All Hell Breaks LooseAll Hell Breaks Loose
(2013/05/22)
BLACK STAR RIDERS

商品詳細を見る


しかし、ホントに最近は色々な事に不精になってしまってイカンですなあ~。
まあこの暑さや仕事疲れの影響もあるんだろうけど、とにかく色んな事にやる気が起きない。自分の趣味でさえイマイチ乗り気にならないのは一体どーしたモノか?2日間の連休もダラダラ過ごして終わり。何だかなあ~。

新作CDをチェックはするのだけど、買うのに結構手間取って、例えばHMVはそろそろポイントセールやるかな?と変な勘繰りをするお陰で中々手が出せない(苦笑)。まあ、こんな事言ってればいつまで経ってもCD買えないんで、邪念は捨てるべきでとっとと買うのがベストなんだけどなあ...単にセコいだけか(笑)。

そんな事を言ってる間に、結構買い逃してるCDが多いんでそろそろ買おうか...と市内のHMVで探して2枚捕獲。その内の1枚、ブラック・スター・ライダーズのデビューアルバム「ALL HELL BREAKS LOOSE」をチョイス。

結構前から「リジィの灯を消してはならない」だか何だかで、再結成して本国でライブ活動を延々続けていたシン・リジィだけど、フィル・ライノットがいないバンドをシン・リジィと呼べ!と言っても全然ピンと来ない訳で、正直な話フィルが永眠した時には既にバンドは終わってる訳だから、幾ら過去在籍したメンバーがリジィを名乗っても「何だかなあ~」と首を傾げてしまうのだ。
しかも、最終的なメンバーには元オールマイティのリッキー・ウォーウィックやデフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルまでもが在籍して、もはやバンドの灯なんてどーでも良いのでは?と思っていた。

それが、今回リジィの名を封印して新たなバンド名で仕切り直したのがこのアルバム。ライブには参加していた元リジィのブライアン・ダウニーやダーレン・ワートンはこのバンドには参加しておらず、元メガデスのジミー・デグラッソや元ブルー・マーダーのマルコ・メンドーサが加入しており、もはや元リジィ経験者はスコット・ゴーハムただ一人となった。

なので、今更リジィの名を持ち出すのもどーか?と思うけど、このアルバムで聴ける音は明らかにリジィの影響化にあるモノばかり。フィルが在命していたらこういう楽曲を書いていたか?という疑問はともかく、今の時代にリジィの影響を受けたこういう音楽を聴く事になるとは思わなかったな。

リッキーの声質もフィルの声質に近いモノがあるので、明らかに歌い方を意識してるのがよく分かる。オールマイティのイメージからして、最初リッキーがリジィの歌を歌うのは結構ミスマッチじゃないのか?と嘲笑していたのだけど、なかなかどーして結構良い感じになってるじゃないの!?と驚いた。

しかし、ケヴィン・シャーリーはこういうレトロなHRバンドの御用達プロデューサーになった感があるなあ。先日解散してしまったブラック・カントリー・コミュニオンや、ディープ・パープルの過去の何周年記念アルバムのミックスを担当したり結構幅広くやってるけど、そういう得意分野のあるプロデューサーは嫌いじゃないんで、今回のこのアルバムが良作に仕上がったのは彼の貢献があったからじゃないかな?
欲を言えば、もうちょいオリジナリティを出しても良かったんじゃないか?と思ったけど、まあそれは次作に取って置いて今回はこれで十分満足な出来。オールドスクールなHRが好きな人には堪らない音楽性かと。

メンツだけ見ると、最近は余り活躍の場を見付けられなかった人達で溢れてるけど(苦笑)そういう”外かれし者”が集まってこういうバンドやってるのもなかなか面白い。末永く活動してもらいたいものだ。


「HEY JUDAS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=sUFhANBJPwY

「BOUND FOR GLORY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=kq6Z6C3ipMk
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EPIC OBSESSION / BURNING RAIN (2013)

A TRICK OF THE TAIL / GENESIS (1976)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

しん★りじぃ

家族の入院とかで忙しくてしばらく休んでました(バルザックのダメージもありましたし)、無事に退院したんで再開です。

THIN LIZZYはフィルさんが居なくなっても「元」メンバーさんに多大な影響を与えてます、私も再結成ツアーは否定的でしたが、このアルバムを聴く限りでは、あの偉大なバンドの遺伝子を継承していこうという意思が伝わって来てアルバムを聴く限りでは「有り」なんじゃないでしょうか。
これでLIZZYの過去の名曲を演奏されたらかなり魅力で、バンドも長く続けて欲しいですね。
ベースのマルコさんもフィルさんを超えるテクニシャンだし。

2013年09月07日 17:46

comment avater

K.A.E.

No title

リジィはいよいよ「THUNDER AND THE LIGHTNING」と「RENEGADE」のSE盤が発売されますね!どれほど待ち侘びた事か...勿論、今回も輸入盤ですが(苦笑)

さて、ちょっと遅くなってしまいましたが、やっと購入しましたよ、このCD。明らかにリジィ節を狙った楽曲よりも、他の曲がカッコ良かったのがポイント高いです。リジィに似てる楽曲は本家聴いた方が...ってなりますしね(笑)。

スコットも結構ご高齢なんで、いつまで続けられる分からないですが、あと数枚は聴きたいですね。リッキーもようやく日の目を浴びたんですから、オールマイティみたいにならないで欲しいなあ。

2013年09月08日 16:28

comment avater

-

No title

感想なK.A.E.さんとすっかり一緒です。もう少しオリジナリティを出しても良かったのではと思いますね。
音はモロTHIN LIZZYで演奏も音も良いですね。
私好みのバンドなので、次のアルバムにも期待したいです!!

2013年09月09日 22:26

comment avater

K.A.E.

No title

umeさんも聴きましたか。
もろリジィなのにはニンマリなんですが、ただこの先に続くモノがやっぱ変化なしとなるとバンドとしてどーなんだろう?となりますよね。本家ですら、アルバム毎の変化があった訳ですし。次作にはその辺を期待したいトコです。

2013年09月16日 15:43

コメントの投稿