ドリーム・シアタードリーム・シアター
(2013/09/18)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る



前回のサウンド・オブ・コンタクトが届いた翌日に、それまで頼んでおいたCDが一気に届いて、嬉しい事に最初に何から聴いて良いのか分からなくなった(笑)。どれも興味のあるモノばかりだったんで、嬉しい悩みには違いないけど。
まだ全部は聴いていないのだけど、一昨日の休日が物凄く天気良かったんでちょいとドライブのお供に数枚持っていったのだけど、その中の1枚が今回のお題であるドリーム・シアターの2年振りの新作「DREAM THEATER」。

前作「A DRAMATIC TURN OF EVENTS」から2年。前作が久しぶりにこのバンドとしては聴き易い作品だったので私的にはかなりお気に入りだったけど、さてこの路線は今回も活かされているか?が今回の一番のポイントだった。
で、全曲聴いた後に思ったのが、さすがバンド名をタイトルに持ってくるだけの事はある力作だと。マイク・ポートノイ在籍時はやけにヘヴィな音像に拘って、いかにテクニカルで演奏が巧くても余り心に響いて来ないというのが私の意見だ。
それが前作で彼が抜けてからヘヴィさは抑えられ、メロディを重視とした路線に切り替わったお陰で非常に聴き易くなったのは素直に良い変化だと思った。勿論、ポートノイの方が好きな人も当然いると思うけど、彼の復帰は暫くはないだろうし...

前作よりもよりドラマチックに聴かせる楽曲は、全く長さを感じさせない。「THE BIGGER PICTURE」で聴ける、溜めを効かせるギターソロがホントに素晴らしい。あと「THE LOOKING GLASS」で聴けるポップセンスにも驚いた。彼等がこういう音を聴かせてくれるとは思ってなかったんで、この曲が収録されたお陰でアルバム全体にかなりメリハリが付いてる印象を受ける。

今回は久しぶりに日本盤ボートラが付くとの事で「THE ENEMY INSIDE」のインストverが収録されてるけど、コレは正直蛇足に思える。エンディングの「ILLUMINATION THEORY」が約20分以上の5部構成の大作なので、この余韻をこのボートラで消されてしまうのだ。だから、このインストはスルーで聴いてる(笑)。

あと前作でも感じたけど、音の分離が素晴らしく個々の楽器が綺麗に聴こえるのも特徴かと。限定盤でDVDオーディオ付きも売られているけど、ウチにはちゃんとしたシステムが無いので通常盤で十分(苦笑)。それなりのシステムを持ってる方なら限定盤の方がお得かも。

これは今年度のベスト5にチョイス確定ですなあ。久々にライブも観たくなったし。「IMAGES AND WORDS」の時にライブ観てるけど、あの頃はまだ楽曲で聴かせる雰囲気があったんでライブも凄く良かったんだけど、徐々にテクニカルな部分が強くなっちゃって何処か置いてけぼり喰らった感覚があって、アルバムもライブにも全然興味無かったけど、今の状況ならかなり楽しく観られそうな雰囲気が感じられる。しっかし、凄いの作っちゃたなあ...


「THE ENEMY INSIDE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=kivbHHazxFQ


「THE LOOKING GLASS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AzV6SKQT0oo
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

KESTREL / KESTREL (1975)

DIMENSIONAUT / SOUND OF CONTACT (2013)

comment iconコメント

コメントの投稿