トリック・オブ・ザ・テイル(紙ジャケット仕様)トリック・オブ・ザ・テイル(紙ジャケット仕様)
(2013/05/29)
ジェネシス

商品詳細を見る


昨日は、もう一つのブログでコメント書いてくれているsaraサン、クロスさん、けけけいサンともう一人Kサンを加えた5人で、舞浜のイクスピアリまで行って「ローン・レンジャー」を鑑賞、その後皆で夕飯食べながら4時間近く談笑して幕を閉じたのだけど、意外とハードスケジュールだったんで今日はもう体力・気力共にボロボロに。まあ、楽しかったから良かったんだけどね。
今朝から洗濯三昧で、疲れが溜まったんで昼食後に昼寝したら結構寝過ごして、髪切りに行きたいと思ってたんでダッシュで床屋へ向かったらいつもはガラガラな駐車場が今日は満杯。仕方なく来週に延期に。

で、結局1日グダグダで終わってしまった...ああ、大型連休が早くも懐かしい(苦笑)。

ってな訳で、今日のグダグダっぷりを正す為に(笑)ちょいとじっくり聴きたい音を...と思ってチョイスしたのが、ジェネシスの「A TRICK OF THE TAIL」。発表は1976年。

昨日の合流前に新宿でCDチェックして回ってた時、ちょうど最近ジェネシスの旧譜の紙ジャケ盤がDVD無しで再発されたばっかだったんですね~。2年くらい前に出ていれば紙ジャケ盤で購入したのに、何ともタイミングが悪い。

バンド的には確実に注目を浴びる運命だった作品なので、絶対に下手を打てないというプレッシャーが間違いなくあったと思う。それまでのバンドの顔で中心人物だったピーター・ガブリエルが前作で脱退した為、中心人物を欠いたバンドが一体どんなスタイルを提示するのか?が最大のポイントだったからだ。

前作「THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」がピーガブ色が非常に強いコンセプトアルバムだったので、それと比べると非常に聴き易い音で幾分コンパクトにまとまってるのが特徴かと。だからといってプログレっぽい展開が少ないかというとそうでもない。彼等ならではの変拍子を多用した展開は健在なので、私的には前々作「SELLING ENGLAND BY THE POUND」の音楽性に続くのはこの作品だったんじゃないかと。

ステージでもアクの強かったと言われているピーガブに対して、声質的にも似てるフィル・コリンズがボーカルを取る事によって違和感はそれほど感じないし、むしろプログレ枠でのカルト的存在から一般リスナーを振り向かせる魅力に溢れていると思う。何せ、ステージで変な衣装着て歌うシンガーが消えた訳だし。
ただ、後のポップ路線への移行は作品毎に顕著に表れてくるけど、さすがにこの時点でまだはそれほどポップではなく、あくまでも”あの”ジェネシスからの脱却は既に始まっていると感じさせる程度のモノかと。
因みに、ライブではフィルがボーカルに専念するのでビル・ブラフォードが担当してたという話。結構豪華だよなあ。

だけど、そんな過度期だからこその”味”が凄く活きていて、適度にポップで適度にプログレというバランスが凄く心地良い。イット・バイツやマリリオンが好きな私には堪らない訳だ(笑)。私的なお気に入りは「DANCE ON A VOLCANO」「SQUONK」「ROBBERY ASSAULT AND BATTERY」「RIPPLES...」辺りかな。リマスター効果のお陰か、音が凄く綺麗なのが非常に嬉しい。

正直、このアルバムで彼等の旧作は打ち止めで良いかな?と思ってたんだけど、次作はプログレ期最後の名盤扱いされているらしいので、ちょっと興味が湧いてきたかな。もはや別バンドと言ってもおかしくない80年代のポップバンドのアプローチよりは、プログレ期のバンドの方が好きなんで、お金のある時にでもチェックしてみようかと。


「DANCE ON A VOLCANO」ライブ(PV?)↓
http://www.youtube.com/watch?v=FraoJitaP7I


「RIPPLES...」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=b5i-qcqX-yk
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ALL HELL BREAKS LOOSE / BLACK STAR RIDERS (2013)

THE DEVIL PUT DINOSAURS HERE / ALICE IN CHAINS (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ほうほう

床屋ですか、実家は床屋なんですが伸ばしっぱなしで3年、背中まで行きました。
・・で部署異動があって、送別会で普段会話の無い部長から、今まで3年お願いした事が無くて最後にお願いがある、気が向いたらでいいんで散髪しような(笑)と遠回しに言われた(異動先の部署は出戻り状態の前の部署で、そこでも次の部署では髪切ろうなって言われた上司の所なんで思い切って短くしました)そのかわりに色は明るい茶色になりましたが(爆)、まぁ、それよりジェネシスです、私はPOPになってからの方が馴染み深いですが、このアルバムも良いと思います、なんせインビジブル・タッチが大好きなもんで。
このバンドもあと何年やれるか分かりませんが嫌いなバンドじゃないです。
あと、頭は今は明るい茶色ですが今度のライヴでブリーチの強力なのを使って金色にする予定です。

2013年09月07日 18:10

comment avater

K.A.E.

No title

可笑しいですね~(笑)。ってのも、先日別ブログのsaraサンと東京で話してた際「某音さんって実家床屋なんだよね~?」と語られて、結構コメント欄読んでるんだなと感心したんですが、そういう事はコメントで入れた方が話が膨らむのに...とちょっと惜しい気が(笑)。

それはともかく、先日の顔出し写真は今じゃレアアイテムって事ですか?(爆)。やはり一般的に見ても長髪ってのは世間体ではウザがられちゃうんですよね~、オレも長髪どころかジンジャーみたいにドレッドにしたくらいなんですが(爆)アレは日本の気候には絶対に合わない髪型なんで諦めています。
むしろ夏は抜け毛が多いので、このままハゲるんじゃないか?と危機感もありますが(笑)ハゲたら弁髪にでもしたいんですけど、今の会社じゃ絶対に無理だろうなあ~(めそ子サンには「是非やってくれ」と言われてますが/笑)。

まあ、そんな訳でピーガブが抜けた後でこういうアルバム作ったって事は、既にそんなにピーガブの存在は重要視されてなかったって事なんですかね?
まあ徐々にポップになって、しまいにゃ全米No.1まで獲得するに至る訳で、この作品から考えるととても想像出来ない話ですよね。
ポップ期も良いですが、こういう聴き易いプログレってのが一番理想的なんで、このアルバムは結構な頻度で聴いてますよ。続く次作までは購入しようと思ってます。

2013年09月08日 16:44

コメントの投稿