UndertowUndertow
(2008/03/25)
Stan Meissner

商品詳細を見る


さあ、いよいよ黄金週間の始まりですね!私的にはGW明けのオズフェストが近付いているので、このGW中は予習も兼ねて”黒いGW”と化するのでパーっと遊び呆けてる訳にはイカンのですが(笑)今月はずっと体調が最悪だったお陰で何処にもドライブに行けなかったので、明日あたりにプラッと定番コースでも走って来ようかと。
後は掃除&洗濯は勿論(苦笑)映画も全然観てないので、やっと再発された「スリーピー・ホロウ」のBDが今日届いたからそれに時間を割こう。またTVゲームも全くご無沙汰...だったんで、昨夜中古2枚買ったからあっと言う間に3日間終わるな(笑)。

で、先日マグナムのコメント欄にも書いた通り、ディスクユニオンの中古サイトにて「ON A STORYTELLERS NIGHT」の紙ジャケ盤と一緒に届いたのが、今回のお題であるスタン・マイズナー。
全くピンと来ない名前かも知れないけど、私は以前からこのアルバムには興味があって、今回の送料無料にする為の金額合わせも兼ねて(笑)やっと購入。

スタン・マイズナーというお方は、元々はシンガーソングライターで自身はソロミュージシャンとして活躍していた人物。作品は3枚出しており、このアルバムは3枚目。リリース時が1992年という事もあってこのアルバム以降作品を出してないと思われがちだけど、実は私が一番興味を惹いたのが2000年にリリースされて、以前にアルバムレビューしたメトロポリスなるプロジェクトを立ち上げている。
このメトロポリスのアルバムが今でも結構な頻度で聴いてるくらい凄く好みの音楽なので、当然そのプロジェクトの中心人物もソロ作も聴いてみたかった、と思っていた。

メトロポリスではピーター・フレデットという専任ボーカルが歌っていたのだけど、勿論ソロ作なのでスタン自身がボーカルを担当。声質はちょっとブライアン・アダムスっぽい幾分ハスキーの掛かった感じ。曲によってはジョー・エリオットっぽい雰囲気も感じられた...といえば大体想像付くかと。

音楽性はAORっぽいメトロポリスよりもロック寄りなので、ジャンルとしてはやはりメロディアスハード系で括られるかと。ただ、リリースされた1992年という時代もあってか、やや80年代っぽいノリも感じられる(私にとっては”VIVA C'MON!”ですが/笑)。
最初メトロポリスっぽい雰囲気を想像してたんで、それよりもちょっと軽い雰囲気に違和感を感じてたけど、何度か繰り返し聴いてるウチにコレはコレで良いと思えてきた。いわゆる”スルメ盤”なのかも。

私の購入した中古盤は昔のモノみたいだけど、数年前に再プレスされたらしいので比較的ラクに入手出来るのも良いのではなかろうか。ただ、マイナーな人なので新規リスナーを獲得するには何か新しいアクションを起こさない限りはまた埋もれて廃盤...ってなパターンになりそう。
聴いた事がない方にはまずはメトロポリスの方を押しますが、それにハマったら次に押すアルバムは間違いなくこのアルバムとなりますかね。早速、明日のドライブのお供に使ってみますか!(何処が”黒いGW”なんだか.../苦笑)


「IT'S NO SECRET」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GXyMl6sG15g

「SOMEONE LIKE YOU」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=RgMNfi9zB40

「THE LUCKY ONE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ml9Cign_-bk
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

A DIFFERENT BEAT / GARY MOORE (1999)

METAL / NEWSTED (2013)

comment iconコメント

コメントの投稿