FC2ブログ

パープル・レイン(紙ジャケ SHM-CD)パープル・レイン(紙ジャケ SHM-CD)
(2009/07/15)
プリンス&ザ・レヴォリューション

商品詳細を見る


プリンスのアルバムは多数あれど、何のアルバムが好みか?と問われると、人によって様々な意見が分かれると思う。
知っての通り、このアルバムがプリンスの歴史の中で最も商業的に良かったアルバムで、同時にヒットしただけあってプリンスを聴いた事がない初心者にはうってつけのアルバムだとも言える(私的な最高傑作は、また別のアルバムだけど)

私はこのアルバムでプリンスを初めて聴いたのだけど、最初は「気色悪い」(笑)。当時ベストヒットUSAで、「ビートに抱かれて」(この邦題は、原題と全く関係ないけど楽曲のイメージには合ってると思う)のビデオクリップを観た時のインパクトはかなり絶大。花の散りばめられたバスタブから、プリンスが全裸で上がってくるのには気色悪い以外、何モノでもないでしょ?

でも、次のシングル「LET'S GO CRAZY」のノリの良さ、そしてアルバムのエンディング「PURPLE RAIN」の素晴らしいバラードで、プリンスの外見はともかく(笑)ミュージシャンとしては最高の部類だって事は初心者の私でも十分に判った。
当時はマイケル・ジャクソンが天下を取っていた時代だったけど、プリンスは同じ時代に出て来てもマイケルとは音楽に対するアプローチが全く違うトコも新鮮で良かった。それは、この後のアルバムでも十分に証明されている。

まだプリンスが無名だった頃に、ミック・ジャガーに才能を見出されてストーンズのオープニングに使われたのだけど、ストーンズファンからはかなり毛嫌いされてステージに物投げ付けられて酷い有り様だったらしい。今のプリンスからは想像付かないけど、当時からあんなパフォーマンスやってたんだから観客の言い分も判るな(笑)。

映画も観て、それまでのプリンスの半自伝的内容は判るんだけど、それよりも脇役のレヴォリューションのメンツがまた良い味だしてる。ウェンディ&リサもカッコイイんだけど、この頃にシーラ・Eがいたらもっと良かったんだけどな。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EARTH VS WiLDHEARTS / THE WiLDHEARTS(1993)

WELCOME TO THE REAL WORLD / MR.MISTER(1986)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

殿下は死してyoutubeでの再生権利を残す・・・

「ビートに抱かれて」のOPの音が気味悪くて泣いちゃいそうになりますが(好きな人ゴメンナサイ)、他は完璧なサントラ盤。B面の「I Would Die 4 U」~「I'm A Star」の繋ぎなんかサイコー。「1999」~「紫雨」~「1日間世界一周」~「サクランボ月の下Parade」までの流れは良かったのに「Kiss」のPVのキモさでひいた・・・なんで脱ぐ?ウェンディもこの世の終わりみたいな顔でギター弾いてたぞ!けど「Parade」は一番好き。あとは「Sign O'The Times」。

2017年06月13日 03:10

comment avater

K.A.E.

リマスター盤も勿論予約しましたよ~!

今でこそ再評価の機運が高まって伝説呼ばわりされてますけど、以前から語ってる通り80年代の殿下は神掛かってましたね。マイケルとはまた違うアプローチで天下を取った人だからこそ凄みが分かるモンですよ。
「KISS」は最初ビビりましたね~(笑)。ファルセットであの必要最低限のシンプルな音で曲にしちゃう大胆さ。PVは確かにキモかった(苦笑)。

地味JAM尊サンは「PARADE」押しですか!私は「SIGN O' THE TIMES」になりますね。実は「PARADE」はまだCD買ってないんで(リマスター待ちだったんですが、さすがに雲行きが怪しいんでもうそろそろ買わないと...)まだレビューしてないんですよね。カセット持ってても、もう聴ける環境無いモンで...

2017年06月13日 04:45

comment avater

地味JAM尊

いやいや「Sign ~」のアルバムも大好きですよ。特に「You Got The Look」がメッチャ好きっす。曲調もカッコイイし、まさかシーナ・イーストンをあんな使い方するとは思わなかったし(当然、彼女の「Lover In Me」にもはまった…)、ようつべでもアルバム全体のライヴ映像見たけどカッコエエしか感想が出ない。(全般的にアップテンポVer.だったのは感動したっす。)
でも2番目的に言ってしまうのは「タイトル曲のPVが文字だけだったんでKISSでバッシング食ったことがトラウマになってないか?」といらぬ心配をしてしまったからです。「I Could Never Take ~」も大好き!後年イギリスのファイン・ヤング・カニバルスに「Don't Look Back」としてパクられたけど、あっちも大好きなんだな、これが。結局シングルで引っ張られてんのかな?

2017年06月14日 01:01

comment avater

K.A.E.

2枚組でもテンションが全く落ちない恐るべきアルバム

「SIGN O' THE TIMES」もやっぱお好きでしたか(笑)。でもそーですよね、殿下の80年代の作品で好き嫌いが分かれるモノって少ないですから、トータル的に全部気に入ってしまうと。そこから更に好みが出てくるだけの事で。

シーナ・イーストンを使ったのは当時は何故?と思いましたけど、殿下とは相性良かったですね。あと共演はしてないけど楽曲提供したバングルズやシンディ・ローパーなんかも曲がマッチしてましたし。一人でアルバムを作り上げちゃう完璧主義者の殿下なら絶対やらないだろうけど、一度くらい他ミュージシャンとのコラボアルバムみたいなモノを作ってくれたら面白かったのに...と思いますね。

今ではブルーレイで売ってますが、「SIGN O' THE TIMES」のライブはホントに素晴らしいです。当時ベストヒットUSAで放送された「I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN」のライブはテンポアップされて、殿下がギター弾きまくりで心底痺れます!それとシーラ・Eがめっちゃカッコイイ!!アルバム全曲再現じゃなかったのが悔やまれます。

2017年06月14日 05:44

コメントの投稿