13~デラックス・エディション13~デラックス・エディション
(2013/06/19)
ブラック・サバス

商品詳細を見る


何かと色々と用事が入ってしまい、給料日前だってのにお金も飛ぶわで(苦笑)先週は大変だった。
でもまあ、長期通った接骨院の方も違和感無ければもう大丈夫というOKサインが出たので、もう大丈夫でしょう。また身体酷使しなければ...の話だけど(苦笑)。

そんな中、やっと届いたブラック・サバスの新作「13」。オジー・アイオミ・ギーザーの3人が揃い、不参加のビル・ワードに変わりレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのブラッド・ウィルクが参加。
本当はオジーの今のバンドのトミー・クルトフェスが候補だったらしいけど、プロデューサーのリック・ルービンが「スウィング感が足りない」とかでブラッドになったとか。オズフェストで彼のプレイ聴いたけど、ライブではそんなに違和感はなかったし、逆にRATMでのブラッドのプレイはかなりガッチリしたリズムなんで、それこそスウィング感が足りないのでは?と思ってたけど、実際にアルバム聴いてみるとこれが見事にハマってる。
やっぱリック・ルービンってちゃんと耳持ってるんだな(笑)。色んなミュージシャンの発言聞いてると、ただプラッとやってきて寝転んで録音聴いて「ここがダメ。これは良い。」ってな具合で、また暫くスタジオに来ない(笑)って仕事っぷりらしいんで、ネームバリューだけの大した事ないオヤジってのが私の中の印象だったけど。

で、久しぶりにオリメン3人揃っての新作となった訳だけど、内容的にはプロデューサーの意向もあって初期を彷彿とさせる楽曲が並ぶ。冒頭の「END OF THE BEGINNING」のイントロなんて「BLACK SABBATH」まんまじゃんと。また「ZEITGEIST」でアコースティックを多用してる事から「PLANET CARAVAN」みたいな雰囲気を感じられるし、ボーナストラック抜きだと全8曲というトータルランニングも最近のアルバムではない展開かと。
聴いて10秒くらいで直ぐに「あっサバスの曲だ」と分かるくらい3人共全くブレていない。オジーのボーカルもギーザーのブンブン唸ってるベースも健在だけど、やっぱアイオミさんのリフは本当に凄い。よく、こういう重いリフを次々と作れるよなあ~と本当に感心する。
ただ一つ、欲を言えばキラーチューンが1つ欲しかった。8曲どれも素晴らしいのだけど、突出する曲がないのでそれだけがホントに惜しい。個人的には「LIVE FOREVER」と「DEAR FATHER」が好きだ。

ディスク2は当初DVDって話だったけど、結局海外盤と同じくボートラ3曲入り仕様になってしまったのは残念。だったら輸入盤でも良かったんだけどなあ...しかし内容はやはり良い曲揃いで、ディスク1に入ってる「NAIVETE IN BLACK」も一緒にディスク2に入れて、ディスク1はオリジナル曲順で扱ってほしかったな。どーしても「NAIVETE IN BLACK」はアルバム内では浮いてるんで。

やはり世界的にもこの作品は話題になってるらしく、本国イギリスでは「PARANOID」以来43年振りに全英No.1獲得となり、アメリカでも45年のキャリアで初の全米No.1を獲得したとの事。
HR/HMは世界的にも下火になったとは言われてるけど、このサバスの活躍を目の当たりにするとまだまだこのジャンルも根強いファンがあるという事だろう。今後このまま継続していってほしいけど、アイオミさんの病気の件もあるし、オジーのソロ活動もあるから何とも言えないだろうけど(とはいえ、オジーは次もあると言ってるらしいけど)バンド内や彼等周辺の取り巻く環境が良い状態みたいだから、期待しても良いのかな?


「GOD IS DEAD?」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=OhhOU5FUPBE

「LIVE FOREVER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=mrcSSVcClH4
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

IT'S LIVE / IT BITES (2010)

SHIFTIN' GEAR / ALIEN (1990)

comment iconコメント

comment avater

ume

No title

私もすっかり同意見です。
内容は良いんですが、キラーチューンがほしかったですね。
私は輸入盤を買ってしまったので、「NAIVETE IN BLACK」はないんです。
浮いてるみたいですが良い曲ですか??

2013年06月26日 00:02

comment avater

K.A.E.

No title

「NAIVETE IN BLACK」はYOU TUBEに挙がってましたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=aqh6Gdd1gBo

聴いてもらえば分かる通り、あの重厚な流れで最後がこういう感じなので、ちょっと違和感があるんですよね。まあ、カッコイイのはカッコイイんですが。
ディスク2の3曲もかなりカッコイイんで、是非YOU TUBEでチェックしてください。

しかし、1週間ヘビロしてましたが、やはり良いアルバムという認識は覆りませんね。今年のベストアルバム候補は間違いないですよ。

2013年06月30日 21:33

comment avater

某音楽馬鹿

No title

サバスの新作を一通り聴いてましたが、やっぱりビルさんの不在が痛いです、今のドラマーさんってレイジ・アゲインスト~の時はかなりいいプレイしてたんですがサバスになると萎縮したんでしょうか(まぁ普通はあのメンバーに囲まれると萎縮とか緊張するなという方が無理!)昔のドラマーはこんな感じですよね~みたいで遠慮してるというか、何というか・・。
別に悪いとは言ってなくて今再現できる最善を尽くしてくれた事には感謝ですが、全盛期のビルさんに勝るかと言うと・・・、残念ながら及んでないと思います、思いっきりレイジ色を出した方が好印象だったかも。

2013年07月28日 21:10

comment avater

K.A.E.

No title

やっぱサバスを聴き込んでる人には敵わないですね(笑)。私はそんなに違和感は感じないと思いますけど、ビル・ワード支持者の人に言わせるとリズムのスウィング感が違うらしいので、そこはジャズを通過したドラマーじゃないとキビしいのでは?

何でもチャド・スミス(レッチリ)が「オレが叩きたかった」ってコメントしたらしいですが、ファンクのグルーヴとも違いますからねえ。まあチャドはグレン・ヒューズのソロやチキンフットで良い仕事してますけど。

ヴィニー・アピスというのも面白いと思いますけど、さすがにロニー期の人選はないですからねえ(苦笑)。

2013年08月04日 09:56

コメントの投稿