
さてこのアルバムですが、私は彼らのアルバムの中でも大好きな作品です。
散漫な印象はありますが、大好きな曲がたくさんあります。(特に「I'VE THROWN IT ALL AWAY」)
V、Ⅲ、Vibeと並んで、一生聴き続けるでしょう。

2013年04月22日 23:15

comment avater

K.A.E.

いやあ~、それは是非観たいモノですね~!何でも、その時に会場で売られていたDVDがオークションで高値が付いてるらしいじゃないですか?
上のコメントで書いた友人の知り合いが再結成ライブ行って泣いたらしいです。新作はさすがに無理っぽいですが、ライブだけでもまたやってくれないかな?と願うばかりなんですけどね。後追いでもこれだけ十分ハマってるんで...(笑)

私はやっぱ「TELL ME」ですね!このソロは最高かと。バラード2曲も素晴らしいですよね~、惚れ惚れしちゃいますよ。
あと「MOVE TO THE MUSIC」はスローターの曲だったんですね。2ndに入ってる曲と比べると、私的には硬派な雰囲気のVOW WOWバージョンの方に軍配かな。

2013年04月27日 21:24

コメントの投稿