イッツ・ライヴイッツ・ライヴ
(2010/02/24)
イット・バイツ

商品詳細を見る


いやしかし、マジで色々と忙しい。
大した事はやってないハズなのに、振り返ると結構予定入れててアッと言う間の連休終了。でもまあ、自分の時間もしっかり取らないとさすがに休日にはならんので、来週はゆっくりのんびり取れるだろう(と思う)。洗濯は無事こなしたものの、掃除は全然出来ないのがちと辛いけど...

先週はサバスの新作を結構な頻度で聴いてて、それに伴いクラシックロックばっか聴いてるのでなかなか買ったCDを聴いてなかったのだけど、先日購入したエイリアンのリマスター盤と共に頼んでおいた再結成イット・バイツのライブ盤「IT'S LIVE」をやっと聴く事が出来たのでここでレビュー。

ディスクユニオンで注文したのだけど、何故かこのCDは未開封なのに値下げになってて¥2400で売られていたので「じゃあ押さえておこう」と買ったのだけど、このバンドのファンでありながら何でこんな脱力系なノリなのか?(笑)
まあ解散前のバンドに思い入れがあるから~なんだけど、実は「THE TALL SHIPS」も結構な頻度で聴いているので、未だにこのバンドに期待する部分はあるし、何よりこのテの音を出すミュージシャンが皆無という事が一番かと。元中心人物のフランシス・ダナリーも自身のソロでは何処か遠いトコへ行ってしまったし。

と言う訳で、このCDの興味の対象は「THE TALL SHIPS」の楽曲をライブでどんなアレンジでプレイしてるのか?という部分と、過去の楽曲をどんな感じで再現してるのか?がポイントだった。

まず「THE TALL SHIPS」から「OH MY GOD」「GHOSTS」「GREAT DISASTERS」「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY」「THIS IS ENGLAND」の5曲が収録されており、さすがに現ラインナップのアルバムなので違和感はまず感じないし、長丁場の「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY」「THIS IS ENGLAND」でのプレイの的確さもさすがの一言。
バンド側は「GREAT DISASTERS」のサビを観客に歌わせようとアピールしてたみたいだけど、個人的には余りこの曲はそんなに好きじゃなかったりする(笑)。まあ、変拍子も多用して如何にもこのバンドがやりそうなタイプではあるものの、妙に甘ったるい感じなんだよなあ。これなら「MEMORY OF WATER」や「FAHRENHEIT」の方が聴きたいんだけど...「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY」のプレイが、個人的に一番のハイライトだと思う。

そして過去の楽曲に関しては、このアルバム聴く前に既にライブを観てるんで大体の雰囲気は掴めてたけど、ライブ時のアレンジはフランシス在籍時と殆ど変わらず(「CALLING ALL THE HEROES」のエンディングに「ONCE AROUND THE WORLD」のエンディングを持ってきたのは、次回公演の予告編みたいな感じで面白かったけど)。まあ「OLD MAN AND THE ANGEL」のアレンジは好きだから良いけど、さすがにフロントマンが変わったんだからもう少し捻りが欲しいトコ。

とはいえ、ジョン・ミッチェルはかなり頑張ってる印象は受けた。彼は決してフランシスの代わりではないけど、だからこそフランシスには無いモノをガンガン見せ付けた方がもっと良いモノが出来るんじゃないかと思うんだけどなあ。
あと、どーしてもベースのネイサン・キングが地味過ぎる。巧いんだけど華が無いというか、サポートに徹してる感覚が強くて面白味に欠けるというか。もっと遊んで自由にプレイした方がバンドらしくて好きなんだけどなあ...

とまあ、何だかんだ書いてるけど、やっぱこのバンドの曲は大好きなんであれこれ言いたくなるんですよ(笑)。現時点での新作「MAP OF THE PAST」がかなり地味だったので、これに続く新作がどーなるのか分からないけど、相変わらず期待はしてるんで「THE TALL SHIPS」級のモノをお願いします。


「OH MY GOD」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=PPhN0VPJ-yw

「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SJc_AedhXi0
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BRAVE LIVE 2002 / MARILLION (2013)

13 / BLACK SABBATH (2013)

comment iconコメント

コメントの投稿