エンジェル・オブ・レトリビューションエンジェル・オブ・レトリビューション
(2005/02/23)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


昨日は、久々にtaroサン&めそ子サン夫妻と共に食事&お茶。詳細は雑談版で書くとして、この3人音楽の話でずっと盛り上がっていられるので(実際は音楽以外の話もあって実に盛り沢山な内容だったけど)昨夜は喫茶店の閉店真際までずっと語っていた(笑)。

その話題の中で久々にメタルゴッドの話になったので、今日は久々に手に取って聴いてみた。2005年発表のロブ・ハルフォード復帰作となった「ANGEL OF RETRIBUTION」だ。

1990年発表の、全メタラー必聴の大名盤「PAINKILLER」から実に15年振りのロブ復帰となった訳だけど、それまでの間バンドはティム”リッパー”オーウェンズをシンガーに備えて2枚の作品発表してるし、ロブもファイト名義で2枚、TWO名義で1枚出しているけど、その間に双方共それぞれお互いの重要性は確認出来た事だと思う。
バンドの方はロブに負けず劣らずのボーカルを備えても違和感があったし、ロブ側は若手ミュージシャン達と現代風の音でプレイしている姿はかなり違和感があったと思う。それが幾ら当時やりたかった事だとしても、バンドを脱退してまで追求するモノではなかったと思うけど、その辺はバンドとの確執とか個人の思惑とかがあったんだろうなあ。
ファイトの来日公演で、アンコールにジューダス・プリースト7連発だかプレイした時の盛り上がり方がハンパじゃなかったと当時雑誌に書かれていたけど、ホントにそれが全てだったと思う。

ロブの復帰に関してはどの様な経緯があったのかよく分からないけど、とにかくメタルゴッドの帰還となればそれを見過ごす事は出来ぬ...って事でこのアルバムを非常に楽しみにしていて、発売日に速攻手に入れて冒頭の「JUDAS RISING」で思わずおおっ!と唸ってしまったくらいだ。

当時はロブの復帰って事だけで興奮して結構聴いていたけど、同時に若干違和感も感じていた。ロイZの存在。
昨夜taroサンも語っていたけど「ロイZの”ジューダス・プリーストの音はこうあるべきだ”的なアプローチが気に入らない」という意味は凄くよく分かるけど、私の場合はそれよりもロイZ独特の何処かこじんまりした音作りがイマイチ好きになれないのだ。ブルース・ディッキンソンのソロ作で幾分「あれ?」って思っていたけど、セバスチャン・バックの1stソロアルバムを聴いた時にそれを確信した。良くも悪くも彼のカラーが入り過ぎてる気がするのだ。

久々に聴いて「REVOLUTION」「DEMONIZER」「HELLRIDER」辺りは今聴いても最高なんだけど、当時からイマイチと感じてた「DEAL WITH THE DEVIL」や「WHEELS OF FIRE」はやっぱキツいな。「LOCHNESS」も素晴らしいんだけど、せっかくの復帰作で早くもバンドの行く末をを匂わす雰囲気を作っているのがちょっと鼻に突くかな。

とはいえ、復帰作としては十分な出来だとは思う。そりゃ80年代の名盤連発時期に比べると衰えは隠せないけど、それを補える威厳と存在感はさすがだと。
もうツアーは行なわないという声明を発表し、更にKK・ダウニングの脱退という問題も発生したけど、アルバムは作り続けると発表してるので、最後にもう一度HMのバイブルみたいなモノを期待したいトコだけど、さて如何に??


「JUDAS RISING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=BNGlrRrjlHw


「REVOLUTION」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=oPwp6BY85BU


「HELLRIDER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qkBXHYi_F_M
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FEAR OF A BLANK PLANET / PORCUPINE TREE (2007)

UNIVERSAL / ANATHEMA (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

いいですね~近くに趣味の合う人達が居るって、もう私と同年代では壊滅状態です、ハードコア好きさんが一人居るくらいかな。激しい系の音楽の話をするのはライヴに集まったちょっと顔なじみの名前も知らない若い人達だったり(嫌だな~こういう年寄り臭い言い方)40代になって、メタル聴いて何が悪い!って言うと、向こうは何気に私を30代前半くらいに思ってくれてたり(実は嬉しかったり)。
ミュージシャンも歳取るんだからファンも老化しますよ~。
プリストですが、やっぱりこの時点でKKさんが抜けるとは思ってなかったです、ロブさん居ないプリストは何となく認めちゃいましたが、KKさんが居ないと何故かしっくり来ないんですよね、何か本当に違うバンドになったみたいで・・。
やっぱりメタルゴッドはあの2人のギターでしょう、いつまで続けるのかな~って最新DVD観ながら思ってしまったり・・・。
このアルバムは結構好きなんですがジャケが痛いですね、メタル者は「コレが!この痛ダサさがええのんや~」って人(私も含めて)かなり居ますけど、これじゃぁ一見さんや若い人は買ってくれませんぜ。

2013年12月11日 01:59

comment avater

K.A.E.

同じ趣味を語らえる友人がいるのは、ホントに何物にも変えがたいですよ。
某音サンともそうですが、ホントに根っこが同じ部分で自分と同じ道辿ってるんだなあ~と実感しますしね。
新しい音楽を聴かないで昔の音楽ばっか聴いてる友人もいますが、否定はしないですがちょっと勿体無い気がしますね。全部が全部じゃないですが、中には良い音楽だってプレイしているミュージシャンは沢山いるのに、それを聴かないで「今の音楽シーンはつまらない」とか言われるとちょっと違う気がします。探してないだけの話かと。
私は同じ趣味の人達とは当然話も弾むし、そういう人達とは音楽以外の話でも共感出来る部分が多いんですよね。だから、一緒にツルんでるとずっと楽しめると。

KKの脱退には驚きましたね。まず抜ける事はないと思ってましたから。ロブの時はバンドが致命傷になると言われてたけど、リッパーみたいな凄いシンガー連れてきても「やっぱロブじゃなきゃ」って批判されてロブは復帰しましたが、KKの時はそれとはちょっと事情が違うみたいですね。
まあバンドがツアー稼業から足を洗うと先に宣言してたから、バンドもここが潮時...って事で考えちゃったんでしょうね。イメージ的にはストーンズを抜けたビル・ワイマンみたいなモノでしょうか?

2013年12月16日 22:48

コメントの投稿