夢紡ぎ夢紡ぎ
(2001/12/05)
スザンヌ・ヴェガ

商品詳細を見る


久々の更新となりますね~。最近は色々とやる事が多くて、また疲れ果てちゃってるんで(苦笑)なかなか書く事が出来なかったんですよ
理由の一つが、先週楽天のメールで知ったDVD/BDの激安セールに見事釣られてしまい(笑)マイアミ・バイスのDVDボックス2つに(1つ¥780はホントに激安。廉価になる前は一つ¥17800くらいだったのに)「ヘルボーイ2」のBDを購入したお陰で、観る時間を捻出しようと思いきや、仕事から帰宅して夕飯食って風呂入ったらもう仮眠モードで、起きたらもう23時!?ってな具合が毎日続いてるんで、これだと流石にブログまでは手が回りませんって。

でも音楽はずっと聴いてますよ、新旧問わずに。唯一の救いが最近は余り欲しいモノが見当たらないので、買い溜めたモノを片っ端から聴いてる感じかな。先日HMVに行った時「ロック・オブ・エイジズ」のBDが半額になってたんで思わずゲットしたのだけど、元々はサンタナの80年代の頃のボックスセットが欲しいな~と探しに行ったくらいで、一時期の鬼の新作ラッシュも一段落したみたいなので、ゆっくり色々と聴ける環境が出来てきたかな。

そんな訳で、今日は余りHM系の音よりも落ち着いたモノを...(しかし、何で日曜はこういう穏やかなモノを求めるんだろうか?)って事で、久々のスザンヌ・ヴェガをチョイス。通産3枚目のオリジナルアルバム「DAYS OF OPEN HAND」(邦題:夢紡ぎ)。発表は1995年。

大ヒットを記録してスザンヌの名前を一気に広めた大傑作の2ndアルバム「SOLITUDE STANDING」の後の作品として非常に注目して、また期待していたアルバムでもあった本作だけど、私的にはちょっと焦点のズレた作品として捉えているので余り手を伸ばさないモノとなってしまった。
根本的には前作と同じ路線を踏襲しているので決して聴き辛いモノではないのだけど、トータルコンセプトが希薄なのか、全体的にまとまりがなくなってしまった感覚を強く感じる。
また「INSTITUTION GREEN」(邦題:緑の建物)や「THOSE WHOLE GIRLS(RUN IN GRACE)」(邦題:しなやかな娘たち)でプログレ的というか、ちょっと難解な曲もあったりして、新しい事に意欲的なのは分かるけど悪い意味でアルバムの流れを断ち切っているのがマイナスになったと思う。

しかし、シングルカットされた「BOOK OF DREAMS」や「TIRED OF SLEEPING」(邦題:眠り疲れて)のメロディの良さは相変わらず、またこのアルバムで一番好きな「PILGRIMAGE」(邦題:遍歴)の幻想的な雰囲気は非常に堪らないので、スルー出来ない作品である事には違わない。

ただ、前作の成功によって引き起こった”生みの苦しみ”的な雰囲気も感じられて、この路線に限界を感じたのか理由は分からないけど、次回作では大胆な音の変化を試みたのはこの時点では全く知る由も無かったので、スザンヌ本人もここで自身の路線に一区切り入れたかったのかな?

最近はセルフカヴァー集を出したり、2ndアルバムの完全再現ライブなど過去の清算がやたらと顕著だけど、これは今後何か新しい事を始める前兆なんだろうか?スザンヌはアコースティックが基本ベースにあって、様々なスタイルを取り入れて自分のモノとして昇華させるスタイルを貫いてきたので、新しい事を始めるにあたってもそんなに驚きはしないのだけど(さすがにダンスミュージックはやらないと思うけど/笑)そろそろ完全な新作が聴きたいトコですよ。


「BOOK OF DREAMS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=uAWGw8meEDE


「TIRED OF SLEEPING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=8cxs9WPLTWY


「PILGRIMAGE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=0vT7C7CfK-w
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BOØWY 1224 FILM THE MOVIE 2013 SOUNDTRACK / BOØWY

OZZFEST JAPAN 2013 (BOOTLEG) / BLACK SABBATH (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

No title

スザンヌさんのこのアルバム、当時は私も楽しみにしてたんですが何故か印象の薄いアルバムになってます。
シングルのイン・リヴァプールが良かっただけに尚更・・。
でも今聴き直すと結構良いんですよね、結局、この人は音楽的にブレないという事で。

2013年07月28日 20:40

comment avater

K.A.E.

No title

やっぱ某音サンも同じ印象でしたか。まあ前作が良過ぎたという事もあるんでしょうが、期待が高かった分ちょっと肩透かしを喰らった感じでしたね。今でこそ普通に聴けますが、発売当時はそんなに聴かなかったアルバムでしたよ。

「IN LIVERPOOL」は次作のシングルでしたね。このアルバムからは「BOOK OF DREAMS」「RUSTED PIPE」「TIRED OF SLEEPING」がシングルだったと思います。どの曲もインパクトに欠けるんですよね、やっぱ(苦笑)。

2013年08月04日 09:25

コメントの投稿